消費行動と消費パターンの分析
生活行動
• 生活行動:生活構造と生活意識から直接的
影響を受け、生活環境から間接的な環境を
受けつつ、生活主体が行う行動。
• 具体例:時間、所得、空間などの生活資源の
配分行動。
消費行動
• 消費行動:生活行動の中で経済的資源として
の所得配分(支出配分)に関わる行動。
• 具体例:消費様式の選択、費目別支出配分、
時間配分、空間配分。
購買行動・使用行動
• 購買行動:製品やサービスを具体的に調達
する行動。
• 使用行動:調達された製品・サービスを実際
に消費・使用・処分・廃棄する行動。
消費行動の規定要因
• 生活環境
– 生活体の家計に対して間接的な影響を及ぼす外的要因。
– 人口動態、経済動向、政治情勢、社会制度など。
• 生活構造
– 生活資源の量や内容を規定し、生活行動を条件づけ、制
約する諸要因。
– 世帯収入、家族構成、居住形態、資産の保有パターン。
• 生活意識
– 生活主体の価値意識的側面として、生活構造と相互作用
しつつ、生活行動を方向づける諸要因。
– 価値意識、生活信条、生活目標、生活設計、帰属意識。
消費行動の規定メカニズム
生活環境
生活構造
生活意識
生活行動
消費行動
購買・使用
行動
生活様式と消費様式
• 生活行動と消費行動:繰り返しによってパ
ターン化され、一定の型や様式になる。
• 消費パターン:特定の消費様式や消費行為と
結びついた製品・サービスの組み合わせ。
家計収支の現状
消費行動の分析アプローチ
• ライフサイクル・アプローチ
• ライフスタイル・アプローチ
• ライフコース・アプローチ
ライフサイクル・アプローチ
• ライフサイクル
– 個体の発生から消滅に至る循環
– 出生ー>成長ー>成熟ー>老衰ー>死亡
ライフサイクル
家族構成
家計状況
消費の特徴
結婚前の独身者
所得が低い、負債がない、貯
蓄がまだ少ない。
車、ファッション、レジャー
子供のいない新婚の夫婦
可処分所得の増大
耐久財
末子が未就学の夫婦
子育ての支出の追加
ベビフードや玩具
末子が就学期に達した夫婦
夫の収入増、消費額の増大
食品や衣服の支出増大
まだ扶養する子供をもつ中年
の夫婦
教育費の増大
家具や家電製品の買い替え、
セカンド・カー
子供が自立した夫婦
所得の自由裁量度の増加、
貯蓄の増大
医療・健康器具・旅行
配偶者を亡くした高齢単身者
貯蓄の取り崩し
購買意欲の減少
ライフスタイル・アプローチ
• ライフスタイル
– 生活空間、生活時間、そして価値観のすべてを
包括した生活様式、生活スタイル。
• AIOアプローチ
– Activities:行動
– Interest:関心
– Opinion:意見
• VALS(Values and Lifestyles)
日本版のVALS
ライフコース・アプローチ
• 人生の道筋・軌跡
• ライフイベント:就学、就業、結婚、出産など
• ライフイベントの選択によって異なるライフ
コースを辿る
ライフコースの木
ダウンロード

消費行動と消費パターンの分析