自動詞/他動詞
なぜ自動詞と他動詞を分けるか

「~ている」「~てある」「~ておく」の使い方を
理解するには、自動詞と他動詞の理解が必要で
す。(了解 「~ている」「~てある」「~ておく」的
用法前要先認識自動詞、他動詞)
自動詞と他動詞の使い分け(区分)
(人)が (対象)を ~する
 自動詞文: (人・物)が ~する
 要表示某一現象時、有2種説法。①動作している人に
注目する(焦点放在做動作的人)、或②動作の
対象物に注目する(焦点放在動作的対象)
 当遇到成対的自動詞と他動詞時、
「動作している人に注目」→他動詞
「動作の対象物に注目」→自動詞

他動詞文:
「“を”→他動詞」
誰、或何がその動作を行うのかが意識されています。
「“が”→自動詞」
どんな作用、変化が起こったかに 焦点があてられる。
也就是説要用自動詞還是他動詞常常是「話し手がどこ
に又は何にポイントを当てて表現しているかの違い
である。」
人を見てその動作を言うときは他動詞を使い
物を見てその状態・現象を言うときは自動詞を使います。
ドアーが開く。(自動詞)
私はドアを開ける。(他動詞)
形態的対応

2つの種類がある。
自他異形―自動詞と他動詞が異なる形
r(u)―なおる(自動詞)
nao<
s(u)―なおす(他動詞)

自他同形―自動詞と他動詞が同じ形をしている(日
本語には少ししか見られない)
門がひらく(自動詞)
門をひらく(他動詞)
分三類




「他動詞」、「以人為主語的自動詞」、 「以物為主語的自
動詞」
人が主語の動詞は意志があるから文末で「~たい・~つも
りだ・~なければならない」や意向形(「~(よ)う」)が使え
ます。(例:走る/歩く/泣く/寝る…)
物が主語の自動詞が使えません。 (例:降る/開く/落ちる/つく
…)
ほとんどの自動詞は物が主語の自動詞です。自動詞文では主格の
「ガ格」になる。例:車の故障が直る。(自動詞文)
~ている
動作の「~ている」
1)「今、何をしていますか」「宿題を

しています。」
動作)
(現在進行中の
2)「今、何をしていますか」「日本語
教師をしています。」 (現在の状
況)

状態の「~ている」
1)「橋が壊れていますね」「ええ、こ
の前の台風で壊れたんです」
2)「鍵がかかっていますよ」「どこか
出かけたのかもしれませんね。」
「~ている」
「他動詞」、「人が主語の自動詞」(動作の
「~ている」)
①進行中的動作或②仍持続的習慣
 「物が主語の自動詞」(状態の「~ている」)
表示眼前所見的状態。


「~ている」形は日本語の動詞の現在形なのです。一般動詞
の辞書形は未来を表します。会話のときは「今~しています」
(現在形)、「これから・明日~します」(未来形)と使い分けて
ください。
まどが あいています。
エアコンが ついていません
ごみが おちています。
椅子や本が きれいに 並んでいません。
おゆが わいていません。
ビールやくだものが れいぞうこに 入っていません。
~てある
• 「~ている」との関係から「~てある」を見る。
「他動詞+てある」と覚える。
人為状態の「(物)が~てあります」
• 取決於如何看待眼前の状態。
a自然状態「自動詞+ている」
b人有意識的做了什麼、動作結束後所留下的
状態。用 「他動詞+~てある」。
お皿が並べてありますね。お客が来るんですか。
黒板に絵が描いてありますね。誰が書いたんで
すか。
準備完了の状態
「(私は)~を~てあります」
• 準備の「~ておく」と関連する表現で、「~ておいた」
結果の準備完了状態が「~てある」です。
• この場合、「私は~を~てある」になる。
• ゴミの日ですから、外にゴミを出しておきました。<準
備完了を強調>
→ゴミの日ですから、外にゴミを出してあります。<準備
が完了した状態を強調>
(お客が来ますから、私はテーブルにお皿を並べました)
→私はテーブルにお皿を並べておきました。
→私はテーブルにお皿を並べてあります。
まどが しめてあります。
エアコンが つけてあります。
いすや本が ならべてあります。
ごみが すててあります。
へやが きれいに そうじしてあります。
テーブルクロスが ひろげてあります。
おゆが わかしてあります。
ビールやくだものが れいぞうこで ひやしてあります。
「~ている」、「~てある」まとめ
「自動詞+ている」は自然・物理
状態、「他動詞+てある」は人為
状態を表す。
• ドアが開いた状態を見て、「ドア
が開いています」と言うか、「ドア
が開けてあります」と言うか。
• 単なる状態や意図が不明の時
は「自動詞+ ている」を使う。
• 他動詞の場合、「( 誰か) が窓を
開けた→ 窓が開けてある」のよ
うに「を→ が」と変わります。
~ておく
事前に~ておきます<準備・事前行為>
• 今晩パーティーがありますから
→(事前に)ビールを買っておきます。
→(事前に)部屋を掃除しておきます。
そのまま~ておきます<状態保持/保存・放置>
• ドアを閉めましょうか。
→いいえ、そのままにしておいてください。
→夫が帰ってきますから、(そのまま)開けておいてく
ださい。
ダウンロード

自動詞/他動詞