No.2015-16 保点
平成 27 年 4 月
検査実施料新設のお知らせ
謹啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
このたび、「保医発0331第1号」により下記の検査項目に検査実施
料の新設が通知されましたのでご案内いたします。
敬 白
記
■ 適用日
平成 27年 4月 1日から適用
■ 新規保険収載項目
検査項目
保険点数
RAS 遺伝子検査
2,500 点
Major BCR-ABL mRNA IS
2,520 点
株式会社エスアールエル
データインフォメーション TEL:042(646)5911
e-mail:[email protected] http://www.srl-group.co.jp/
▼詳細内容
【新設項目】下線部新設
検 査 項 目
RAS
遺伝子検査
Major
BCR-ABL
mRNA IS
保険
点数
2,500点
2,520点
判断料
診療報酬
点数表区分
備
考
(1) 「1」の悪性腫瘍遺伝子検査は、固形腫瘍の腫
瘍細胞を検体とし、PCR法、SSCP法、RFLP
法等を用いて、悪性腫瘍の詳細な診断及び治療
法の選択を目的として悪性腫瘍患者本人に対
して行った、肺癌及び大腸癌におけるEGFR遺
伝子検査又はK-ras遺伝子検査、膵癌における
K-ras遺伝子検査、大腸癌におけるRAS遺伝子
検査、悪性軟骨部組織腫瘍におけるEWS-Fli1
遺伝子検査、TLS-CHOP遺伝子検査又は
SYT-SSX遺伝子検査、消化管間葉系腫瘍にお
けるc-kit遺伝子検査、家族性非ポリポージス大
腸癌におけるマイクロサテライト不安定性検
査又は悪性黒色腫センチネルリンパ節生検に
係る遺伝子検査について、患者1人につき1回
に限り算定する。ただし、肺癌におけるEGFR
「D004-2」
尿・糞便等
遺伝子検査については、再発や憎悪により、2
悪性腫瘍
検査判断料
次的遺伝子変異等が疑われ、再度治療法を選択
組織検査
(※1:34 点)
する必要がある場合にも算定できる。
「1」の「イ」
(2) 「1」の悪性腫瘍遺伝子検査を算定するに当た
っては、その目的、結果及び選択した治療法を
診療報酬明細書の摘要欄に記載すること。
(3) 「1」の悪性腫瘍遺伝子検査、区分番号
「D006-2」造血器腫瘍遺伝子検査又は区分番
号「D006-6」免疫関連遺伝子再構成のうちい
ずれかを同一月中に併せて行った場合には、主
たるもののみ算定する。
(4) RAS遺伝子検査
ア RAS遺伝子検査は、区分番号「D004-2」
悪性腫瘍組織検査「1」の悪性腫瘍遺伝子検査
の「イ」EGFR遺伝子検査(リアルタイムPCR
法)の所定点数に準じて算定する。
イ 本検査には、上記(1)から(3)に規定を
適用する。
ア
血液学的検査 「D006-9」
判断料
WT1
(※2:125 点)
mRNA
イ
Major BCR-ABL mRNA ISは、区分番号
「D006-9」WT1 mRNAの所定点数に準じ
て算定する。
本検査は、リアルタイムRT-PCR法により測
定した場合に限り算定できる。
ダウンロード

RAS遺伝子検査 ほか