小型重力波観測衛星DPF
(DECIGOパスファインダー)
Original
Picture : Sora
安東 正樹
(京都大学 理学研究科)
DECIGO/DPF collaboration
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
1. 全体・鍵となる技術項目の開発
ミッション提案までの目標
昨年度まで
本年度末まで
・科学目標
科学的目標が明確になって
おり、十分な意義があること.
まとめられ
ている.
・総合システム
更新された点も含
システム成立性, リスク, コスト 成立性は確
などの評価が完了していること. 認されている. め、詳細検討をま
とめる.
・衛星全体の検討
・根幹コンポーネント
・干渉計・試験マス
・安定化レーザー光源
・スラスタ
TRL4以上: 実験室環境において,
基本技術要素が同時に動作し,
TRL4
実証モデルとして性能を発揮して
いること.
意義を高める検討
を継続する.
モジュール化
TRL4-6
参考: NASAによる技術成熟度 (TRL: Technology Readiness Level)
TRL4: ブレッドボード(実験室) 段階
 Phase A移行の基準
TRL5: ブレッドボード(模擬環境) 段階  Phase B移行の基準
TRL6: プロトタイプ模擬環境実証段階
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
2. 本年度経費による達成見込み
・衛星システム検討
・重力波観測, 地球重力場観測, 無重力精密計測の各科学目標
について詳細検討・可能性検討の継続. 特に地球重力場観測の
詳細検討を進める.
・翌年度のミッション提案を想定した、総合システム検討.
前回ミッション提案からの更新も含めた詳細な総合システム検討
を進める. 熱・構造検討, 信号処理・制御, ドラッグフリー・スラス
タ, ミッションシーケンス, 信頼性・リスク, コスト評価 など.
・根幹コンポーネント開発
・干渉計: モジュール化と模擬環境試験を行う (TRL5).
・試験マス:モジュール化と模擬環境・微小重力試験を行う (TRL5-6).
・安定化レーザー光源: モジュール化と性能評価試験, 模擬環境試験
を行う (TRL4-5).
・スラスタ: スリットFEEPの動作・性能評価を行う (TRL 4).
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
3. 平成22年度の目標達成度
研究目標
・衛星システム検討
熱・構造検討
信号処理・制御
ドラッグフリー・スラスタ
研究結果
(予定なし)
---SWIMによる宇宙実証
SWIMによる観測運転
AD/DAボードの製作・評価 製作完了, 評価継続
リソース制約を踏まえた
成立性のある構成策定
成立性の検討
・根幹コンポーネント開発
干渉計BBM製作・動作
干渉計・試験マス
試験マスモジュールコン
ポーネントBBM動作試験
光源BBM開発
安定化レーザー光源
安定化BBM製作・試験
スリットスラスタ開発
スラスタ開発
スラスタスタンド開発
干渉計BBM動作
試験マスモジュール
コンポーネント試験
光源BBM開発継続
安定化BBM試験
目標達成・開発継続
目標達成・開発継続
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
4. 平成22年度で購入した機器の使
用
・信号処理ボード (AD/DAボード)  評価試験継続
FPGA, ADC, DAC搭載の信号処理ボード
AD/DA :16bit, 16入力, 16出力
FPGA: SpaceWireインターフェースFPGA + ユーザーFPGA
・干渉計・試験マスBBM用コンポーネント (消耗品)  使用継続
干渉計構造体, 入射モノリシック光学系, 鏡, 変調器など光学部品,
試験マス試作品, クランプリリース用モータ, 試験用光学ステージ類,
光学マウント類
・安定化レーザー光源BBM用コンポーネント (消耗品)  使用継続
周波数安定化構造体, 変調器用結晶, ファイバ光学素子,
沃素ガスセル, 温調用部品, 光学マウント類
・スラスタBBM, スラスタスタンド用コンポーネント (消耗品)  使用継続
スリットスラスタ部品, スラスタスタンド用コンポーネント, 変位センサ
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
FY23提案に対するコメント (1/4)
1. 国際協力/自主開発の方向性.
頂いたコメントの通り、今後の検討課題と考えています. 国外の状況
が変化することも想定され, 科学的価値と技術的実現性を高めること
を第一に考え、状況に応じた判断をしたいと考えています.
なお, 海外プロジェクトはDPF/DECIGOに非常に協力的であることを
補足しておきます.
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
FY23提案に対するコメント (2/4)
2. 衛星システムへの要求.
重量・電力など多くの衛星におけるシステム要求に加え, DPFで独特な
衛星システム要求として、衛星変動・質量分布に対する要求があります.
衛星変動 並進
角度
10-9 m/Hz1/2 , 3 x 10-8 rad/Hz1/2 (0.1Hzでの変動)
1.2 deg
(低周波数での変動)
0.1 mm
,
0.3 mrad
(試験マスとの相対変動)
質量バランス
(2008.9 ミッション提案書より)
6 kg /m
単純な構造モデル・制御則による計算ではドラッグフリー制御により満た
される見込みになっているが, より詳細な検討が必要.
具体的な質量分布・共振周波数(バス部含む).
外乱モデルを含む時系列シミュレーション.
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
FY23提案に対するコメント (3/4)
3. LPFの遅れと、その技術的課題がDPFにどう影響するか.
LPFにおける技術的問題点は, スラスタとローンチロック機構が試験
を通過できなかったことと聞いています. DPFにおいては双方とも重要
な開発項目と認識し, 本戦略経費の中で検討・開発を進めています.
現時点で打ち上げ時期が5年違うこともあり、DPFにとって致命的な
関係は無いと考えています.
参考: DPFでの開発状況
ローンチロック/クランプリリース機構
構造検討 (H22年度)
静荷重評価結果
プロトタイプ (H22年度)
機能試験・荷重試験用
スラスタシステム
スラスタシステム検討
・既存FEEPスラスタによるシス
テム検討.
・スリットFEEPスラスタ開発.
・推力雑音評価用の
スラスタスタンド開発.
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
FY23提案に対するコメント (4/4)
4. 昨年度までの検討で残された課題と目標.
(1) 衛星のシステム成立性検討
搭載機器の試験・設計が具体化していく中で、熱・構造・電力の成立
性検討を取りまとめた再評価を進めること. 昨年度までの検討で、衛
星のノミナル姿勢・太陽電池パドル構成・スラスタ構成等の変更が進
められている. 大きな問題は無いとの判断はあるが、新しい構成で再
度システム成立性検討を取りまとめる必要がある.
(2) ドラッグフリーシステムの検討
ドラッグフリー制御に関して, スラスタ構成・制御則について, 簡便な
モデルでのノミナル状態での成立性は確認されている. 今後は, 外乱
モデルを含む時系列シミュレーション検証を進める必要がある. また,
初期姿勢補足が容易ではない可能性があり、検討が必要となってい
る.
(3) 信号処理システム
SWIMでの宇宙実証・干渉計モジュールの制御など、信号処理システ
ムの実証は進められている. その構成を具体化していく必要がある.
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
HY22成果報告に対するコメント
(1/4)
1. スラスタシステム検討についての詳細説明.
・既存スラスタの比較検討(昨年度)
推力, 推力雑音, 寿命, 比推力,
質量, 電力, フライト実績など
 FEEPを基本設計に採用.
Cold Gas Jetをバックアップに.
・衛星姿勢とスラスタ構成の検討
スラスタのための電力要求が厳しい.
衛星に対する大気ドラッグ擾乱に配慮
干渉計重心に対する制御性
冗長性の確保
 衛星姿勢・スラスタ構成の変更
地表面に水平方向の衛星姿勢
スラスタ (100μN x2, 10μN x8)
・初期姿勢補足, シミュレーション検討
今後の継続検討が必要.
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
HY22成果報告に対するコメント
(2/4)
2. 研究費使途: 信号処理システム開発 について.
3. 研究費使途: 衛星観測運用経費 について.
「信号システム開発」は, 2.3節のデジタル/アナログボード製作費です.
「衛星観測運用経費」 50万円は, 2.2節のSWIM運用経費に充当しま
した. 残り250万円は「飛翔体による宇宙科学観測支援経費」の援助
をうけて実施しました.
4. 研究費使途: 明細合計と総額の相違 について.
旅費・消耗品経費 306,815円 が抜けていました. 修正します.
5. 研究費使途: 衛星システム検討 について.
3.3節 スラスタ検討については、外部委託はしていません. 一昨年度
の外部委託検討結果を受けて, グループ内部での検討と機器開発を
行いました. 構造検討に関しては, 干渉計構造について外部委託検
討を行いました.
6. 配分研究費の記述 について.
1,331万円が正しい数字です. 修正します.
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
HY22成果報告に対するコメント
(3/4)
7. ローンチロック機構について.
ローンチロック機構は, 試験マスの各頂点の切り欠き部を支持するよ
うになっており、横方向荷重にも耐えられる設計になっています. 一方,
リリース後は, クランプ・リリース機構によって, 試験マスを動作点に導
く設計になっています.
ローンチロック用
フィンガー
クランプ・リリース用
PZTモーター
試験マス
クランプ・リリース用
フィンガー取り付け部
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
HY22成果報告に対するコメント
(4/4)
8. 重力波レーザー干渉計の衛星搭載検討について.
衛星搭載品を想定したBBMの製作・動作試験 (3.1節に記載)
・搭載品と同等の大きさ, 干渉計基線長, 試験マス形状.
・モノリシック入射光学系.
・SWIMで宇宙実証されたものの地上試験品での信号処理、制御.
搭載品との相違:
地上試験用に試験マスをワイヤー懸架, 制御用アクチュエータ
入射光学系の大きさ, 熱シールド・密封容器なし.
干渉計
モジュール
(2008.9 ミッション提案書より)
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
補足資料
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
干渉計モジュール構造検討
※ 検討途中の暫定版
クランプリリース用
モータ (要検討)
排気口
レーザー
センサ
(要検討)
入射窓
(要検討)
出射光学系
入射光学系
試験マス
モジュー
ル
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
DPFの目指す科学的成果
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
DPFの観測目標
重力波により宇宙を見る
銀河系内のBH連星合体
 巨大BH形成への知見.
NGC7093
NGC7078
NGC6441
NGC104
NGC6256
DPFの感度では
~30個の球状星団を観測可能
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
空間
スケール
80km
他の海外ミッションに匹敵する感度
国際観測網への貢献, 独自の観測
(2012-2016に国際観測網にギャッ
プ)
100km
重力で地球を見る
地球重力場の観測
地球形状の計測
地球環境モニタ
DPF成功基準
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
要求値
干渉計感度
変位雑音 6 x 10-16 m/Hz1/2 (0.1 Hz)
x 200 of DECIGO in disp. noise
他の雑音
レーザー光源周波数雑音:
加速度雑音
力の雑音 1x10-15 m/s2/Hz1/2
0.5 Hz/Hz1/2
(0.1 Hz)
x 250 of DECIGO
衛星変動
変位雑音 1x10-9 m/Hz1/2
(0.1 Hz)
外力雑音:
残留気体変動, 磁場勾配-変動, 熱輻射,
温度変動, 電場変動, 重力場変動, など.
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
(1Hz)
DPFシステム要求値
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
パワースペクトル
時系列信号をフーリエ変換して規格化
平均変動パワー
(RMS変動 )2
(パワースペクトル)2
パワースペクトル: 変動の平均パワーに対する
各周波数成分の寄与を表す
(例) 衛星の機械的変動要求値
1 x 10-9 m/Hz1/2
1Hz (1秒周期) の
変動成分のRMS変動 1 x 10-9 m
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
衛星への要求
観測帯域 (0.1-1 Hz) での
変動成分 (スペクトル) が重要
機械的振動
衛星変動 1 x
10-9
m/Hz1/2
重力などによる
試験マス変動へのカップリング
磁場
磁場変動 1 x 10-7 T/Hz1/2
磁場勾配 3 x 10-6 T/m
磁場勾配途地場変動による
試験マス変動
温度
温度変動 1 x
10-3
K/Hz1/2
熱輻射揺らぎによる試験マス変動
(ハウジング内面での要求値)
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
衛星変動
衛星の機械的変動要求値
1 x 10-9 m/Hz1/2
機械変動を排除した
衛星で実現可能
(静寂環境での
地面振動程度の安定度)
DPF構成 : 機械変動部は無い
モメンタムホイールは非搭載
リングレーザージャイロ
 FOG に変更
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
温度変動
試験マス周囲の温度変動要求値
1 x 10-3 K/Hz1/2
多重の輻射シールド
大きな熱浴, 熱伝導の良い材質
SWIMモジュール (SDS-1搭載)
での温度変動実測結果
SDS-1
サバイバルヒータでのON/OFF制御
SWIMでは温度制御はしていない
DPFの要求値を
ほぼ満たす結果
(ADC雑音による測定限界)
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
DPF要求値
DECIGOのための根幹技術実証
DECIGOで必要
とされる主要技術
DPFで実証される技術
FP干渉計の
動作実証
安定化レーザー
光源の動作実証
ドラッグフリー
制御の実現
重力波の観測
6x10-16 m/Hz1/2
の変位感度
10-15 N/Hz1/2
の外力雑音
4x10-18 m/Hz1/2
の変位感度
10-17 N/Hz1/2
の外力雑音
0.5 Hz/Hz1/2
の周波数安定度
0.5 Hz/Hz1/2
の周波数安定度
衛星変動安定度
10-9 m/Hz1/2
スラスタ雑音
10-7 N/Hz1/2
0.1 Hz帯の連続
観測とデータ解析
基線長1000kmのFP干渉計
宇宙における干渉計制御
試験マスに対する外乱抑圧
大型光学系の製作・制御
安定化レーザー光源による精密計測
光源の周波数・強度安定化
長基線長を利用した安定化制御
フォーメーションフライト
安定な軌道の実現
宇宙機間の距離制御
ドラッグフリー制御
低雑音スラスタ
観測運用
時系列連続データの処理
データの解析
理論予測・他の観測との比較
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
DPFシステム概要
DPF Payload
Size :
950mm cube
Weight : 150kg
Power :
130W
Data Rate: 800kbps
Mission thruster x8
Mission
Thruster head
Stabilized
Laser source
On-board
Computer
Power Supply
SpW Comm.
Satellite Bus
(‘Standard bus’ system)
Size :
950x950x1100mm
Weight : 200kg
SAP :
960W
Battery:
50AH
Downlink : 2Mpbs
DR:
1GByte
3N Thrusters x 4
Interferometer
module
Satellite
Bus system
Bus thruster
Solar Paddle
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
DPFミッション機器構成
ミッション機器重量 : 150kg
ミッション機器空間 : 95 cm立方
安定化レーザー光源
Yb:YAGレーザー
出力 25mW
ヨウ素飽和吸収による
周波数安定化
ドラッグフリー
ローカルセンサで相対変動検出
 スラスタにフィードバック
ファブリー・ペロー共振器
フィネス : 100
基線長 : 30cm
試験マス : 質量 数kg
PDH法により信号取得・制御
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
SWIMmn
超小型宇宙重力波検出器
世界で最初の 宇宙重力波検出器
Photo:
JAXA
TAM: Torsion Antenna Module with free-falling test mass
(Size : 80mm cube, Weight : ~500g)
Test mass
~47g Aluminum, Surface polished
Small magnets for position control
Coil
Photo sensor
Reflective-type optical
displacement sensor
Separation to mass ~1mm
Sensitivity ~ 10-9 m/Hz1/2
6 PSs to monitor mass motion
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
SWIMによる実証とDPF
DPF衛星のプロトタイプとしての役割
SpC2 制御・信号処理 (通信・信号処理, 電源制御)
Snm DPFミッションペイロード (デジタル制御ボード, AD/DAコンバータ, センサモジュー
ル)
Standard Bus
Pow
SpW
Mission Module
Heater
TMP sens.
SpC
PCU
Heater CTRL
Mast
Structure
SpW
Pow
Laser
CTRL
IFO
CTRL
TM1
CTRL
TM2
CTRL
LS
CTRL
Thrust
CTRL
Laser
Sensor
Thruster
Opt
Stabilized
Laser
GW detector
Housing
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
干渉計モジュール
レーザー干渉計 : 試験マス + 干渉計 + センサ
試験マスモジュール
重力・重力波を観測するための基準
・BBM of Module,
Sensor, Actuator,
Clump/Release
・μ-Grav. Exp.
法政大, 国立天文台,
お茶大, スタンフォード大
干渉計モジュール
 重力波観測, 重力勾配計
・30cm IFO BBM
Digital control
・Packaging
・Monolithic Opt.
レーザーセンサ
 加速度計センサ
・BBM test
・Sensitivity meas.
国立天文台, 東大
東大地震研, 東大理
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
干渉計
モジュール
安定化レーザー光源
安定化レーザー光源 : 光源 + 安定化システム
Yb:YAG (NPRO or Fiber laser) 光源
小型・軽量化, 耐振動性
・BBM
development
電通大, NASA/GSFC
ヨウ素飽和吸収
による安定化制御
 周波数基準
擾乱耐性
・BBM development
・Stability meas.
電通大, NICT
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
安定化
レーザー光源
姿勢・ドラッグフリー制御
姿勢・ドラッグフリー制御 : 衛星構造検討, 制御則, ミッションスラスタ
衛星構成, 熱・構造検討
・Passive
attitude stability
・Drag-free control
小型・低雑音
スラスタ
東大, JAXA
小型低雑音スラスタ
 Actuators for satellite control
・BBM and system design
JAXA, 東海大, 防衛大
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
質量・輻射
バランス構造
信号処理・制御システム
信号処理・制御システム : SpWベースの信号処理システム
SpC2 + SpW信号処理システム
 SDS-1/SWIMによる宇宙実証
SpC2
SWIMmn
信号処理・
通信システム
Photo
by JAXA
試験マス制御
Space demonstration
bySDS-1/SWIM
SDS-1
(Jan. 2009)
JAXA, 東大, 京大
試験マスの非接触制御と精密計測
 SWIMによる宇宙実証
衛星バスシステム
JAXA, 東大, 京大
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
地球重力場・重力波の観測
地球重力場の計算
EGM2008 (2190次)の係数データ
DPF軌道高度 500km, 極軌道
地球重力場観測と
重力波観測の両立
Orbital Freq.
(0.176 mHz)
重力波
の観測
地球重力場
の観測
重力加速度
単位: mgal
(l>2 高度500km)
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
DECIGOのロードマップ
Figure: S.Kawamura
2010 11
ミ
ッ
シ
ョ
ン
12
13
14
15
R&D
Fabrication
SDS-1/SWIM
16
17
18
19
20
21
22
R&D
Fabrication
DECIGO
Pathfinder
(DPF)
目
的
根幹技術の宇宙実証
銀河系内観測
構
成
小型衛星1機
短基線長FP共振器 1台
23
24
25
26
27
28
R&D
Fabrication
Pre-DECIGO
重力波の検出
(最小限のスペック)
S/C間でのFP干渉計実証
S/C 3台 干渉計 1台
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
DECIGO
重力波天文学
S/C 3機
干渉計 3-4ユニット
29
推進体制
DPF-WG
84名
DECIGO
137名
小型科学衛星戦略的開発経費ヒアリング (2011年4月18日)
ダウンロード

DPFシステム要求値