日本語教育学会SIG
ビジネス日本語研究会
第7回研究会
1
第7回ビジネス日本語研究会
2012.6.8
研究会の活動⇒会の規約
(目的)
本研究会は、「ビジネス日本語(企業での業務活動/い
わゆるビジネスを始め、さまざまな仕事の現場で必
要とされる日本語力)」の理念の構築と教育方法論
の研究を行い、それに基づいて教育内容体系・教材
例・教育方法例を提起することによって、日本語学
習者を支援しながら、国内外の社会における日本語
教育・日本語表現教育の質的向上に貢献することを
目的とする。加えて、日本語教育関係者・学習者、
企業、行政等のネットワークづくりを構築することを
目的とする。
2
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
本日のスケジュール
テーマ: これからのビジネス日本語教育
―授業実践と課題の整理を踏まえて―
18:00-18:15 総会
 18:15-19:00 ポスター発表
発表1: 大手電機メーカーのグローバル人材社員に対する日
本語研修の紹介
発表2: Hands-on Businessクラス -ビジネス場面に対応する
日本語力育成の試み-
 19:00-20:30 これからのビジネス日本語教育:
課題提起:堀井惠子、春原憲一郎、奥田純子、神吉宇一、品
田潤子、近藤彩 ディスカッション:参加者全員で

3
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
平成24(2012)年度総会
 1.平成23年度決算報告
(会計監査報告)
 2.平成23年度活動報告
 3.平成24年度予算案
 4.平成24年度活動案
4
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
18:15-19:00
ポスター発表

発表1: 大手電機メーカーのグローバル人材
社員に対する日本語研修の紹介 武田 聡
子・長崎 清美・伊藤 麻友子・小山 暁子(NPO
法人 日本語教育研究所)

発表2: Hands-on Businessクラス -ビジネス場
面に対応する日本語力育成の試み- 内海美
也子・枝松大介・大津修 (公益社団法人国際
日本語普及協会)
5
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
19:00-20:30
これからのビジネス日本語教育:
課題提起・ディスカッション
課題提起:堀井惠子・神吉宇一・品田潤子
奥田純子・近藤彩 ・春原憲一郎
ディスカッション:参加者全員
6
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
5分間課題提起挑戦コーナー
1.堀井惠子:最近の背景の中の?
人材育成のための言語教育……グローバル人材・多文化
共生社会
2.神吉宇一:「グローバル人材」とは: 「日本語の問題」にしな
いために
3.品田潤子:ビジネスコミュニケーション教育市場の開拓
4.奥田純子:日本人材へのビジネス日本語教育を!
5.近藤彩:日本語教師は学習者のビジネス課題をわかって
いるか?
6.春原憲一郎:労働と言語
7
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
課題提起1:堀井惠子(武蔵野大学大学院)
人材育成のための言語教育実践における課題
キーワード:グローバル人材・多文化共生社会
最近の背景の中での??(課題)
政策:グローバル人材育成:留学生⇒日本人学生 PBL?
予算はどこに? 育成方法?多文化共生社会の構築は?
企業:円高など⇒拠点海外移転⇒G人材ニーズ
*英語人材/日本語人材、外国人材/日本人材⇒英語ので
きる日本人?企業内研修は?
大学・日本語教育機関:留学生数?教育の目指すもの?
グローバルコミュニケーション学部・・・英語??
8
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
人材育成のための言語教育実践における課題
企業のニーズ(G人材)←調査より
⇒①コミュニケーション能力+②問題発見解決能力
+③異文化調整能力
 たとえば・・大学教育実践の中で AJ⇒BJ
*ゼミ⇒論文作成の中で:テーマを掘り起こし、情報を収
集し、考察し、仲間と意見交換し、論理的説得力のある
文書にまとめ、PPTによるプレゼンをする(学部2年~4年)
⇒②+①
+ゼミの中には留学生も多い+③ ⇒内定獲得
*コンテンツはさまざまに可能(どの分野のゼミでも可能)
課題:このような枠組みで授業実践する教師

9
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
BJ教育実践における課題
企業のニーズ(G人材)←調査より
⇒①コミュニケーション能力+②問題発見解決能力
+③異文化調整能力

留学生・海外日本語学習者対象のBJ教育
たとえば:アジア人財PBLで企画書を作りプレゼン
⇒情報収集力,情報分析力,チームワーク力,企画力,
異文化調整力,各種文書作成力,情報発信力
⇒①+②+③
課題1:教授法・教材、教師の役割のパラダイムシフト
課題2:外国人留学生の雇用機会⇔日本人BPの意識
10
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
課題提起2 神吉宇一
グローバル人材とは

外国人
外国語ができる
海外経験がある
グローバルな場で活躍できる

グローバル人材を日本/個別企業に定着させたい



日本語の問題か



わかりましたと言ってるけどわかってない,日本語ができ
ないから
まったく日本語ができなくて仕事に支障をきたしているの
で研修をしてほしい
→中級後半レベルだった・・・
日本語の問題とそうでない問題を切り離して考える必要
があるのかないのか
課題提起3:品田潤子

異業種交流会で耳にしたこと
外国人? 雇ってますよ。
やる気があって頭がいい
から…。
社内コミュニケーション
とか、他社の取り組み、
知りたいですよ…。
起業家育成専門の
大学院ができたそうです
ねえ。
同じ研修、ラオスで
やってほしいって
言われててさ。
何かごいっしょに
できそうですねえ。
13
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
課題提起3:品田潤子

ビジネスコミュニケーション教育市場の開拓
わが業界のSWOT分析
14
強み
弱み
機会
脅威
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
課題提起:奥田
日本人材へのビジネス日本語教育を!

人・組織の国際移動:バウンダリーレス
国際労働移動としてのグローバル化
企業のサバイバルとしてのグローバル化

働くヒト環境が、異種混交となる
日本語力=思考力=職務能力=人格 ではない
異種混交(多様性)の中でやっていくには


組織の調整・変革とComm.の質の意識が必要
多文化コミュニケーションは「働くみんなの関心事」
2012©OKUDA COMMUNICA INSTITUTE
課題提起:奥田
日本人材へのビジネス日本語教育を!

必要条件は?
日本サイドの
異言語コミュニケーションの意識
コミュニケーションの質の意識
⇒コミュニケーションはジョイントベンチャー
意味(意図)の共同創造
イノベーションの可能性
2012©OKUDA COMMUNICA INSTITUTE
16
課題提起:奥田
日本人材へのビジネス日本語教育を!

十分条件は?
●組織の言語環境の整備
事例:「社内文書」、「ジョブ・ディスクリプション」
バリア・フリーは誰にとっても使い勝手が良い
●日本人のコミュニケーション調整力
マインドセットの調整
言語調整スキル:やり取りの意識化・見直し
「一応、ざっと目をとおしておいて」
「資料よろしく、急いでないから」 「任せるから」
必要十分条件を満たすために何から始めるか?
日本人材へのビジネス日本語教育
2012©OKUDA COMMUNICA INSTITUTE
日本語教師は学習者のビジネス課題を
理解しているか?
近藤彩
日本語教師の仕事とは?
学習者にとって日本語とは?
手段として、道具としての日本語へ
人事担当者:「日本語はうまいが仕事ができない」
↓
職場の行動に注目する
学習者の行動に着目できるか?
日々の課題は?
→課題達成のプロセス
何ができな
いといけな
いのか?
どんなことに困っている?
→問題解決のプロセス
新たな学習活動デザインを!
マイノリ
ティー!
研究もやってみましょう
日本語教育学会
調査研究推進委員会より
日本語教育世界大会 2012
【研究でつながる広場】In 名古屋
8月19日(日): 科研や共同研究に興味がある人への
サポートを致します。(要予約)
http://www.nkg.or.jp/icjle2012/index.html
は
る
は
ら
け
ん
い
ち
ら
う
21
労
働
と
言
語
ビヂネス日本語研究会
2012/06/08
24
自立
由岩
の真
平也
等
二
『
ー
〇簡
〇単
四で
岩別
波な
書姿
店の
世
界
』
22
「
だとれをし
ろもか語ば
う大らっら
」 き何て
く
き
な十 私
た
主年 た
の
題か ち
だ
のは は
が
労
一
消
、
つ働と費
とがく社
なもに
会
るっこ
ビヂネス日本語研究会
2012/06/08
…
主労「
題働こ
とのう
し分し
て割て
あも労
るお働
。
もの
」
24
し分
ろ配
い・
23
ビヂネス日本語研究会
2012/06/08
言
語
資
本
の
分
有
24
⇔
ビヂネス日本語研究会
労
働
の
分
有
2012/06/08
⇒
⇒
25
教
育
資
源
の
発
掘
⇒
慎
ま
し
い
語
学
教
師
の
立
場
学労
習働
環現
境場
の・
実労
現働
者
間
で
の
ビヂネス日本語研究会
言
語
・
文
化
資
本
の
分
有
2012/06/08
19:30-20:30
ディスカッション
ご所属・お名前
発言はシンプルに・・・
26
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
次回研究会 11月10日(土)
@APU立命館アジア太平洋大学(別府)
ワークショップなど
HP:http://www3.grips.ac.jp/~BusinessJapa
nese/index.html
27
第7回ビジネス日本語研究会 2012.6.8
ダウンロード

資料参照 - ビジネス日本語研究会 第12回研究会