漫画・小説に描かれたインターセックス
筑波大学大学院 人間総合科学研究科 障害科学専攻 野田晃生
インターセックスとは
・医学的に男女の区別がつけられない性
・IS、半陰陽等とも呼ばれる
・男女両方の器官(精巣と卵巣等)を持つ、見か
けの性別と実際の性別が違う等
・性同一性障害とは異なる
・社会での認知が低く、理解されていない
本発表では
1.新井祥(2005) 性別が、ない!
・半陰陽(インターセックス)当事者である、漫画
家・新井祥
・かつては女性、現在は男性として生活
・自らを「性のアウトロー」と自称する
・インターセックスの他に、ゲイ・レズビアンにつ
いても描写
・セクシャリティーをテーマにしたコミカルな描写
を特徴とする
・インターセックスが漫画・小説において、どのよ
うに描かれているかを考察する
・インターセックスが描かれた作品
1.新井祥(2005) 性別が、ない! ぶんか社
2.帚木蓬生(2008) インターセックス 集英社
3.六花チヨ(2003) IS~男でも女でもない性~講談社
の3作品を分析・考察する。
2.帚木蓬生(2008) インターセックス
3.六花チヨ(2003) IS~男でも女でもない性~
・性差治療(インターセックス・性同一性障害)の
治療をテーマとするサスペンス
・本作品で描かれる内容
・インターセックスの症状、治療方法についての
説明
・インターセックスは治療するべきか?
2つの考え方
(1)早期に男女を決め、手術するべき
=社会に適応するため
(2)インターセックスとして生きる
=「人は男女である前に人間である」
=本人の意思を尊重する
・本作品が訴えること
・世の中には男か女しかいないのか?
=インターセックスも認めるべき
・インターセックスの主人公を描くストーリー
・インターセックスであることの苦悩
=「自分は男か?女か?インターセックスか?」
・インターセックスとしての生き方
=周囲の無理解・偏見
=少しずつではあるが、周囲の理解
・インターセックスの感情・恋愛
=男としての恋愛?女としての恋愛?
本発表から見えてくるもの
1.3つの作品によって、従来はあまり知られていなかった、インターセックスが解説されている。
2. インターセックスが、作品を通して理解されるきっかけとなっている。
3.インターセックスだけをテーマとするのではなく、コメディ、サスペンス、恋愛の要素も含まれている。
ダウンロード

Document