義務教育における統計教育
大阪産業大学経済学部
井出 満
学習指導要領における内容の変遷
• 昭和26年版(1951年):生活単元学習
• 昭和33年版(1958年):基礎学力の向上、科学技術教
育の充実
• 昭和42年版(1967年):数学や科学技術の進歩に対応
するための数学教育の現代化
• 昭和52年版(1977年):基礎基本の重視、内容の精選
• 平成元年版(1989年):個性重視、基礎基本の重視、創
造性・考える力・表現力の育成
• 平成10年版(1998年):ゆとりの生きる力、自ら学び、
自ら考える力
小学校算数科の学習指導要領の変遷①
S26年
S33年
S42年
S52年
H元年
H10年
ナシ
ナシ
ナシ
ナシ
ナシ
・実際の場で、
2 表やグラフを
年 作り読む
ナシ
・簡単な事柄
を整理し、表
やグラフに表
す
ナシ
ナシ
ナシ
・実際の場で、
2元表を用い
る
3
年 ・絵・棒グラフ
を作り読み比
較する
・概数を読む
・簡単な事柄を
集計整理、表
グラフに表す
・2元表・棒グラ
フを作り読む
・折れ線グラフ
を読む
1 ・○×でグラ
年 フを作る
・資料を表・グ
ラフで表す
・棒・折れ線
グラフを作り
読む
・資料を表やグラフで表し
読む(日時、場所など、観
点を決めて分類、整理す
る)
・棒グラフの読み方・書き
方を知る
小学校算数科の学習指導要領の変遷②
S26年
S33年
S42年
・落ちや重なり
の検討、表や
グラフを用い
る
・折れ線グラフ
の読み書き、
変化の様子
棒・折れ線グラ
フ
・集合を用いた
資料の整理、
落ちや重なり
の検討
・目的に応じた資料の整
理
・落ちや重なりの検討
・棒・折れ線グラフから
傾向・特徴を読む
・具体的な経験、 ・平均や延べ
を用いる能力
折れ線グラフ
の傾き(減少増 ・分布、資料
加)、変化の度 のちらばり・代
5 合いの理解
表値
年
・折れ線グラフ ・円・帯グラフ、
を読む能力
各種表グラフ
の特徴
・百分率と歩合
(割、歩合)を
知る
・資料のちらば
り、平均、度数
分布、区間、一
部からの全体
の傾向の推論
・円・帯グラフ
・目的に応じて資料を整
理し、円・帯グラフに表
す
(H10年:百分率)
・実際の場で、
2元表、絵・棒・
4 折れ線グラフ
年 が使える
・変化を読む
・目盛
S52年 H元年
H10年
小学校算数科の学習指導要領の変遷③
S26年
・実際の場
で、正方
形・帯・円
グラフを作
り読む能力
6
・百分率で
年
全体と各部
分、部分相
互の関係を
扱える能力
S33年
S42年
S52年
H元年
H10
・場合の数
を扱う能力
・目的に応
じた表・グラ
フを用いる
能力
・料金を早く
知る表・グラ
フを作り読
む能力
・数量的な
問題の処
理、百分率
を使える
・起こりうる
場合の数と
確からしさ
(確率)
・目的に応
じた表・グ
ラフを作り
使う
・資料のち
らばり、資
料を統計的
に考察し、
表現する
・度数分布、
一部から全
体の傾向
の推測
・目的に応
じ表・グラフ
の活用
・資料のちら
ばり、資料
を統計的に
考察し、表
現する
・度数分布、
一部から全
体の傾向の
推測、目的
に応じた表・
グラフの活
用
・起こり得る
場合を順序
よく整理
・平
均の
意味
を知
り、
使う
中学校数学科の学習指導要領の変遷
S26年
S33年
S42年
・新聞雑誌
1 の各種グラ
年 フを読み、
グラフに表
す
・目的に応じた
資料の整理
・自然・社
2 会現象の
年 比例関係を
つかみ、問
題を解決す
る
・多数回試行と
確率
3
年
S52年
H元年
H10
ナシ
・目的に応じ ・目的に応
た資料の整 じた資料
理
の整理
・統計的 ・統計的資料の ・多数回試
行と確率
資料の 整理
整理
・標本調査:標 ・標本調査
本と母集団
・多数回試
行と確率
・標本調査
ナシ
ナシ
中学校社会科教科書(T書院)に掲載されている統計図表の内訳
統計図表の内訳
地理
公民
歴史
8
11
2
円グラフ・面積グラフ
17
2
0
棒グラフ(人口ピラミッドを含む)
48
34
12
折れ線グラフ
26
22
7
帯グラフ
39
59
5
円グラフとパイグラフ
79
29
3
統計地図
72
8
16
0
2
0
289
167
45
2元表
その他
計
全国統計教育研究協議会
•
•
•
•
昭和22年(1947) 統計協力校
昭和24年(1949) 調査統計研究校
昭和27年(1952) 統計教育研究校
昭和30年(1955) 第1回全国統計教育研究大会の開催
(以後毎年開催)
• 昭和37年(1962) 全国統計教育振興協議会の設立
• 昭和47年(1972) 全国統計教育研究協議会(全統研)の
発足
現在の全統研の現状:25都府県の統計教育研究協議会・
650名の会員
義務教育における統計教育の将来
統計的探求力の育成
とらえる-あつめるーまとめる-よみとる-いかす
義務教育における統計教育に関する実践事例の収集と
その周知徹底
昭和16年8月に第50回全国統計教育研究大会の開催
義務教育を含めた統計教育に関心を持つ組織の団結
組織の団結について
団結した組織の役割
学校教育における統計教育のあり方に関する研究
実践に役立つ教材などの開発・作成
文部科学省に教育課程および学習指導要領の改訂
の申し入れ etc.
考えられる団結する組織
総務省統計局
日本統計学会・統計教育委員会
(財)日本統計協会
(財)全国統計協会連合会
(財)統計情報研究開発センター
(社)日本数学教育学会 etc.
ダウンロード

Document