耐熱改良オレフィン系シール材
CP-3SHR(開発品)ご紹介
2013年 2月 4日
㈱イノアックコーポレーション
グローバル技術開発本部
オレフィンG
耐熱寸法変化
試験方法
JIS K 6767 熱的安定性B法に基づき70℃~100℃での寸法変化を測定した。
縦方向
現行
CP-3S
耐熱改良
CP-3SHR
70℃
80℃
90℃
100℃
-1.3%
-4.2%
-13.6%
-34.3%
-1.0%
%
-1.7%
-3.5%
-9.1%
横方向
現行
CP-3S
耐熱改良
CP-3SHR
70℃
80℃
90℃
100℃
-1.5%
-2.9%
-9.8%
-28.3%
-0.6%
-1.3%
-3.1%
-7.9%
耐熱改良品はCP-3Sよりも熱による収縮が改良されています。
水シール性
圧縮率
50%
耐熱改良
EPDM連泡
CP-3SHR
○
×
60%
○
×
70%
○
○
80%
90%
○
○
○
○
<条件>
片面セル&皮面粘着付き
○:24時間漏れなし
水シール性 良好
×:24時間以内に漏れ
一般物性
項目
単位
現行
CP-3S
耐熱改良
CP-3SHR
見掛け密度
Kg/m3
29
29
L
0.23
0.20
W
0.19
0.18
L
160
60
210
80
8.5
11.9
L
-1.9
-1.0
W
-1.1
-0.6
引張り強さ
伸び
MPa
%
圧縮応力-ひずみ
50%
熱的安定性
B法
W
kPa
%
JIS K 6767準拠
上記データは代表値であり、保証値ではありません
ダウンロード

耐熱改良オレフィン系シール材 CP-3HR(試作品)ご紹介