休眠(diapause)
内分泌機構による自律的な発育休止状態。
有効積算温度法則は当てはまらない。
正木 進三
化性(voltinism):1年間に生じる世代数
1世代のものを1化性 ,2世代以上のものを多化性と呼ぶ.
化性は,休眠と有効積算温度法則によって決まる。
トウゴウヤブカは卵または幼虫末期で越冬休眠する。
カイコ 卵期に長日→次世代の卵(黒色)は休眠する
卵期に短日→次世代の卵(白色)は休眠しない
(発生途中の脳が、胚子発生のある時期に受けた日長を
記憶、この記憶にしたがって、食道下神経球にある神経分
泌細胞から休眠ホルモン(休眠を引き起こす)を体液中に
分泌するどうかを決定する。
カイコ休眠卵の覚醒:
(1)5℃で60ー100日、その後25℃におくと約2週間で孵化
(2)5℃で30日、その後15%塩酸47℃で5分間浸す(冷蔵浸
酸法)
2.休眠を誘発する要因
日長が休眠を誘起していることを暗示
休眠の誘起:
日長と温度によって起こる。
短日が休眠を誘起
長日が休眠を誘起
休眠覚醒
低温が引き起こすことは明らかであるが、
その作用機構は複雑である。種によって
異なるかもしれない。
長日が覚醒する場合もある。
あまり低い温度は効果が少ない
産卵後25℃で約1か月
経過した後,様々な低
温に置く
-10℃,0℃では休眠はほ
とんど消去しなかった
1.7.5℃所定日数
2.0℃所定日数
3.25℃におく
低温に一定期間置いた後の
高温の効果
まず,7.5℃に所定の日数おく
低温に一定期間置いた後の
高温の効果
16℃に400日おき25℃に所定の時間おく
その後,16℃に30日おく
休眠覚醒後の孵化までの所要日数
休眠覚醒を起こす日長
サクサン、オオミズアオの例:
休眠蛹(低温処理していない)を16時間明(25℃)におく
→1ー2カ月すると羽化
12時間明(25℃)におく→6カ月経っても大半は羽化しな
い(最終的には死亡)。
科学
SOS物質(シノモン)
草食昆虫に食べられたとき植物が出す.
単に物理的に傷つけたときときでる物質
とは異なる,あるいは量が多くなる
カイロモン
解発フェロモンreleaser pheromone
他個体に特定の行動を引き起こす
誘導フェロモンprimer pheromone
他個体に特定の生理的変化を引き起こす
階級分化フェロモン(女王物質)
相変異に関与するフェロモン(ロカストール )
性フェロモン(sex pheromone)
分泌器官
毛筆器官
(hair pencil)
マダラチョウのオス
分泌器官
カイコの性フェロモン
カイコの側胞
受容器官
ボンビコ―ル,
ボンビカルは
別々の感覚
ニューロンで
感受される。
この感覚
ニューロンは
フェロモン1
分子に反応
する能力を
持つ。
フェロモンは複数成分から構成されている
作用機構
気流走性(走風性;anemotaxis)
遠距離での反応?
近距離
・走化性
・視覚
・フェロモンの断続性の認識
種特異性
反応を引き起こしだす匂源からの距離
ナシヒメシンクイ
複数成分の主要1成分だけでは,
オスにあまり反応を引き起こさな
い
ダウンロード

Document