平成20年度小・中学校教育課程研究協議会
理 科 (小学校)
福島県教育委員会
改善の基本方針(中教審答申より)
(1)小・中学校での内容の一貫性を重視して、内容の構
造化、指導内容の充実を図る。
(2)科学的な思考力・表現力の育成を図る学習活動を充
実する。
(3)観察・実験、自然体験、科学的な体験を一層充実す
る。
(4)実社会・実生活との関連を重視する。また、環境教
育の充実を図る。
改善の具体的事項(小学校)
ア 内容区分を、現行3区分を改め、2区分とする。
イ・ウ 内容構成を、探究したり、ものづくりをしたり、
関連付けたりすることについての指導に重点を置い
て内容を構成する。科学の基本的な見方や概念を柱
として内容が系統性をもつようにする。
エ 観察・実験の結果を整理し考察し表現する学習活
動を重視する。また、問題解決の能力について、中
学校との接続も踏まえて見直す。
オ ものづくりなどの科学的な体験や身近な自然を対
象とした自然体験の充実を図る。
カ 環境教育の一層の推進を図る。
理科の目標
自然に親しみ、見通しをもって観察、実験などを行い、
問題解決の能力と自然を愛する心情を育てるとともに、
自然の事物・現象についての実感を伴った理解を図り、
科学的な見方や考え方を養う。
「実感を伴った理解」とは
第一に、具体的な体験を通して形づくられる理解
第二に、主体的な問題解決を通して得られる理解
第三に、実際の自然や生活との関係への認識を含む理解
内容区分の改善
《現行》
A生物とその環境
《新》
A物質とエネルギー
B物質とエネルギー
C地球と宇宙
B生命・地球
○科学の基本的な見方や概念(「エネルギー」「粒子」、「生命」、「地球」)
を柱に、小・中学校を通じた理科の内容の一貫性を図った。
○中学校との接続を考慮し、2区分に内容を再構成した。
学年目標の構成の考え方
①
を ②
ながら調べ、見いだした問題を興
味・関心をもって追究する活動を通して、
③
につ
いての見方や考え方を養う。
②の各学年で育成すべき問題解決の能力
第3学年:比較し
第4学年:関係付け
第5学年:条件に目を向け
第6学年:要因や規則性、関係を推論し
学年内容の構成の考え方
例
第3学年 A物質・エネルギー
(1)物と重さ
粘土などを使い、物の重さや体積を調べ、物の
①
②
性質についての考えをもつことができるようにする。
③
ア 物は、形が変わっても重さは変わらないこと。
イ 物は、体積が同じでも重さは違うことがあること。
解説の「ここでの指導に当たっては、」・・
各学年の内容及び内容の
取扱いの改善(第3学年)
第3学年
○「物と重さ」(「形と重さ」は新規)、「風やゴムの働き」
「身近な自然の観察」を追加した。
・「物の重さ」では、「かさ」を「体積」とし、「体積が同じ物
を比較する」とした。
・「電気」では、「回路」という言葉を用いるようにした。
・「身近な自然の観察」を追加し、現行の生物の観察だけでなく、
その周辺の環境とのかかわりについても学習するようにした。
・「太陽と地面」では、「東から西に」を「東から南を通って西
に」と改め、方位概念の定着を図った。
・結果を整理し考察し表現する学習活動例として、「表などに
よる分類、整理」を明示した。
各学年の内容及び内容の
取扱いの改善(第4学年)
第4学年
○「人の体のつくりと運動」(うち「関節の働き」は新規)を追
加した。
・「金属、水、空気と温度」では、氷の体積変化を付加した。
・「電気の働き」では、「直列つなぎ」、「並列つなぎ」という
言葉での説明を付加した。
・「月と星」では、月の形の扱いについてのはどめ規定を削除し
た。
○「天気の様子」を第5学年から移行した。
・結果を整理し考察し表現する学習活動例として、「図や絵を用
いて表現」「グラフで表現」を明示した。
・「同一地点での定期的観察」「定点観察」など、観察の方法
を明示した。
各学年の内容及び内容の
取扱いの改善(第5学年)
第5学年
○「雲と天気の変化」を追加した。
○「電流の働き」を第6学年から移行した。
・「動物の誕生」では、課題選択をなくした。また、水中の小さ
な生物の観察を付加した。
・「流水の働き」では、川の上流・下流と川原の石の大きさと形
を付加した。
・「物の衝突」は、中学校へ移行統合した。
各学年の内容及び内容の
取扱いの改善(第6学年)
第6学年
○「てこの規則性」を第5学年から移行し、てこの利用を付加し
た。
○「電気の利用」(新規)を追加した。
・「体のつくりと働き」では、様々な働きをもつ臓器を付加した。
・「植物の養分と水の通り道」では、水の通り道を付加した。
・「生物と環境」では、はどめ規定を削除して、食物連鎖を付加
した。
・「土地のつくりと変化」では、課題選択をなくした。
○「月と太陽」(新規)を追加した。
指導計画作成上の配慮事項
① 観察、実験や自然体験、科学的な体験の充実
② 結果を整理し考察する学習活動や、科学的な
言葉や概念を使用して考えたり説明したりする
学習活動の充実(新規)
③ 博物館や科学学習センターなどと連携、協力、
積極的活用
④ 道徳教育との関連
内容の取扱いについての配慮事項
①
コンピュータ、視聴覚機器などの適切な
活用と事故の防止
② 自然に親しむ活動や体験的な活動の充実と
環境保全の態度の育成
③ 児童の主体的な問題解決活動と学習の成果
と日常生活との関連
ダウンロード

Document