組織,戦略,システム
経営情報システム論A
― 企業経営におけるICTの活用 (3)
©2005, Kiyoshi Murata
企業組織
企業組織観の変遷

Closed
 企業は環境に対して閉じたシステム
 rational system:1900~30




合理的な管理のあり方,組織構造
科学的管理法
管理過程論
官僚制組織論
 natural system:1930~60



非合理的な/人間的な組織プロセス,集団・個人の行動
人間関係論
協働システム論
企業組織
企業組織観の変遷

Open
 企業は環境の諸要素との間で資源をやり取りするこ
とを通じ,環境の中で生きている/生かされている
 rational system:1960~70


限定された合理性の下での意思決定
コンティンジェンシー理論
 環境不確実性に適応した組織のあり方
 natural system:1970~



ゴミ箱としての意思決定問題
解釈体としての組織
経営情報論/経営情報システムの理論的基礎
サイモンの意思決定論
意思決定

経営行動/管理行動の本質
 企業組織は意思決定のネットワーク
 質のよい情報/情報処理の必要性

限定/制約された合理性
 認知限界
 満足化基準

組織構造・制度による合理性の向上
 分業/協働システム
 組織階層(ハイアラーキー)

Span of control
情報処理パラダイム(Galbraith, J. R.)
複雑性・不確実性
情報処理
能力の増幅
情報システム
⇒ 情報処理負荷
環境
企業
組織構造
組織制度
ステイクホルダー
意思決定プロセス(Simon, H. A.)
情報活動
設計活動
選択活動
実施
再検討
ゴミ箱モデル(March and Olsen)
組織化された無秩序

組織の意思決定状況
 目標や選考基準は漠然としている
 ある行為とそれがもたらす結果との因果関係は
不明確
 決定の場に参加する個人やグループは流動的
問題
問題
問題
参加者
参加者
参加者
解
解
解
選択機会
多義性
多義性 equivocality


組織状況に関して複数の対立する解釈が存
在していること(Weick, 1979)
企業活動のためには
 不確実性の削減


情報収集
リッチネスの低い,impersonalなメディアの利用
 多義性の削減


討議,意味の明確化,イナクトメント
リッチネスの高い,personalなメディアの利用
企業における情報ニーズ(Daft and Lengel, 1986)
高い
1.高多義性・低不確実性
2.高多義性・高不確実性
※高リッチメディアの利用
※フォーマルなISと
高リッチメディアの併用
問題の定義・用語の統一・
意見収集
客観的データの収集+意見交換
多義性
3.低多義性・低不確実性
※メディア活用の必要性が低い
ルーチンデータの収集
低い
4.低多義性・高不確実性
※フォーマルなISの活用
最新の定量的データの
収集と処理
低い
高い
不確実性
組織コミュニケーション
階層型組織
命令・指示
トップマネジメント
戦略的決定
ミドルマネジメント
戦術的決定
フォーマル・
コミュニケーション
ロワーマネジメント
報告・相談
一 般 従 業 員
インフォーマル・
コミュニケーション
業務的決定
業務遂行
組織コミュニケーション
循環的コミュニケーションプロセス



メッセージを媒介として進行する意味生成
情報発信/受信の双方向性
社会構成論
 組織的現実/環境はコミュニケーションを通じて社会的に構成される
経験
イナクトメント
コミュニケーション
→多義性の削減
→意味の生成と共有
生態学的変化
経験
組織認識:イナクト
された環境
経営戦略
市場ポジショニング・ビュー(MPV)



Porter, M.
持続的競争優位の源泉は市場における戦略的ポジ
ショニング
安定的で低不確実性の市場
資源ベース・ビュー(RBV)



Barney, J. B.
持続的競争優位の源泉は模倣困難な資源/ケイパビ
リティ
不安定で高不確実性の市場
競争戦略の類型(Porter,M.)
競争優位の源泉
コスト優位
競争の
範囲
差別化優位
広い範囲 コストリーダーシップ
製品・サービス
差別化
狭い範囲 コストフォーカス
差別化
フォーカス
企業の強みと弱みの分析(Barney, 2002)
SWOT分析
VRIO分析

Value
 企業の資源/ケイパビリティは環境の機会を生かし,また脅
威に対応できるのか?

Rarity
 資源はごく少数の競合企業によってコントロールされている
のか?

Imitability
 資源を持たない企業がそれを持とうとするとコスト上不利な
立場に置かれるのか?

Organisation
 企業のポリシーや手続きが,価値があり,希少で,模倣にコ
ストがかかる資源をサポートできるようになっているのか?
システム
システムとは
a regularly interacting or interdependent
group of items forming a unified whole
 a group of elements that are integrated
with the common purpose of achieving
an objective
 相互作用,全体性,目的,統合
 systematic ←→ systemic / systemicity

システム論
有機体(organism)の特質
要素還元主義の否定
:有機構成(organization)によってもたら
される現象は,各要素の物理的,化学的
性質に還元しえない = 関係の論理
= 部分と部分の配置,相互作用に意味が
ある...組織でいえばrelationship
創発特性(emergent property)
有機体の特質
多階層性
:各要素レベルと複合的な構成化のレベル
の明確な区分け
多階層性は,要素(部分)と全体という関
係を設定した瞬間に生じる
:システムとはものの見方である
再帰構造


subsystem / supersystem
holon(holos + on)
システムの基本構成
目的
自己組織化
フィードバックループ
制御機構
自己維持
入力
変換
出力
システム特性(systemicity)
創発特性(emergent property)
階層性(hierarchy)
コミュニケーションとコントロール
(communication and control)
環境におけるシステムの存続
システム思考(systems
thinking)
対象物をシステムとして認識する
: 変換(transformation)を中心として


刑務所とはどのようなシステムか?
大学とはどのようなシステムか?
そこにシステムがあるのではない:認識論
システム的に望ましい変革を考える

社会的,文化的に許容できるもの
ダウンロード

組織,戦略,システム - 駿河台メディアサービス