塚本 西尾 八坂
飯沼 對馬
KAMEKAWA SEMINAR 2009
目次
1.提案骨子
2.新規プロジェクトに関して
3.職場環境の改善に関して
4.まとめ
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
新規プロジェ
クト
アクアの
成長
職場環境
の改善
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
なぜ新規プロジェクト?
KAMEKAWA SEMINAR 2009
絵コンテの営業収益に占める割合70%を超える!!
100%
90%
80%
○
70%
60%
モバイルサイト
50%
デザイン
CG
イラスト
40%
マッカー
絵コンテ
30%
20%
10%
0%
H17
H18
H19
KAMEKAWA SEMINAR 2009
H20
事業部別売上推移
450,000,000
400,000,000
350,000,000
○
約5000万の減少
(全売上の約10%)
300,000,000
250,000,000
200,000,000
150,000,000
100,000,000
50,000,000
0
H17
H18
H19
H20
絵コンテ
301,420,489
367,456,990
402,490,452
353,997,684
マッカー
14,139,605
24,377,803
20,612,451
17,593,456
イラスト
45,238,823
56,731,099
63,053,398
53,315,455
デザイン
13,772,638
20,233,810
8,727,640
6,120,894
KAMEKAWA SEMINAR 2009
CG
19,692,169
16,430,690
5,745,750
4,374,000
モバイルサイト
61,785,360
広告業界の影響を大きく受けやすい
ビジネスモデル
昨年のように不況に陥ったら・・
アメリカ型のような
癒着型の業界になってしまったら・・・
絵コンテに頼らない
ビジネスモデルの構築が不可欠!
KAMEKAWA SEMINAR 2009
*人件費高い(対粗利比66.7%)
*外注制作費の増加(前年度比+19%)
労働集約型のため人にかける
コストが高い
KAMEKAWA SEMINAR 2009
新規プロジェクト
受注型から発信型
&
外注案件
&
安定的な売上を残せる
労働分配率の改善
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
検証
ラッピングメールの普及はありえるのか?
au への問い合わせ
ラッピングメールの今後の展開につ
いて、有効な回答は得られず
ラッピングメールを取り扱ったデコメサイト
(MSF株式会社)へのお問い合わせ
新機種にも対応してないものもあ
り、auは力をいれていないとのこと
KAMEKAWA SEMINAR 2009
ラッピングメール取扱いサイト少ない
新機種にはラッピングメール非対応機種も出ている
ラッピングメールは
これ以上普及しないと予測
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
イラストネット販売
既存のデータベー
ス販売
今年からサービス
開始
オーダーメイド
KAMEKAWA SEMINAR 2009
登録イラストレーター
企業
②タッチに応じて依
頼
①作成依頼
アクア
消費者
④販売
記念品を購入する顧客をターゲット
*出産
*誕生祝・誕生日プレゼント
*入社・入学・入園祝
*卒業記念
*結婚記念
KAMEKAWA SEMINAR 2009
*長寿祝い
③納品
WIN
顧客にとってのメリット
・安価で質の高いものを買える
・イラストレータがたくさんいるので様々なタッチから選べる
・手軽に申し込みができる(EーMAILにて写真添付)
・信頼できる
WIN
アクアにとってのメリット
・外注なのでコスト低い
・BtoCによってアクアの認知度を上げられる
KAMEKAWA SEMINAR 2009
参考:価格表(ウェルカムボード)
サイズ
価格の相場
B4
約2万円
A3
約2万~3万5千円
タッチによって価格も
上下する
KAMEKAWA SEMINAR 2009
検証①
ウェルカムボードは
どのくらいの割合で購入されているのか?
●ウェルカムボードはほとんどの人が使っていること
がわかった
●自分たちで手作りのものを作っている人が多く企業
に発注してまで作る人は僅か
●イラスト、似顔絵タイプの物は以前より増えてきて
いるものの数としては多くない
KAMEKAWA SEMINAR 2009
検証②
思い出、記念品などで残す物としての
イラストであればオプションとして紹介できるか?
5
・特色や他の違う何か
があれば可能
6
・提携ではなく紹介な
ら可
20
YES
どちらともいえない
NO
KAMEKAWA SEMINAR 2009
様々な分野へ進出
式場での実績
△ 受注型から発信型
○
外注案件
△ 安定的な売上を残せる
KAMEKAWA SEMINAR 2009
これらのアンケー
ト結果により
イラストネット販売
導入を提案
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
学生のアクアに対する認識は高い
•就職セミナーは50人のキャパシティ(計3回)はいずれも満席
•仮に営業:制作
7:3だとしても 45人の制作希望者がいる
アクアの認知度を活かして
美大、専門学生を上手く活用することができないか?
アクアに学生という
新たな強みを
KAMEKAWA SEMINAR 2009
①公募型
①キャラクターを
作りたい企業募集
③作品
アクア
美大、
専門学生
企業
②媒体(ポスター、ネット)に
て公募
教育の一助として美
大に貢献
企業
④紹介手数料
企業の一躍を担う
KAMEKAWA SEMINAR 2009
企業
②プロジェクト型
①キャラクターを
作りたい企業募集
③作品
○
アクア
②媒体(ポスター、ネット)に
て公募
企業
④紹介手数料
・学生、アクア、クライアント間でミーティ
ングをしながら作り上げる長期的なプロ
ジェクト
・価格は高めに設定
KAMEKAWA SEMINAR 2009
企業
企業
WIN
学生にとってのメリット
・興味のある企業(アクア)に関われる
・採用されるとフィーが貰える(採用されなくてもデータベースに残される)
・採用されると作ったキャラクターが世に出るのでやりがいを感じる
WIN
アクアにとってのメリット
・優秀な人材に出会える
・社会貢献
・キャラクターのデータベース化
(企業に公開することで購入される可能性あり)
・学生に払うフィーは安価(30%と想定)
・利益率が高い
WIN
クライアントにとってのメリット
・相場より安い価格で購入できる
・社会貢献(学生に機会を与えている)
KAMEKAWA SEMINAR 2009
価格表
クライアントコスト
20万+α
アクア売上
20万+α
美大生報酬(30%)
6万
○
差額(利益)
14万
※+αは使用許諾料に応じて変動
KAMEKAWA SEMINAR 2009
産業総合研究所HPより
3ヶ年計画
※公募型のみの試算です
使用許諾料は含まれていません
【2年目】
【1年目】
売上
480万(月2件×12ヶ月)
▲
Fee
144万
広告費 ------ ≦36万
人件費 -----――――――――――――――
利益
300万
売上
960万(月4件×12ヶ月)
▲
Fee
288万
広告費 ------ ≦72万
人件費 -----―――――――――――――
利益
600万
【3年目】
売上
1920万(月8件×12ヶ月)
▲
Fee
576万
広告費 ------ ≦144万
人件費 -----―――――――――――――
利益
1200万
○
KAMEKAWA SEMINAR 2009
問題点:クライアントは集まるのか?
集客方法
①制作会社の下請けとして募集
②HP上でクライアント募集
③営業
数が集まるのか??
①、②は安定的だが数自体は少ない。
③でいかに顧客を集めるか
③で予想される断り理由
・価格は魅力的だけれど
学生が作ったものだからイヤだ
・キャラクターはいらない
質の高さをアピール
実績を作る
アクアのプロデュース
打つ手なし
KAMEKAWA SEMINAR 2009
美大生のイベントとして
確固たる地位を築く
公募+プロジェクト型
スポンサーの募集
公募型による実績
ロゴなどの他分野
コンサルティング業務へ拡大
○
受注型から発信型
○
外注案件
○
安定的な売上を残せる
KAMEKAWA SEMINAR 2009
実現可能性の検証
東京芸術大学、多摩美術大にてアンケート
を実施
Q.このようなビジネスがあったらやってみたいか?
3
17
1
43
KAMEKAWA SEMINAR 2009
やってみたい
気になる
場合による
やりたくない
東京芸術大学:6/15に実施
多摩美術大学:7/1に実施
これらのアンケー
ト結果により
キャラクターコンサルティング
導入を提案
KAMEKAWA SEMINAR 2009
KAMEKAWA SEMINAR 2009
なぜ職場環境の改善?
KAMEKAWA SEMINAR 2009
無駄な
コスト
の削減
アクア
の成長
従業員のモ
チベーショ
ン向上
KAMEKAWA SEMINAR 2009
スケジュール管理に関して
現状
社内にあるボードですべてを一括管理
・営業外回りで案件を取った際にわざわざ会社と連絡をとり、
スケジュールの確認をする必要がある
・手書きというリスク(誤って消してしまったら危険!)
スケジュール管理を徹底すべき!
KAMEKAWA SEMINAR 2009
スケジュール管理システム
に関しての提案
• 情報管理システムの構築(ERPパッケージの導入)
ネット上で制作部のスケジュールを見
れる
更新は責任者もしくは、制作者自ら行う
非効率性の改善
さらに営業部と制作部の連携を強化
KAMEKAWA SEMINAR 2009
スケジュール管理のERP例
株式会社ソーシャルグループウェアが提供する
「iQube」
・メンバー間のスケジュール管理・共有に最適
・会議室や社用車などの設備も効率的に管理できる
・カラーチャートで空き時間を把握し、予定の重複を防止
http://www.iqube.net/sem/schedule_linkoff.
html?gclid=CP2s8JC-tJsCFUpApAod4GebPQ
KAMEKAWA SEMINAR 2009
まとめ
KAMEKAWA SEMINAR 2009
ダウンロード

アクアにとってのメリット