近年、ブドウや柿など種のない果物が多くみられるようになりました。食べやすいのは嬉し
いけれど、種がないのにどうやって作るのか、疑問に感じたことはありませんか?
食用バナナのように、自然にできる種なしの果物もなりますが、食べやすくする目的の果物は、
次のような方法で作られています。
種無しブドウには食物ホルモンを使う
種無しブドウの多くに用いられているのが、ジベレ
リンと言う食物ホルモンを使う方法です。
ジベレリンには、種をなくし実を大きくする働きが
あります。ブドウの房を開花前と開花後に 2 回、こ
の溶液につけると、種なしができます。ブドウの実
が、実の中に種があると錯覚し、種がないまま実が
大きくなるそうです。
ジベレリンは、ブドウ自体からも分泌される天然の
食物ホルモンで、害のあるものではありません。
受精しなくても実が大きくなる「単為結果性」の温州ミカン
花粉がめしべにつかなくても実が大きくなるという果
物の性質(単為結果性)を利用します。日本のミカン
のほとんどを占める温州みかんに種がないのは、この
性質によるものです。
ただ、近くに他の種類のみかんがあると、風や虫によ
って運ばれた花粉から受精し、種ができることがあり
ます。
また、受精はするけれど種の発育が途中で止まってし
まうという性質を利用する方法もあります。
偶数組の染色体を奇数組にして種無しスイカを作る
本来は偶数組であるはずの染色
体を奇数組にし、種を作るために必
要な細胞分裂を起させない方法は、
スイカやキンカンに利用されてい
ます。
例えば、普通の種ありスイカの染
色体は、2 本ずつになっている「2
倍体」ですが、成長過程でコルヒチ
ンという薬品で処理すると、染色体
が「4 倍体」になります。種は、両
親「偶数組」の染色体を半分ずつも
らうので、4 倍体のスイカのめしべ
に、2倍体のスイカの花粉をつけると、3 倍体のスイカができます。奇数組の食物は種を
作ることができない、すなわち種無しスイカとなるのです。
作文に強くなろう!②
NG①消極的、もしくはあいまいな意見を書く
考えてみたこともない課題が出題されることもあります。だからと言って、例えば「敬
語」という課題に、
「私は敬語について真剣に考えたことはありません」「まあ、どちら
でもかまわないと思う」と書いたらどうでしょう? その後、文章を続けること自体が
難しくなってきますよね。その後に続く内容からも高い得点は望めません。採点者の先
生は、課題に対する前向きで積極的は心情や意見を求めています。感性や記憶、思考力
を総動員して、前向きな姿勢で作文を書きましょう。
NG②きれいごとを書く
では逆に、「敬語は非常に大切です。普段から正しい敬語を使うように心がけなくてはい
けないと思います。」と書くのはどうでしょう? 正論ですが、どこかで何度か聞かされ
たような内容です。
このような“道徳的作文”は、内容が空疎な上に、結局どれも似通った型にはまった内
容になってしまいます。採点者の先生は、個人の経験や個性的な意見を求めています。
NG③「課題の定義づけをしなくては…」と思っている
例えば課題が「敬語」の場合、「敬語とは…」といった書き出しの作文が多く見かけます。
課題は、何かしら作文全体にかかわっていればよいのであって、定義づけをする必要は
ありません。
★作文は、前向きに書く!
きれいごとで書くわけでもなく、定義づけをするわけでもない!!
ダウンロード

種無しブドウには食物ホルモンを使う 受精しなくても実が大きくなる「単為