教育課程研究集会資料
新学習指導要領の手引
(図画工作科)
徳島県立総合教育センター
手引の構成
Ⅰ 改訂の趣旨
1 改善の基本方針 2 改善の具体的事項
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について 2 内容について
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について 2 内容について
Ⅳ指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の留意点
2 第2の各学年の内容の取扱い
Ⅴ 移行期間中の取扱い
Ⅵ Q&A
Ⅱ 改訂の要点
1 目標について
1. 教科の目標
表現及び鑑賞の活動を通して,感性を働か
せながら,つくりだす喜びを味わうようにする
とともに,造形的な創造活動の基礎的な能力
を培い,豊かな情操を養う。
基本の理念は変わらない
具体的な手だてが変わった
1 目標について
Ⅲ 具体的な改善事項
1. 教科の目標
解説 7p
児童自身に本来備わっている資質や能力を一層伸ばし,「感性
を働かせながら」,「つくりだす喜びを味わうようにする」とともに,
「造形的な創造活動の基礎的な能力」を育成することを一層重
視する。
・・・,感性を働かせながら,つくりだす喜び・・・
「感性」とは,様々な対象や事象を心に感じ取る働きであ
るとともに,知性と一体化して創造性をはぐくむ重要なも
のである。
幼稚園
:感覚
小学校
:感じ取る働き
中学校
:感じ取る力
発達の特性を重視
(各学年の目標及び内容)
感覚・体(幼児・低学年)
他者・自分(中学年)
社会・文化(高学年・中学生)
表現や鑑賞の活動の際,働く意識
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
・・・,つくりだす喜びを味わうようにするとともに,・・・
「つくりだす喜びを味わうようにする」とは,感性を働かせなが
ら作品などをつくったり見たりすることそのものが喜びであり,
楽しいことを示している。
・・・,造形的な基礎的な能力を培い,・・・
「造形的な基礎的な能力」とは,発想や構想,創造的な技能,
鑑賞などの能力である。
生活や社会と主体的にかかわる態度を育て,豊かな情操を
養う観点に立つ。
・・・,豊かな情操を養う。
「情操」とは,美しいものや優れたものに接して感動する,情
感豊かな心をいい,情緒などに比べて更に複雑な感情を指
すもの。
Ⅱ 改訂の要点
解説 5p
2 内容について
(1) 表現領域の内容構成の充実
「A表現」の内容を「(1) 材料を基に造形遊びをする活動を通
して,次の事項を指導する。(2) 表したいことを絵や立体,工
作に表す活動を通して,次の事項を指導する。」とし,内容を
発想や構想の能力と創造的な技能の観点から整理する。
(2) 鑑賞領域の内容構成の改善
「B鑑賞」を「(1) 作品などを鑑賞する活動を通して,次の事項
を指導する。」として,鑑賞の能力や言語活動の観点から整
理して示す。
(3) 〔共通事項〕の新設
表現及び鑑賞の各活動において,共通に必要となる資質や
能力を〔共通事項〕として示す。
Ⅱ 改訂の要点
2 内容について
(4) 言語力の育成
「B鑑賞」の各学年の内容に「話したり,聞いたりする」,「話
し合ったりする」などの学習活動を位置付け,言語力の育成
に配慮する。
(5) 材料や用具の取扱いや鑑賞指導における
美術館等との連携
・内容の取扱いに,各学年で取り扱う材料や用具を,手などを
十分に働かせるなどの指導の配慮事項とともに示す。
・鑑賞については,児童や学校の実態に応じて,美術館などを
利用したり,連携を図ったりすることなどに配慮する。
Ⅲ 具体的な改善事項
解説 9p
1 目標について
2. 学年の目標
目標(1):関心や意欲,態度に関する目標
目標(2):表現に関する目標
目標(3):鑑賞に関する目標
・(1)~(3)の示し方を,資質や能力を重視する観点から整理した。
・三つの学年目標の関係は,(1)が(2)(3)を支え,(2)(3)が互いに働き
あう関係を示している。
・目標の実現に当たっては,それぞれを相互に関連させながら,児
童の資質や能力の育成を図る必要がある。
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
(1)は,造形への関心や意欲,態度に関する目標
・進んで表したり見たりする態度を育て,つくりだ
す喜びを味わう。(低学年)
・進んで表現や鑑賞をする態度を育て,つくりだ
す喜びを味わう。(中学年)
・創造的に表現や鑑賞をする態度を育て,つくり
だす喜びを味わう。(高学年)
・発達の特性を考慮して構成している
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
(2)は,発想や構想の能力,創造的な技能に関す
る目標
・豊かな発想をし,体全体の感覚や技能などを
働かせる。(低学年)
・豊かな発想をし,手や体全体を十分に働かせ,
表し方を工夫する。(中学年)
・想像力を働かせて発想や構想をし,様々な表
し方を工夫する。(高学年)
・発達の特性を考慮して構成している
Ⅲ 具体的な改善事項
1 目標について
2. 学年の目標
(3)は鑑賞の能力に関する目標
・身の回りの作品などから,面白さや楽しさを感
じ取る。(低学年)
・身近にある作品などから,よさや面白さを感じ
取る。(中学年)
・親しみのある作品などから,よさや美しさを感
じ取る。(高学年)
・発達の特性を考慮して構成している
よさや美しさ
Q:どうして高学年だけ「美しさ」なのか。
A:文化や社会が反映され,意識される。美しさには社会的価値
基準が入り込んでいるから。
Ⅲ 具体的な改善事項
各学年の項目は,次の事項を示している。
2 内容について
解説 10p
「A表現」
ア 表現の始まりにおける発想や構想の能力と活動
の概要
イ 表現の過程における発想や構想の能力と活動の
方法
ウ 創造的な技能
「B鑑賞」
ア 鑑賞の能力と活動の概要
イ 鑑賞の能力と活動の方法
2 内容について
Ⅲ 具体的な改善事項
小学校の内容
「A表現」
ア
イ 発想・構想の能力
中学校の内容
「A表現」
感じ考えたことが基
(1) 発想・構想
目的・機能を考え,
(2) 発想・構想
ウ
創造的な技能
「B鑑賞」
(1)
(3) 創造的な技能
「B鑑賞」
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
〔共通事項〕について
• 〔共通事項〕は,自分の感覚や活動を通して形や色などをと
らえること,及び,自分のイメージをもつことを示している。
• 資質や能力を育成し,表現や鑑賞の能力を高めることをねら
いとして設けたものであり,すべての学習活動において共通
に指導する事項である。
• [共通事項]の示す内容は,対象に対して感性を働かせる児
童の具体的な姿であり,形や色,イメージなどを言葉のよう
に使いながら生活や社会と豊かにかかわるコミュニケーショ
ン能力の基盤になるものと言える。
題材を「きつねうどん」に例え
ると,うどんや油揚げ,ねぎな
どの食材は指導事項にあたる。
〔共通事項〕は,料理に含まれる
タンパク質やビタミンなどの栄養
素ととらえる。
解説 12・13p
A表現
B鑑賞
(1)ア
イ
ウ
(2)ア
イ
ウ
「共通事項は,学習を通して指導する」は,
大きなポイントであり,共通事項だけを取
り出して題材はつくれない。
(1)ア
イ
〔共通事項〕
ア
形・色
イ
イメージ
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
「A表現」(1)造形遊び
低学年 材料を基に造形遊びをする活動を通し
て,次の事項を指導する。
中学年 材料や場所などを基に造形・・・・・。
高学年 材料や場所などの特徴を基に造形・。
ア 表現の始まりにおける発想や構想の能力
<基にする対象と発想・構想の能力>
低学年 身近な自然物や人工の材料の形や色など,思い付いて
中学年 身近な材料や場所,発想して
高学年 材料や場所などの特徴,発想し想像力を働かせて
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
「A表現」(1) 造形遊び
イ 表現の過程における発想や構想の能力
<過程の活動>
低学年 感覚や気持ちを活かしながら・・・
中学年 ・・・みんなで話し合ったり考えたりしながら・・
高学年 ・・・構成したり周囲の様子を考え合わせたりしながら・・・
ウ 創造的な技能
<指導する活動>
「~しながら」は,過程を示し,つくり,つくりかえ,
つくり続けるといった連続的な過程を重視してい
る。
低学年 並べたり,つないだり,積んだりなど体全体を働かせて・・・
中学年 ・・・組み合わせたり,切ってつないだり,形をかえたり・・
高学年 ・・・総合的に生かして・・・
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
「A表現」(2) 絵や立体,工作に表す活動
低学年: 感じたことや想像したことを絵や立体に表す活
動を通して,次の事項を指導する。
中学年: 感じたことや想像したこと,見たことを・・・・。
高学年: 感じたことや想像したこと,見たこと,伝え合い
たいことを・・・。
・(2)に示した対象について,「感じたこと,想像したこと」+「見たこ
と」+「伝え合いたいこと」と,発達の特性に配慮している。
・(2)のイに見られる「話し合ったり考えたりしながら~」の「ながら」
は,過程を示し,つくり,つくりかえ,つくり続けるといった連続的
な過程を重視している。
・現行の(2)1・2年生,3・4年生「つくりたいものをつくったりする」が,
改訂後は全学年について「工作に表す活動」になった。
Ⅲ 具体的な改善事項
2 内容について
「B鑑賞」(1)
低学年(1) 身の回りの作品などを鑑賞する活動
を通して,次の事項を指導する。
中学年(1)身近にある作品などを鑑賞・・。
高学年(1) 親しみのある作品などを鑑賞・・。
ア鑑賞の能力,活動の対象や活動の概要
・低学年では,自分たちの身の回りの作品や材料など,楽しく見たり,形や色,
表し方の面白さ,材料の感じなどに気付いたりすること
・中学年では,身近にある美術作品や製作の過程など,よさや面白さを感じ取
ったり,表し方の違いや材料の感じなどが分かったりすること
・高学年では,我が国や諸外国の親しみのある美術など,よさや美しさを感じ
取ったり,表し方の変化や意図,特徴などをとらえたりすること
2 内容について
Ⅲ 具体的な改善事項
「B鑑賞」(1)
作品の価値は作品の中にあるのではなく,自
分の中にある。
自分ひとりで見て分
かっているというので
はなく,他者の意見を
聞いたり,話し合った
りすることによって,
自分の中に作品に対
する新しい価値をつく
りだしていく活動です。
価値
解説 17~19p
Ⅲ 具体的な改善事項
「B鑑賞」(1)
2 内容について
充実したことで図工科のねらいが高まるよう
にする。言語活動は目的ではなく,ねらいに
迫るための手段である。
イ 言語活動の発達に対応した活動の方法
低学年: 感じたことを話したり,友人の話を聞いたりなどする。
中学年: ある程度理由を付けて話す。気持ちを振り返って書く。
一つの作品に自由に意見を述べ合ったり,作品の前で
自然に話合う。
高学年: 形や色と自分のイメージを関連付けながら話したり,ま
とめたりする。学習の課題,参考資料,他の人々の意
見など,様々な材料を活用して話合う。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の配慮事項
(2)第2の各学年の内容の「A表現」の(2)の
指導に配当する授業時数については,工
作に表すことの内容に配当する授業時数
が,絵や立体に表すことの内容に配当す
る授業時数とおよそ等しくなるように計
画すること。
解説 57p
「各学年の目標及び内容」は系統性
を考慮して示されている
高校
中学校
小学校
幼稚園
美術
工芸
音楽
技術
美術
図画工作
音楽
音楽
表 現
解説 58・59p
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の配慮事項
(3)第2の各学年の内容の「B鑑賞」の指導
については,「A表現」との関連を図るよ
うにすること。ただし,指導の効果を高め
るため必要がある場合には,児童や学校の
実態に応じて,独立して行うようにするこ
と。
※地域の美術館との連携を指している。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
1 指導計画作成上の配慮事項
(4)第2の各学年の内容の「A表現」の指導
については,適宜共同してつくりだす活動
を取り上げるようにすること。
(5)低学年においては,生活科などとの関連,
第1学年においては,幼稚園教育における
表現に関する内容などとの関連を考慮する
こと。
(6)第1章総則の第1の2及び第3章道徳の
第1に示す道徳教育の目標に基づき,道徳
の時間などとの関連を考慮する。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
2 内容の取扱いについての配慮事項
各学年の内容
領域・事項(内容)
改訂で出た
指導計画の作成と内容の取扱い
材料・用具について
Q:なぜ?
A:各学年の内容を「資質や能力を重視する観点」から整理し
たから
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
2 内容の取扱いについての配慮事項
(3)材料や用具については,必要に応じて,当
該学年より前の学年において初歩的な形で
取り上げたり,その後の学年で繰り返し取
り上げたりすること。
※経験を重ねながら,児童がそれらの適切な扱いに慣れるよう
にすることを示している。
解説 61~65p
低学年
中学年
現
行
土,木, 紙,粘土,厚
紙,クレヨン,パス,
はさみ,のり,簡単な
小刀類など
改
訂
土,木, 紙,粘土,紙, 木切れ,板材,※釘,
クレヨン,パス,はさみ, 水彩絵の具,小刀,
のり,簡単な小刀類, 使いやすいのこぎり,
など
※金づちなど
木切れ,板材,水彩絵の
具,小刀,使いやすいの
こぎりなど
高学年
自分が選んだ材料,
糸のこぎりなど
※針金,糸のこぎり
など
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
2 内容の取扱いについての配慮事項
(5)各学年の「B鑑賞」の指導に当たっては,
児童や学校の実態に応じて,地域の美術
館などを利用したり,連携を図ったりす
ること。
Ⅳ 指導計画の作成と内容の取扱い
3 展示について
解説 66p
• 校内の適切な場所に作品を展示し,平素の
学校生活においてそれを鑑賞できるように配
慮するものとする。
掲示の際,児童が自
分の作品に題をつけ
るだけでも,その思
いが伝わります。
Ⅴ 移行期間中の取扱い
平成21年度から平成22年度まで
全部又は一部について,新小学校学習指導要
領によることができる。
これは,「可能な限り新学習指導要領での指導に取り組
む」「現行により指導する場合も,新学習指導要領を参考
に育成する資質や能力を明確にして指導する」という意味
にとらえてください。
平成23年度から
完全実施
ダウンロード

Ⅲ 具体的な改善事項 - 徳島県立総合教育センター