GROUNDSCAPE DESIGN youth
「阿賀に生きる」上映会 感想
■日時:2010 年 12 月 19 日(日) 15 時~17 時
■場所:Lab Café @東京・本郷
■参加者:長田嘉晃(GK 設計)
,島津翔(日経 BP)
,並木義和(早大)
,山川健介(国士舘大),
金井ゆうた(東大)
,赤井朋子(ミサワホーム)
,照井丈大(クリエイト A)
,伊藤 啓輔(藤村龍
至建築設計事務所)
,大谷友香(東工大),岡田裕司(早大)
,安藤達也(東大),林佑紀(早大)
,
中村晋一郎(東大),平田有紀(鎌倉市公園協会),伊藤美智子(国士舘),飯沼伸二郎(早大),
赤松祐次郎(GK 設計),高野愛子(大成建設),手島史恵(大成建設),宮下真紀子(八千代エンジ
ニアリング)
計 20 名
写真:参加者の面々
ます.しかし,実際にそこに住む人々が何に
「阿賀に生きる」を見て
苦しみ,その原因を作った会社に対してどの
国士舘大学大学院 山川 健介
様な思いがあるかということを知る機会はあ
りませんでした.
小学校の頃4大公害病である新潟水俣病の
今回の「阿賀に生きる」を見て,今まで想
ことを知りました.その内の1つである四日
像していた住民とは,違う一面を見ることが
市喘息は,私の地元である三重県ということ
できました.原因をつくった会社に対して怒
から,他人事ではないという記憶を覚えてい
りの気持ちもあるだろうが,むしろその会社
を守りたい気持ちがあること.どんなに有害
くなった.
な水銀が流れている川だからといって川沿い
一番すごいな,と思ったのはどの方向から
を離れることなく,そこに定住し続けている
風が来ているのかを即座に感じられる川船の
こと.そして何より,その地域の人々が元気
船頭の方.海の漁師もそうなんだろうけど,
に明るく生活していることを知りました.た
まさに川とともに生きるという印象を受けた.
だ,この映画の表向きは,前述した明るい人々
船大工の遠藤さんの表情も良かった.内匠
の生活風景を映しているのことを読み取れる
の技を何気なく映し出していたけど,あれを
のですが,それだけではなく過疎に悩む人々
映し出すのは本当にすごく長い時間がかかる
の姿というものも読み取ることができました.
のだろうと思う.そして,あまりにも気軽に
こうした阿賀に生きる人の本当の顔を見るこ
見過ぎてもいけないことなんだと思う.
(もち
とができたのは,長年を費やして住民の中に
ろん映像を見ただけで分かったつもりになる
入って撮影し続けた結果だと感じました.
わけでもないけれど.)やはり,実際に登場人
物たちや,その背後に流れる阿賀を見てみた
くなった.
「阿賀に行きたい」
-ドキュメンタリー「阿賀に生きる」
を見て
ップされてそれぞれを追っていたが,もっと
東京大学大学院 安藤達也
も思った.例えば川船漁師達ばかりが暮らす
映画では,流域の何軒かの家々がピックア
集落や共同体の様子が分かったら面白いなと
集落ってどんなんなんだろう.見たことない
「阿賀に生きる」という題名から,阿賀「に」
っていうのは,阿賀「という場所に」ってい
うことなのか,でも単純な位置関係を表して
な.
是非また実際に現地に行く機会があればい
いなと思う.
いるわけではなくて,寄り添っているから阿
賀「とともに」かな,ちなみに英語の題名は
“Living on the River Aga”だったから,
depend on – などのように「支え合って」,
「世
話になって」生きるというニュアンス.阿賀
GSDy サロン「阿賀に生きる」上映会
早稲田大学大学院
並木義和
野川の恩恵を,時には災いを受けながら暮ら
すとはどういうことか考えさせられた.
新潟県,阿賀.と聞くと思い浮かべるのは
基本的にドキュメンタリーでは,いい悪い
やっぱり米…だが,実はこれ以外にもずっと
とかや,古き良きものを残そう的な価値基準
深い,川とのつながりのなかで暮らしてきた
は脇に置いておいて,ありのままを淡々と描
人々の生活ぶりがあることをこの映画を通し
き出して欲しいと思う.その点で,新潟水俣
て知った.
病に固執することなく,ニュートラルに川で
この映画は公害,水俣病による未認定患者
の暮らしを描き出していて,それが逆に阿賀
を中心とした暮らしをリアルに切り取ったも
野川にどんな過去があったんだろうと知りた
のだったが,公害という重い問題を真正面か
ら受け止めるには心の準備ができていなかっ
分はどうなのだろうか,ということだ.自分
たのが正直なところだ.
は無限に広がるようなもやもやとした世界で,
川というのはもちろん上流から下流まで一
一体何との関係を考えながら生きていくべき
続きの流域という考え方をすべきだというの
なのだろうか.そういったことを考えさせら
はどこでも言われていることだが,川を中心
れる実に刺激的な映画だった.
とした人々の生活は,その場所や環境によっ
企画をしてくださった中村さん,ありがと
ても刻一刻と変化してきていることを考える
うございました.ぜひ春の訪問企画にも参加
と,公害という問題に対しての人々の考え方
したいと思っています.
も現実を見据えることができるかどうかを含
めて,非常に難しい問題だろうと思う.
流域の人々が何で生活の糧を得るかというこ
「阿賀に生きる」を観て
とは,個人の思惑や理想だけで語ることはで
GSDy 代表/早稲田大学景観・デザイン研究室
きず,周囲の環境や制約のなかでなされる場
岡田裕司
合もあるだろう.そうしたときに,以前から
の水田や漁業で暮らすことのみを良しとする
「阿賀に生きる」を観させて頂いて,早一
のか,発電所や工場など近代化のなかで関わ
週間が経つ.記憶が鮮明なうちに感じた事や
りを見出すことをどのように捉えるのか.川
疑問など記しておくべきだったと少し感じつ
の恩恵を受けている点では同様ではあるし,
つも未だにその印象は鮮明である.
それぞれが幸せな暮らしをしていきたいとい
僕は中村さんからこの企画を持ちかけられ
う思いは同じなのに,被害者・加害者のような
て始めに抱いた印象は,
「暗く苦しい公害との
関係ができてしまうことについては言葉にな
戦いを描いた映画」というイメージだった.
らないほどの無力感というかやり切れなさを
むろん,水俣病についても詳しく知らぬ若者
感じる.
であり,水俣病の話だよとしか聞いていなか
しかしながら,良くも悪くも川との関係の
ったので鵜呑みにしていたのである.しかし,
なかで暮らしてきた人々は,これからもずっ
実際に観てみるとその印象ががらっと変わっ
と川と付き合っていかねばならないというこ
た.タイトルにある様に「生きる」という行
とを前提として考えると,今回映画のなかで
為の力強さが実に「リアル」に描かれていた.
スポットが当てられていた,川船をもう一度
人間の「死」ではなく「生」が描かれている.
やるために師匠に弟子入りして懸命に船造り
それも製作に際し,住み込みで撮影を行うこ
をする人たちや,身体を悪くしながらも二人
とで,阿賀に生きる人々の生活を実にリアル
きりで水田を守り続けようとする農家の人た
に切り取っていたことに驚きを覚えた.
ちの姿が目の裏に焼き付いて離れず,何とな
くあたたかい気持ちになった.
恥ずかしながら,歴史の教科書で「水俣病」
という名前と歴史的出来事として公害があっ
これらを通して思うのは,川の流域の人々
たことしかこの映画を観るまでは僕は知らな
は川との関わりのなかで暮らすことを考えな
かった.もしかするとこのサロンにいた若者
ければならないということがあるが,では自
の大半がそうかもしれない.
「認定」
「非認定」
の区別があることも知らなかった.また,発
「阿賀に生きる」鑑賞後の感想
生源地域では加害者であり地域の支えでもあ
GK 設計 長田喜晃
った昭和電工に対するどうしようもない感情
を住民が持って苦難していたことも初めて知
った.
この映画を見て最初に感じたのは,ビデオ
カメラで撮られている人々が,あまりにも自
この映画では様々な立場の人々が登場し,
然体だったということ.私が友人のドキュメ
それぞれが公害という事実がもたらした変化
ンタリー映画に出た時は,カメラを意識する
に対してその後どのように生きていっている
あまり,ぎごちなさ全開のまま映像化されて
のかが描かれていたと思う.公害によって多
しまった苦い思い出がある.しかし,この映
くの人が変化を余儀なくされ,怒り,哀しみ,
画のおじいちゃんおばあちゃんは,自らに向
失望し,目から「生」が失われていったので
けられるカメラを異物の存在としてではなく,
はないかと思う.その様な人々がたくさん居
「この人たちが来ると勝手についてくるモ
るんだと思う.しかし,それでもなお,力強
ノ」くらいにしか意識していないように思え
く阿賀に生きた人々,登場する人物は皆,目
た.これは製作陣が長い年月をかけて彼らの
が生きていた.この事実を知る事ができたこ
生活に溶け込んでいったことの表れだと思う
とだけでも,この映画を観させて頂いた価値
し,並大抵の努力ではなかったことは容易に
があったように思う.ここから何を感じとる
想像できる.
か.中村さんが観るたびに新しい発見がある
この,自然体をひたすら描写した映像があ
とサロンの最後におっしゃられていましたが,
るからこそ,私は妙な違和感を途中で覚えつ
僕は一回目にそんな発見をしました.二回目
つ見ざるを得なかった.なぜなら,高純度で
にはどんなことが発見できるのだろうか.
映し出された生活描写の中に,若干かすか
今後,現地見学会など企画としても発展し
な”不純物”が紛れ込んでいることに気づか
ていきそうなので,続編「阿賀の記憶」も時
ざるを得ないからである.その”不純物”に
間を見つけて拝見してみたいと思います.
ついて,映画は特に言及することもなく,淡々
最後に,今回はこのような貴重な場を設け
と阿賀の壮大な風景と人々を映し出していく.
て頂きました中村さん,またそのきっかけを
公害を最初にクローズアップし,悲惨な被
つくって頂いた大熊先生をはじめとした「阿
害状況を鑑賞者に伝えたうえで人々を映すの
賀に生きる」製作委員会の皆様に感謝の意を
ではなく,はじめに人々ありきで映像が撮ら
述べ,感想文を閉めさせて頂きたいと思いま
れているため,妙な先入観や憐みの念を持っ
す.
て構えて映画に入り込むということがなかっ
た.これは製作者の意図なのだろうが,とて
も好感が持てた.NHK の「小さな旅」を見さ
せられているかのような感覚に途中陥ったの
も,このせいだろう.
暗いテーマが根底にあるにも関わらず,僕
が終始この映画で見せつけられたのは,ひた
むきに生きる人々の前向きな姿勢ばかりだっ
微笑ましく描かれていた.老人夫婦が,畳の
た.久しぶりにほっとする映画を観れた気が
部屋で会話をしながらウトウト眠ってしまう
する.続編もあるとのことなので,非常に楽
シーンでは会場の皆も思わず笑ってしまった.
しみにしている.
また,撮影側のスタッフの存在感を全く感じ
ないことが新鮮な驚きだった.
彼らが老人達と何年間も寝食をともにして,
阿賀に生きる
―その地に生きること
東京工業大学大学院 大谷友香
培ってきた間柄でないとあそこまで自然体な
姿を映すことはできないと思う.ドキュメン
ト作品の魅力を存分に感じられる作品だった.
本作品を鑑賞して,日本中のどの川にもそれ
川のある地に住むというのは,私の細やか
を生業として暮らしている人々の姿がある,
な願いのひとつである.川の近くで育ったわ
ということを再確認させられた.
けでもなく,特に川に思い入れがあるわけで
ぜひ機会があえば,次作の「阿賀の記憶」も
もなく,でも何故か落ち着く.そんな場所.
鑑賞したいと思う.
恥ずかしながら阿賀野川についての詳しい
事情は知らずに今回のサロンに参加した.阿
賀に生きるというのは,愛着を持って生活す
映画「阿賀に生きる」
るというよりもむしろ腹をくくって守り抜く
(財)鎌倉市公園協会 平田有紀
といった印象を受けた.しかしそこには大切
な仲間たちがいて,喜怒哀楽を分かち合いな
わたしは,どこで生きる?
がら人生を謳歌していた.
私には,水銀が流れても,流通の便がどん
その地には色々な過去がある.例え今が素
どん悪くなっても,ここまで自分の街を信頼
晴らしい場所でも,悲しい過去があるかもし
して生き抜ける場所があるだろうか?それと
れない.周辺に住みたいのなら,どんな過去
もできるのか?
でも背負っていけるだけの覚悟と,数名の仲
間を見つけておく必要があるのかもしれない.
力強く流れる阿賀野川,頼もしく伸びる田畑
の緑色,そして阿賀に浮かぶ木製の舟.そし
てその大きな原木を削る職人の技と目.
.
阿賀に生きる感想
早稲田大学大学院 飯沼伸二郎
この映画に出る阿賀の人たちの生き方を見て,
自然の強さを感じた.そしてその強さにあら
がうことなく,そんな自然の上で生きる人の
「阿賀に生きる」を鑑賞する前,映画の内
強さを感じた.
容を,新潟水俣病に苦しむ人々を描く重たい
つまり,阿賀に生き抜く人たちは阿賀の自
テーマのもの,と勝手に想像していた.とこ
然の強さを知りその強さを信じ阿賀に生きて
ろが,映画の中では,病気の後遺症はあるも
いて,わたしはまだ自然の強さを知り得てな
のの,前向きにたくましく生きる人々の姿が
いのだと思った.
現代の生活では自然の強さを回避するけれ
仲間とみた「阿賀に生きる」
ど,人の生きる強さも実感しづらい.自然に
東京大学 中村 晋一郎 (企画者)
なぞって生きれる生活を羨ましく思うととも
に,都市の中でもそれを感じることができる
2010 年 6 月の阿賀野川哲学塾でこの映画を
ような”公園”のポテンシャルをもっと活か
観終えたときに,私が最初に思ったことがあ
して,伝えていけるようになりたい,と個人
ります.それは「この映画を仲間と一緒に観
的に思うのでした.
たい」ということでした.
今回の上映会に参加したメンバーは全員
「GROUNDSCAPE DESIGN youth」(以下,GSDy)
無題
という,土木・建築分野の若手が集う団体に
東京大学大学院 金井ゆうた
所属しています.幸いなことに僕には多くの
友人がいますが,この映画を一緒に観たい,
今回,予備知識がほとんどないままでこの
いや観るべきだと最初に顔が浮かんだのがこ
「阿賀に生きる」という映画を見たので,正
の GSDy面々でした.それは,ここ数年の彼
直,予想していた内容とは大きく異なってい
らとの付き合いの中で,多くの議論の時間を
て驚きました.新潟水俣病の映画ということ
共有し,そして彼らを志を共にする「仲間」
だったので,もっと悲壮なものをイメージし
であると,僕が認識していたからかもしれま
ていたのですが,実際には,水俣病や,公害
せん.
という枠組みを超えて,「地域に生きる」と
「阿賀に生きる」の中には阿賀野川を中心
いうのはどういうことなのかを投げかけてく
とした多くの「仲間」が登場します.それは,
れた映画だと感じました.
旗野さん,長谷川さん,遠藤さんであって,
関東生まれ,関東育ちの自分は,東京から
彼らは阿賀野川を共有する仲間であり,そし
遠く離れた地方で暮らすということの実感が,
て水俣病に立ち向かう仲間であったと想像し
正直言って,リアルな感覚としてはつかみ切
ます.今回の上映会の参加者の多くが感想と
れていない部分があると思っています.今回
して述べた,水俣病という不安や悲しみを感
の「阿賀に生きる」は 20 年以上前の姿ですが,
じさせない登場人物の「明るさ」は, きっと
それを少なくとも垣間見る事ができたという
彼らに悲しみや苦悩を共有できる仲間がいた
意味で,とても貴重な経験となりました.阿
からこそありえた表情ではなかったでしょう
賀がその後どのような姿になっているのか,
か.
とても興味があります.
私が最も印象に残っているシーンに,加藤
のおじさんが,自宅で友人たちと飲み,そし
て皆が帰った静かな自宅で横になっている場
面があります.そこで加藤さんは,ぼそっと
こう言います.
「今日の酒はうまかった.仲間
がいてうまかった.
」この一言が,この映画に
感じる「明るさ」の理由ではないかと思うの
です.仲間がいる喜び,普段は意識しないこ
とですが,実はこのことが,人々の人生にお
以下は,新潟阿賀野市出身の島津翔君が上
いて何にも代えがたいものではないか.そし
映会開催前にメンバーへ送ったメールの文
て,この仲間の存在の認識が,私たちの前に
章です.
横たわる様々な世の中の問題解決の糸口にな
るのではないか.
ユースの皆さま
上映会の最後に,僕は参加者に向けて「こ
の映画は観るごとに新たな発見がある.だか
お疲れさまです.島津です.
ら,またどこかで観てほしい.
」と話させて頂
先日,中村さんから連絡があった「阿賀に生
きました.今回の上映会で私が見つけた新た
きる」の映画サロンについて,言いたいこと
な発見の一つは,この映画を一緒に観たいと
があって ML を使わせてもらいます.
思い,そして一つの問題に対して一緒に考え
ることのできる仲間がいるという事実だった
のかもしれません.
最後に,この映画を私に教えて下さった大
私の出身は,阿賀野川の下流部に位置する
新潟県阿賀野市です.
家族はもちろん,親戚や友人,恩師なども
熊先生はじめ阿賀野川哲学塾の皆様,そして
阿賀野川流域民として生活しています.
何よりこのような素晴らしい映画を世に送り
新潟に流れる信濃川と阿賀野川を,私は幼い
出して下さった佐藤監督をはじめとする映画
ころからライバルだと思ってきました.
関係者の皆様に,心よりお礼を申し上げます.
信濃川は河口部が新潟市中心部を流れ,新
潟市民から「阿賀野川を渡ると田舎になる」
と半ば小馬鹿にしたように言われたこともあ
ります.
それでも,信濃川より川幅が広く流れも遅
い阿賀野川は,本当に雄大に見えて,私はず
っと好きでした.福島-新潟の県境の山峡で
は,いまごろきっと紅葉が見事だと思います.
新潟水俣病を知ったのは,恥ずかしながら
ずっと後でした.
正確には思い出せませんが,恐らく小学校
高学年だったと思います.
もちろんその時に水銀が川に流れていたわ
けではありませんが,阿賀野川水系の川でい
つも魚釣りをしていた私は,正直ひどく困惑
したことを覚えています.
阿賀野市から上流に行くと,阿賀野川は本
当に綺麗です.川に深い緑が写り込んで何と
も言えない色を帯びて,よく見ないと流れて
いるか分からないくらいの水面は,ただただ
のある方はご一緒しましょう.
整理されていない文章で申し訳ありません.
静かに水を運んでいます.
その水を使って生活している上流部の流域
島津
拝
民も多い.みな,阿賀野川の恩恵を受けなが
ら生活しています.
その阿賀野川に水銀が流れたのを知って,
大袈裟ですが身が引き裂かれるような気持ち
になりました.
先日,機会があって阿賀野市から数十 km
ほどの位置にある水力発電所を見る機会があ
りました.
近くだと知っていたので,昭和電工の工場
も見てきました.
昭和電工の工場とは,廃液としてメチル水
銀を阿賀野川に排出した工場のことです.
工場はほとんどが廃墟になっていて,住民
の人に話を聞くと,稼動しているのは一棟だ
けだそうです.
周りの産業はキノコ栽培くらいでしょう.
少し歩いてみましたが,なんとなく昔より元
気がない気がしました.
それでも,阿賀野川だけは変わっていなか
った.本当に綺麗で雄大でした.そのコント
ラストがすごく不思議で,なんだか悲しかっ
た.
私は,「阿賀に生きる」を観たことがあり
ません.もちろんこの映画のことは知ってい
ましたが,その続編の「阿賀の記憶」ととも
に,観るのをためらっていたのかもしれませ
ん.
すごく貴重な機会なので,是非ユースの皆
さんとともに観たいと思っています.
きっと素晴らしいドキュメンタリーなんだ
と想像しています.
当日は忘年会もあるそうですので,お時間
以上.
ダウンロード

GROUNDSCAPE DESIGN youth 「阿賀に生きる」上映会 感想 「阿賀に