能力と学力
教育できる能力の条件は何か
教育の対象としての能力
• 教育学の基礎概念としての「能力」
– 教育は能力を延ばす営みである
– 努力や働きかけで「伸びる」のが「能力」
能力か否か(能力とは1)
• 体力・計算力・読解力等は明らかに能力
• 以下は能力か
–
–
–
–
–
人間らしい感性 思いやり・親切
未来を予知する能力(霊感)
愛情
病気になりにくい体質(免疫力)
作曲する能力
↑
何故「能力」であり、逆に「能力」でないのか
価値ある能力か(能力とは2)
•
•
•
•
•
鍵がないのにドアを開けられる
どんな無理難題にも耐えて平然とできる
確実に傷つけるが、必要があることを言える
計算が確実にできる
どんなに長時間歩いても疲れない
これらは社会が変わると価値が変わるか
教えられるか
•
•
•
•
•
•
すぐ眠れる
ピアノを弾く
美しい声をだす
高等数学を理解する
絶対音感
跳び箱を跳ぶ
教えられなければ教育できない
測れるか
•
•
•
•
•
•
計算能力
言語能力
社会的認識能力
発表力
相手の心を理解する能力
スポーツの監督・指揮者の能力
どのような水準で測れるのかも考えよう
教育の対象となる能力
• 能力を明確に対象化できる(教育内容・教材)
• 訓練することで発達する(教授法の成立)
• 評価できる(基準or計測)
どこで教えるのが適切か
• 家庭・学校・徒弟制・クラブ(地域)・その他で
分類してみよう
• ピアノ・水泳・サッカー・工芸・農業・簿記・理
科・国語・外国語・営業・漫画・歴史
• 何故かを考えてみよう
学校で教えるのが適切なのは
• 共通の価値 誰もが学ぶ必要があること
• 教授法の確立 普通の教師が教えられる
学力の構造
• 勝田モデルと広岡モデル
学力は低下したのか
• 学力低下論
– PISAの落ち込み・東大生が分数計算できない
• 全国学力テスト 1960年代中止以後半世紀
実施されず(判断材料の欠落)
• どのような学力が必要なのか(PISA型?)
• 学力の剥落問題
• 受験競争と少子化、教化的教え込みの問題
(大田堯)
サドベリバレイ校が求めているのは
• 社会に必要な知識や能力を育てることができ
ないのではないか?(多くの学生の疑問)
• では、社会に必要な知識や能力とは何か、日
本の学校は、本当にそれを育てているのか。
• 学生諸君が学校で身につけた能力は、社会
に出たとき、どれだけ役立ちそうか
斉藤喜博とサドベリの共通性
ダウンロード

能力について