日韓2大純愛作品の比較
Group4
今熊・下釜・梶尾・中間庭・濱田
• ほぼ同時期に日本でブームとなった韓国「冬のソナ
タ」と日本「世界の中心で愛をさけぶ」
• 「純愛」をテーマにしたこの2作品を比較し、ブームの
背景を探る。
• 近年めまぐるしい日韓の文化交流。その歴史と両国
の市民感情について
• 2作品に共通して見られるメディア形態を変化させた
マルチユースについて。(映画、ドラマ、小説、コミッ
ク)
日本での冬ソナブームによる利益
○公営放送KBSテレビ(韓国放送公社)
日本での総売上げ規模 500億ウォン(約50億円)
→ドラマ放映権 4億5000万ウォン
→DVD売上 340億ウォン(1セット3万4000円 10
万個)
→オリジナルサウンドトラック 55億ウォン(20万
枚)
→小説『冬のソナタ』訳書 84億ウォン(56万冊)
日本で、海外ドラマの原作となった小説が50万冊
以上売れたのは非常に異例のこと。
○フォード
米国車フォードのエクスプロー
ラー(ヨン様の愛車) 日本国内で
の販売台数が前月の2倍 136
台(1台395万~465万)
○大塚製薬
ぺ・ヨンジュンのCM起用により、
オロナミンC ドリンクの7月売上
高が前年度と比べ30パーセント
増加。
今年の売上高が9年ぶりに前
年実績を上回ると予想。
○観光客数
6月までに韓国を訪れた日本人観光客数
今年度上半期 63万8000人
前年度上半期 49万6000人(28.6%増)
2004年4月の放送開始後、5,6月の間
36万9000人
前年度 15万8000人(2倍以上増)
○視聴率
全20話平均視聴率
関東地区 14.4%
関西地区 16.4%
名古屋
13.9%
8月21日放送の最終回視聴率
関東地区 20.6%
関西地区 23.8%
名古屋
22.5%
※深夜の時間帯に放送されたドラマとしては異例の高視聴
率
大河ドラマ『新撰組!』の平均視聴率17.7%と比較しても驚
異的な高さ
○NHK
『冬のソナタ』関連のDVDや小
説の販売だけで約35億円の
収入
→テレビ講座
※英語講座を除いた過去最
も多く印刷されたNHKの外国
語講座の教材は、中国語の
15万部印刷だった。
今回、ハングル講座の教材
は売切れ事態発生のため20
万部印刷。
日韓文化交流の歴史
韓国では植民地支配を受けた背景
から、日本の映画の上映、歌謡曲
の販売、公演などが禁止されてき
た。
しかし、99年からの金大中大統領
政権下での段階的な解放措置と、
日韓友好の姿勢により次第に緩和
され、02年の日韓共同でのW杯主
催により、多くの韓国人が日本に興
味を持つようになってきている。
○日本における韓国
ブーム
・「シュリ」「JSA」などの
韓国映画や、「フレン
ズ」「冬ソナ」などのドラ
マ、料理などが98年頃
からブームに。
・日本人の海外旅行
先が99年にはハワイ
を抜いて韓国が一位に。
・・・・W杯で一気に加
熱?
○韓国のポピュラーカルチャー
・日本のカバー曲が人気。尾崎豊の「I LOVE YOU」が50万
枚を超えるヒットを記録。(日本との人口比率を考えると大
ヒットと言える)
・韓国自体のストリートミュージックなどは非常にアメリカ的
なもの。
・国策によりインターネットの普及率が非常に高い。(安い
料金、コンピュータを扱うことはよい事だとする親の意識など
により、アメリカ・日本よりも高い普及率)
• 中間発表はここで終わりです。
• 今後は、韓国における日本ブームでの収益・
「世界の中心で愛をさけぶ」についても利益な
どを調べる。
• 2作品の物語分析をし、「純愛」の物語パター
ンを例示する。
• 2作品に共通して見られる、「メディア形態を
変化させてマルチユース?について。
ダウンロード

日韓2大純愛作品の比較