日本語
プレゼンテーション
の作成
パリ第7大学 LCAO
中村
1
弥生
はじめに
2

プレゼンテーション

限られた時間内で複雑な内容もわかりやすく
(=プレゼン)
•
スライドを用いたプレゼンテーション
•
その他マルチメディア機器の活用
発表の流れ
3

スライド作成ツールいろいろ

プレゼンの構成

準備

スライドの日本語

その他の注意点

まとめ
プレゼン作成ツール
 アプリケーション




4
Power Point (Microsoft Office)
Keynote (Apple)
Impress (OpenOffice)
LaTeX
 オンラインWebツール




Office Web Apps (Microsoft Office)
http://office.microsoft.com/ja-jp/web-apps/
Google ドキュメント
https://docs.google.com/
Zoho Show
https://show.zoho.com/
Prezi
http://prezi.com/index/
プレゼンの構成

表紙
•
•
•
5

タイトル
著者名(発表者表示)
所属
はじめに
•
発表の目的、概要

発表の流れ(プラン)

本文

まとめ
準備

発表時間を考慮しスライド数を概算

プランを決める
例)村上春樹
6
•人物紹介
•作品
•海外・フランスにおける村上評価
•作品Xについて

各章ごとのスライド数を計算

内容を膨らませていく順序
スライドの日本語

なるべく短く
•
•
•
7
箇条書き
体言止め
図式化 ⇒ 矢印の使用

行数を少なく

大きな文字で
説明は口頭で!
比べてみよう
8
1
べた書き
箇条書き
『文体練習』(ぶんたいれんしゅ
『文体練習』
う)はフランス人の作家・レーモ
実験的な文学作品
ン・クノーが1947年に発表した実
著者:レーモン・クノー(仏)
験的な文学作品である。「バスの
中で見かけた乗客を罵倒する若者
を、2時間後に別の場所でもう一度
1947年発表
「バスの中で見かけた乗客を罵
見かける」という短い話を99通り
倒する若者を、2時間後に別の場所
でもう一度見かける」
の記述方法で表現する。
99通りの記述方法で表現
その他の注意点

ページ番号をつけよう
•
質問をするとき「xxページの〜についてですが、・・・」と言える
•
ハンドアウト(資料)を配布した場合にも、対応がつけられる

図や表を使おう

アニメーションを有効利用
•
手順、強調
9
比べてみよう
10
2
ことばのみ
図・アニメーションの活用
日本語文における節の検出
Détection des propositions
1.活用語の認定
Repérage des mots variables
2.依存要素の認定
Repérage des éléments dépendants
3.節の認定
Reconnaissance des propositions
7
3
0
現在
genzai
actuel
N
設けて いる
私立大学が
、
1
môketeiru
installer [état]
shiritsu daigaku ga
privé - université - [ga]
2
多く の
国公立、
ôku no
grand nombre - de
kokkôritsu
national et publique
N–P
N
V
6
N – N – PC
公開講座を
kôkaikôza wo
cours ouverts - [wo]
5
N – PC
受講でき る
4
社会人で も
shakaijin demo
personnes travaillant - même
N–P
jukôdekiru
pouvoir assister
V
大切なポイントを強調する

下線を引いて重要な部分を強調

色をつける

コントラストが弱いとあまりめだたない
大きく

文字を

など
する
*このページのように強調しすぎると
どこを強調したいのか分からないから注意!
11
技術的な注意点

ツールのバージョンによるレイアウト
のズレ
12

日本語フォントの問題
PDFファイルに変換
注意!アニメーションは無効
まとめ

わかりやすいプレゼンになるようにプラン
をじっくり考える
13


効果的に視覚に訴えるスライドを作る
•
説明は口頭で
•
文字を少なく
•
図の多用
制限時間厳守!
ご清聴ありがとう
ございました
Merci pour votre attention
14
15
参考文献

リスト

・・・
16
準備からプレゼンまで

原稿下書き(スライド+原稿):10月24日 希望者のみ

プレゼン本番(全4回:11月21、28日、12月5、12日)

17
•
スライド+原稿:11月21日 全員提出
•
当日:スライドファイル(USBキー、PPT/PDF)またはコンピューター持参
「スライド+原稿」の作り方
•
印刷オプション
1. スライド+ノート
2. 配布資料(ドキュメント)
18
Projet EDyLex
Named entity extraction for ontology enrichment
✓
Yayoi Nakamura-Delloye
✓
ALPAGE, Institut National de Recher che en Informatique et en Automatique (INRIA) &
Univ Paris Diderot, Sorbonne Paris Cit
1
2
フ ラ ンス国立情報学自動制御研究所の中村で す。
人間の知識に関する データ の構築は、 近年、 様々な分野において関心が高ま っ ており ま すが、 自然言語処
本日は、 オン ト ロ ジー拡充のための固有表現抽出手法を 提案いたし ま す。
理の分野も その例外ではあり ま せん。 特に自然言語処理は、 そう いっ た知識データ の活用と 構築の両面で関わっ て いま す。
今日は、 知識情報データ の一つである オン ト ロ ジ ー拡充のための自然言語処理技術によ る 知識発見に関す
る 研究、
特にその中でも 固有表現の抽出に関する 研究を ご 紹介し ま す。
今日提案する 手法では、 固有表現間の意味関係パタ ーン を 活用し ま す。
固有表現と は、 固有名詞を 含む機関名、 人名、 地名など を 表す名詞句全般を 指し 、 こ れら の間に、 例えば
人名と 機関名の間には所属関係、 役職と いっ た意味関係が存在し ま す。
今日は、 こ のよ う な意味関係抽出で得ら れたパタ ーン を 活用し 、 固有表現を 抽出する 手法を 提案し ま す。
Projet EDyLex
②
①
AFP dispatches
Parsing
Acquisition of
relations and
relation patterns
Parsed Corpora
④
③
Relation
patterns
(syntactic
paths)
Instances of the r elation
NE pairs
...
François Bayrou (individual) - MoDem (organization)
Matine Aubry (individual) - PS(organization)
...
Resource
3
今回の発表はご 覧のプ ラ ン に則り 行いま す。
4
我々の研究チームで は、 Scribo、 EDyLexと いう 2 つのプ ロ ジェ ク ト を 通し て知識、 言語資源構築のための
様々な研究が行われていま す。
ま たこ れら の研究の応用によ り 、 プ ロ ジェ ク ト パート ナーである フ ラ ンス通信社AFPにおいて、 ニュ ース
記事編集支援のためのオン ト ロ ジ ーの構築が行われていま す。
こ のよ う な 背景のなか、 ま ずオン ト ロ ジ ー拡充のため固有表現間の意味関係自動抽出の研究が行われま し
た。
意味関係の抽出は、 構文情報を 利用する ために構文解析を 施し たコ ーパスを 用いて行いま し た。
スライド+ノート
19
配布資料
または
ドキュメント
添削希望者
提出期限:
10月24日
プランニング
20
1
9月19日
2
9月26日
3
10月3日
4
10月10日
5
10月17日
6
10月24日
スライド+原稿下書き提出
10月31日
Semaine de lecture
7
11月7日
プレゼンプランニング
8
11月14日
9
11月21日
スライド+原稿提出
10
11月28日
プレゼン2(6人)
11
12月5日
プレゼン3(6人)
12
12月12日
プレゼン4(6人)
ディベート(?)
希望者のみ
プレゼン1(6人)
ダウンロード

PPT