楽天銀行
【集金代行サービス】
&
サークル活動支援サービス
【 Ripends】
このサービスが楽天にもたらすもの
1.楽天銀行の口座開設数、預金残高がネットバンクの中でTOPになる
(3年以内を目標)
2.楽天グループ会員の増加
(現楽天グループ会員 < サークル活動メンバ)
3.楽天の流通高の増加
(個人ではなく、サークルとしての新規購入が期待できる)
4.楽天の広告売上げの増加
(サークル向けの広告は、ターゲティングしやすいので効果が高い)
5.楽天の社会貢献モデルのひとつになる
(社会に貢献しているサークルを支援する)
2
サービス概要
1
楽天銀行[集金代行サービス]の特徴
1.複数の人からのお金の集金業務を代行する。
支払方法は、あらゆる決済方法(クレジットカード,電子マネー等)を
提供する。
用途例)
・飲み会を開催する場合、事前にメンバから飲み代を集金したい
・フットサルで、施設代をメンバから集金したい
・代表でお見舞いに行くので、お見舞い費を集金したい
2.手数料
集金したい金額の合計に対して3%を手数料とする。
手数料を加えた金額を、メンバ数で分割して請求する。
メンバの支払は、楽天口座からの振込の場合のみ、追加手数料無し。
その他の振込については、それぞれのシステムの手数料を追加で、
メンバが支払う
3
サービス概要
2
楽天銀行のシステムフロー
送金者
受取者
楽天銀行
他銀行
その他
送金メール登録 手数料:無料
送金メール送信
送金フロー
手数料:無料
or
手数料発生(送金者負担)
請求メール登録
請求メール送信 (請求金額の合計の3%を手数料として加算。それを人数で分割)
手数料:無料
or
集金代行
フロー
他の銀行の口座から振込
手数料発生(送金者負担)
or
その他(クレジットカード、コンビニ、Edy、ペイジー等)
手数料発生(送金者負担)
4
サービス概要
3
サークル活動支援サービス【 Ripends】が提供する機能
1.サークル活動にかかるお金の管理機能
1.1 楽天銀行の集金代行機能を利用
・サークル用の口座も開設可(リーダの口座でも可)
・イベント毎の入金/集金の管理
・入金・出金の内容をメンバに公開可
2.サークルメンバ間でのコミュニケーション機能
2.1 出欠確認
3.サークル活動を盛上げる機能
3.1 マッチング機能の強化
・対戦相手、施設、インストラクターのマッチング
3.2.思い出作りの強化
・デジカメ、ビデオのレンタル、カメラマンの紹介
・WEB上での簡単編集機能、紙媒体(アルバム製本等)の製作&発送
3.3.イベントの強化
・合宿案内、大会案内
5
サービス概要
4
サークル活動支援サービス【 Ripends】の新規性
充実度
サークル活動に特化
した機能は提供されて
いない
高
サービス名
らくらく連絡網
mixi
中
出欠確認
掲示板
スケジュール
共有
【コミュニケーション機能】
集金機能 支払機能 収支明細
【お金の管理機能】
イベント支援
アルバム関連
機能
【盛上げる機能】
6
サービス展開
成功シナリオ
【楽天銀行の口座開設数、預金残高を日本のネットバンクTOPにする】
楽天銀行のサービスを会員数の多いサービスに利用してもらう。
(会員数が多いサービス=Repends)
Rependsの会員に、楽天銀行の口座を開設してもらう
楽天銀行の口座の預金を増やすように仕向ける
楽天銀行のサービスを一般公開する
楽天銀行のサービスは、超魅力的
7
サービス展開
phase1
楽天銀行は最低限の機能を提供
Repends
楽天銀行
口座数
phase2
楽天銀行に汎用的な機能を移行
Repends
楽天銀行
口座数
会員数
機能
機能
会員数
8
サービス展開
phase3
楽天銀行のサービスを公開
Repends
楽天銀行
機能
口座数
会員数
会員が流出し
ない仕組みも
必要
機能
XXXX
機能
会員数
9
サービス展開
最初からphase3でサービス展開しない理由
【致命的なリスクがある】
楽天銀行を利用してくれるサービスが少ない状態で、他銀行(イーバンク等
に同様のサービスを開発される
他銀行のサービスを、会員数が多いサービス(mixi,モバゲー等)が利用
楽天銀行のサービスは、魅力的でなくなる
10
さらなる展開
楽天銀行をあらゆる決済(楽天決済とする)の窓口にする。
楽天決済を利用する側(ショッピングサイト等)は、楽天決済と契約するだけで、
あらゆる決済を利用できるようになる
ユーザ
楽天銀行
決済サービス
ショッピングサイト等
決済サービスの利用契約
「支払を楽天銀行」で購入
請求依頼
請求メール
例1) クレジットカード支払を選択した場合
カード会社から引落し
振込
例2) Edy支払を選択した場合
Edyから引落し
振込
11
さらなる展開
楽天銀行と決済サービスとの間の手数料を減らすことができれば、かなりの高収入が期待できる
決済サービス
楽天銀行
クレジットカード
Edy(エディ)
Suica(スイカ)
PASMO(パスモ)
この間の
手数料を
安くする!
iD(アイディ)
Pay-easy(ペイジー)
コンビニ決済
12
さらなる展開
ユーザにとってのメリット
1.決済に関する情報が漏れない
ユーザが決済方法で何を選択しても、 ショッピングサイトとの支払いは、
全て楽天銀行とのやりとりになる。
またショッピングサイトとのやり取りに使う口座は、ユーザの口座ではなく、
ワンタイム口座を使用する
13
さらなる展開
楽天銀行に提供して欲しいAPI
1.振込用のワンタイム口座作成API
2.振込確認API
3.クレジットカード会社からの入金処理API
4.電子マネーからの入金処理API
5.楽天銀行の口座間の金額移動API
14
楽天銀行での支払の場合
15
他の銀行支払いの場合
16
クレジットカードの場合
17
電子マネーの場合
18
ダウンロード

楽天銀行