資料12
公共データWGにおける
利用条件等に関する検討状況等について
平成25年1月
経済産業省
DATA
METI構想(Open
by Default社会の実現に向けて)
経済産業省自身(所管の独立行政法人等を含む)の保有データを対象にデータ公開の環境整
備を図り、実際に公開を進めるとともに、公開データを利活用したビジネスが展開する社会
基盤を整えていくことで、オープンデータによる経済活性化の促進を図る。
電子行政
オープンデータ
実務者会議
政府全体の
課題を提示
経産省保有
データの提供
ニーズや課題
の把握
技術・制度上の課題を抽出
公共データの利用に
関するニーズや課題
をフィードバック
ニーズ調査の実施
や
コミュニティの活
用
住民や事業者
による利活用
ユーザーの活用
が中心の領域
モデルケースの提示
ユースケースや
活用支援の紹介
利活用しやすいデータ公
開環境の提供
ユースケースの
創成と共有
提供可能なデータ
から順次提供
技術や制度
の検討
得られたノウハ
ウのフィード
バックによる
データ供給シス
テムの改善
利活用を促す技術
(機械可読、API、
LOD化)や制度の提
供
Open Data
METIサイト
の構築
実施事業等で
得られた知見
やノウハウを
フィードバッ
ク
公共データWGで集
中的に議論する領域
1
利活用しやすいデータ公開環境の検討
公共データの開放と利活用を進めるためには、公共データの保有機関が、
公共データ毎に、
1.保有データの棚卸(内包する知財等を含めた権利関係の整理)
2.カタログ化(メタデータ等、オープンデータの国際標準等も踏まえた上での
データの整理)
3.ライセンス条件の明示(CC(Creative Commons)等、国際的に通用するク
ライテリアによる利用条件の整理)
が必要
民間有識者で構成されるIT融合フォーラム/公共データワーキンググループで検
討するとともに、経済産業省のオープンデータ特設サイト「Open DATA METI」に
よる実践を通じて検討。
「Open DATA METI」サイト
 経済産業省保有データのオープンデータを実践するための試験サイト。
 データの利活用・普及がより促進されるよう、オープンデータの実践を通じて、データ
を利用しやすい条件、公開方法、データ形式等について試行錯誤を経ながら検討を
行う。
 検討に当たっては、企業、個人等のユーザからの意見等も募集する。
2
「Open DATA METI」サイト構築に当たっての考え方
 経済産業省がどのようなデータを保有しているのかが一目で分かるデータカタログサイトとする。
 横串で欲しいデータを検索することが可能なサイトとする。
 各データセットごとに利用条件を明記することによりユーザが一目で利用条件を把握し、データを利用
することが可能なサイトとする。
 試験的なサイトとし、利活用を促進していくため、対象データ、データの公開方法等についてユーザから
の意見等のフィードバックを図っていく。
○ 「Open DATA METI」トップページ
公開データは順次拡充
3
データのカタログ化
オープンソースのデータ管理ソフトウェアであるCKAN※を使用してデータのカタログ化を
実施。
※CKAN:イギリスのdata.gov.ukをはじめ、多くの国や地域での採用実績を持つソフトウェア。
データの登録、検索、閲覧等をWebインタフェースやAPI経由で行うことが可能。
メタデータも登録可能。
4
CC(Creative Commons)ライセンスの使用
各データセットごとにCCライ
センスを付加することで、
ユーザの利用条件を分かり
やすく提示。
参考:該当事例(クリエイティブ・コモンズ)
 作者が自らの作品に対して、「この条件を守れたら自由に使用可」という意志表現をするためのツール。
 国際的非営利組織により提供されており、権利者は4種類のマークで示される条件を取捨選択して使用する。
 メタデータも組み込まれているため、条件別のコンテンツ検索も可能。
 豪、NZ、米国WhiteHouseなどで利用。英・仏でも相互互換性を担保したライセンスを利用。
表示
作品のクレジットを表
示すること
非営利
営利目的での利
用をしないこと
改変禁止
元の作品を改
変しないこと
継承
元の作品と同じ組み
合わせのCCライセン
スで公開すること
5
CCライセンスの使用
CCライセンスを使用した理由
豪、NZ、米国White Houseなどで利用。英・仏でも相互互換性を担保。(米国White
Houseは、第三者が著作権を持つデータの一部をCCで表記している。)
「利用制限」条件を示すライセンスであるため、その条件を満たしていれば著作物を自
由に利用することが可能。「原則利用不可で、利用を許可する範囲のみ」を示すもので
はなく、CCライセンスのように「原則利用自由で制限する範囲」を示すものの方がオー
プンデータの趣旨に合う。
利用してよい範囲
(1) 「○○」の資料として理由する場合
(2) ・・・
(3) ・・・
他のことには使ってはいけ
ないのかなぁ・・・
以下の条件を満たせば利用は自由
(1) 作品のクレジットを表示すること
(2) 元の作品を改変しないこと
これらの条件さえ守れば自由に
使っていいのか!
6
DATA METI活用パートナーズの設置
 Open Data METIサイトで公開しているデータは誰でも利用可能。
 その上で、サイト上で登録手続きをした活用パートナーズにはカタログ掲載したデータ
等の更新情報、関連イベント等について連絡。また、個別意見や活用事例等を受け
付け、サイト上で紹介していく。
 パートナーズ自体はサイトの公表に向けて準備中。
・サイトへの反映
・活用アイデア、活
用事例の掲載
経済産業省
・公開データ等の更新連絡
・関連イベントの連絡
・企業
・個別意見
・NPO
・活用アイデア ・個人 等
・活用事例
DATA METI活用パートナーズ
データの活用
利活用事例
多様な開発者・
クリエイター
開発
・データベースの再構築
・アプリケーション
・活用ビジネス
データを活用して開発され
たアプリケーション 等
「Open DATA METI」
7
ダウンロード

経済産業省