2004年10月6日 日本気象学会秋季大会
富士山における笠雲の発生と700hPa
付近に存在する安定層との関係
日本大学大学院地球情報数理科学専攻
博士前期課程M2 気候気象システム研究室
清水 崇博
研究の背景及び目的

富士山における笠雲発生機構の研究は古くから行われている。
1、統計的研究成果
1-1、笠雲発生後の降水確率が70~80%である(湯山,1972)
1-2、日本海低気圧存在時に発生しやすい(たとえば植野,
1950や大井・ほか,1974)
2、高層データ解析による成果
2-1、笠雲発生時には山頂付近に安定層がある(大井・ほか,
1974)
過去の研究成果において,1-2と2-1の関連性について述べ
られていないため、笠雲発生要因は謎に包まれている部分が多
い.そこで、笠雲が発生した日本海低気圧の構造を調べることで
日本海低気圧が富士山に笠雲を発生させるに至るプロセスを解
明することを目的とする.
研究方法
笠雲発生日の検索
(日本大学富士山プロジェクト画像解析)
日本海低気圧存在日の特定
(気象庁:印刷天気図 CD-ROM)
ゾンデデータを使用した気温減率の
アイソプレスの作成
(気象庁:高層観測年報 CD-ROM)
笠雲を発生させる日本海低気圧
と
発生させない日本海低気圧
の
大気成層上の相違点の確認
以上から確認された相違点を検討し,
笠雲発生要因を追求する
4月13日9時 浜松
笠雲発生しない日本海低気圧
笠雲発生した日本海低気圧
笠雲が発生した日本海低気圧の検討
←2002年4月13日9時
衛星可視画像
同時刻の富士山プロジェクト
日本海低
気圧
関東沖小
擾乱
南西カメラ(富士宮市・奇石博物館)
画像↓
東西断面
(鹿児島)
(潮岬)
(浜松)
(館野)
南北断面
関東沖擾乱
多層の安定層
(八丈島)
(浜松)
(輪島)
多層の安定層形成要因の推測

Pre-Frontal Waveの可能性
ウィンドプロファイラによる鉛直P速度デー
タを用いた鉛直流分布図
※笠雲発生は8:35~11:15
まとめと考察



笠雲を発生させた日本海低気圧では、暖域(寒冷
前線の前面)に多層の安定層が認められた.
ウィンドプロファイラ鉛直流の分布図を見ると,笠
雲発生時に波動が生じていた.
上記2つの事実から,波動はのちにやってくる寒
冷前線前面のPre-frontal Waveであり、このPrefrontal Waveが多層の安定層を形成し、山頂付近
に存在する安定層が山の斜面による強制上昇を
抑え,笠雲が発生する.
今後の課題



Pre-frontal Waveによる安定層の発生要因に季節性
があるのか
Pre-frontal Wave発生要因を解析し,日本海低気圧
発生から笠雲発生までのプロセスをより深く追求す
る.
日本海低気圧のうち、Pre-frontal Waveが存在する
ものとそうでないもので、降雨分布の違いを比較し,
天気予測に役立てる.
参考文献
遠藤邦彦・坪井哲也・大野希一・小林貴之(2002):富士山監視カメラシス
テム.月刊地球,24,9,645-650.
大井正一・山本三郎・曲田光夫(1974):富士山の雲と大気の成層状態.気象
研究ノート,118,39-54.
植野隆壽(1950):富士山雲の研究(其2)山雲の分類と天気.気象庁研究時報,
2,1-9.
湯山 生(1972):富士山にかかる笠雲と吊し雲の統計的調査.気象庁研究時
報,24,415-420.
沖縄に台風・山陰から東北
にかけて前線
太平洋高気圧
Atmospheric Pressure Pattern
日本海に高気圧
東シナ海に低気圧
二つ玉低気圧
南岸に移動性高気圧
山陰から東北にかけて前線
日本海に前線
日本海に前線を伴わない低
気圧
北海道に低気圧
日本付近が気圧の谷
台風(熱帯低気圧)接近
南岸に前線
日本海に低気圧
10
Group-2
5
Group-3
Generation Number
0
Group-1
15
天気図の検討
ウィンドプロファイラの各地点データ
2.
1.
く東
,海
波地
の方
存で
在は
を上
示昇
唆気
し流
て・
い下
る降
.気
流
の
交
代
が
激
し
風0 関
上m
付東
で近 付
はに 近
西風 は
よの 関
りシ 東
のア 沖
風が 小
が存 擾
吹在 乱
いし の
て、 影
いシ
るア 響
.よ で
高
り度
下2
で,
は0
南0
笠雲が発生しない日本海低気圧の検討

多層の安定層が明瞭ではない
ウィンドプロファイラ鉛直P速度
ダウンロード

日本気象学会秋季大会