変数
プログラム中で、値を格納するには変数 variable を用いる
変数は、格納する値の型によって、整数型、文字型、などの型
type をもつ
変数を使うには、利用に先立って変数の宣言 declaration をしな
ければならない
値
変数の値はコンピュータのメモリ上に格納され
る。具体的にメモリのどの場所に格納される
かは言語処理系が自動的に扱うので、プログ
ラマ(特に初級者)が意識する必要はない。
変数
変数とは値(データ)を格納する容器
値には、整数値、実数値、文字など
の様々な型がある
1
変数の名前
変数や、関数には名前を付ける。
名前は、英字で始まり英字あるいは数字を並べたものであれば
良い。(下線記号_も使えるが、_で始まる名前は
使わないように)
A
aとは区別される
a123
This_is_a_long_name
0xx
数字で始まる名前はダメ
_012
下線記号で始まる名前は許さ
れるが使わないように
(システムで使っているかも!)
2
整数型
整数の値を保持する変数を整数型という
変数宣言には int を用いる
main()
{
int x;
x = 1;
printf("x = %d\n",x);
英語で整数は integer
整数型の変数 x を宣言
変数 x に整数値 1 を代入
変数 x の値を出力
}
変数の宣言には、変数の型(整数型の場合 int)に引き続き、変数名を書く。
変数名は原則として自由に付けられる。最初の 1 文字は英字でなければならない。ま
た、C 言語のキーワードは使用できない。
= は、右辺の値を左辺の変数へ代入する代入演算子。
3
printf による変数の出力
printf("x = %d\n", x);
書式
変数名
書式 "x = %d\n" の意味
%d は、変数を整数値として出力することを示す変換指定
変換指定 %d が無ければ printf("x = \n"); は、単に
文字列リテラル "x = \n" の出力になる。
変換指定は必ず対応する変数と対になっている必要がある。
printf("x = %d\n",x);
4
実行結果
/* 変数の出力 */
#include <stdio.h>
main()
{
int x;
% cc test.c
% ./a.out
%x=1
%
プログラムの出力結果
x = 1;
printf("x = %d\n",x);
}
整数型の変数 x を宣言して、x に整数値 1 を代入。
そして画面に変数 x の値を出力するプログラム。
5
問題
下のプログラムをコンパイル・実行するとどうなるか?
#include <stdio.h>
main()
{
x = 1;
printf("x = %d\n",x);
}
変数 x が宣言されていないので
コンパイルエラー。
#include <stdio.h>
main()
{
int x;
printf("x = %d\n",x);
}
宣言しただけの変数には、でたら
めな値(ゴミ)が格納されている。
無意味な値が出力される
6
変数の入力と出力
キーボードから整数値を入力し、その値を出力するプログラム
main()
{
int x;
printf("整数値を入力せよ:");
scanf("%d", &x);
printf("入力した整数値は %d です\n",x);
}
キーボードから変数の値を入力するにはライブラリ関数 scanf() を用いる
7
関数 scanf()
キーボードから値を整数値として読み込み、変数 x に格納する
scanf("%d", &x);
書式
&変数名
scanf()による入力では、
変数名の前に & をつける!
書式 "%d" の意味
%d はキーボードから入力する値を整数値として取り扱うことを
指定する変換指定。
&x の意味
& をアドレス演算子という。変数名の前に付けると、その変数が格
納されているメモリ上の場所を表す。
scanf の書式の変換指定と&変数は必ず対になって
いなければならない
scanf("%d", &x);
printf の書式と異なり、scanf の書式には変換指定以外の文字は書かない
8
実行結果
#include <stdio.h>
main()
{
int x;
printf("整数値を入力せよ:");
scanf("%d", &x);
printf("入力した整数値は %d です\n",x);
}
%
%
%
%
%
cc test2.c
./a.out
整数値を入力せよ:123
入力した整数値は 123 です
このプログラムは整数値を取り扱うこと
を前提としているので、整数値以外の
値、たとえば文字を入力するとおかし
な結果が表示される。
茶色はプログラムの出力結果
9
複数の変数を使う
複数の変数を宣言するには、型宣言の後に変数名をコンマで区切って書く
int x, y, z;
printf を用いて複数の変数を出力するには、書式に複数の変換指定を指
定する。書式の後、コンマで変数を区切って記述。
printf("x=%d,y=%d,z=%d\n", x, y, z);
変換指定と変数は必ず対を形成する。
scanf を用いて複数の変数を入力するには、書式に複数の変換指定を指定。
書式のあと、アドレス演算子と変数名をコンマで区切って記述。
scanf("%d %d %d", &x, &y, &z);
キーボードから入力する
値は空白(スペース)で
区切って入力する。
10
たし算の計算
問題:
キーボードから2つの整数値を読み込んで、その和を計算して出力する
プログラムを作れ。
考え方:
読み込んだ2つの整数値を格納するために、整数型の変数2つが必要
たし算の結果を格納するためにもう一つの変数が必要
x
入力値1
y
入力値2
z
たし算の結果
変数 x と y は scanf で入力する。たし算の結果 z は printf で出力する。
11
たし算のプログラム
#include <stdio.h>
main()
{
int x, y, z;
printf("整数値を2つ入力せよ:");
scanf("%d %d", &x, &y);
z = x + y;
printf("%dと%dの和は%dである\n", x, y, z);
}
+ は算術演算子の一つで和を計算する。算術演算子は他には
-, *, /, % がある。それぞれ、差、積、商、余りを計算する。
12
たし算のプログラムその2
#include <stdio.h>
main()
{
int x, y;
printf("整数値を2つ入力せよ:");
scanf("%d %d", &x, &y);
printf("%dと%dの和は%dである\n", x, y, x+y);
}
変数を 3 つ使わなくても同じことは可能。
13
整数値同士の算術演算
C では、整数型 int 同士の算術演算 +, -, *, /, % の演算結果は
すべて整数型になる
int
int
int
int
int
+
*
/
%
1 + 2
5 - 10
4 * 6
35 / 4
35 % 4
int
int
int
int
int
->
->
->
->
->
(加算)
(減算)
(乗算)
(除算)
(剰余)
3
-5
24
8
3
演算結果はすべて
整数(int )となる
整数同士の割り算には注意が必要!
実数型の場合、加減乗除算は通常の計算、
剰余は商を整数とした時の余り
14
整数型の範囲
整数型は通常 4 バイト(32ビット)で表される(言語処理系により異なる)。
つまり 2 の 32乗 = 4294967296 通りの表現しか出来ない。正と負の整数
を考えると、約±20億の範囲の整数しか取り扱いが出来ないことになる。
取り扱い可能な整数値の最大最小値は、limits.h というヘッダファイルで、
INT_MAX, INT_MIN として記載されている。
#include <stdio.h>
#include <limits.h>
main()
{
printf("整数値の最大値は %d\n", INT_MAX);
printf("整数値の最小値は %d\n", INT_MIN);
}
15
実数の取り扱い
整数型の変数は整数値しか格納できない。実数を扱う型に浮動小数点
型 (floating type) がある。浮動小数点型は 32ビットで表現され 10進数で
の有効桁数は 7 桁。変数宣言には float を用いる。
同じく実数を取り扱う型に、倍精度浮動型(単に倍精度型ともいう)があ
る。倍精度浮動型は 64ビットで表現され有効桁数は 17 桁。通常はこち
らの倍精度浮動型を用いて実数を取り扱う。変数宣言には double を
用いる。
倍数度型の変数の宣言
double x, y;
変数 x と y を倍精度として宣言
x = 3.1415;
y = 5.0;
変数 x に実数 3.1415 を代入
変数 y に実数 5 を代入
値が実数であることを明示する場合は 5.0 という具合に書く
16
実数の出力と入力
printf を用いて倍精度型の変数の値を出力するには、
変換指定 %lf を用いる。(実際には%fでも)
scanf を用いて値を倍精度型としてキーボードから入力するには変
換指定 %lf を用いる。
main()
{
double x;
scanf("%lf", &x);
printf("%lf\n", x);
int型
double型
float型
%d
%lf
%f
}
17
実数と整数との演算結果
倍精度型同士の算術演算結果は、倍精度型になる。
整数型と倍精度型の算術演算結果は、倍精度型になる。
整数型で宣言された変数に倍精度型の値を代入すると、少数部分が
切り捨てられて代入される。
double x;
int y;
double x;
int seisu;
x = 3.1415;
y = 10;
printf("%lf\n", x+y);
x = 3.1415;
seisu = x;
printf("%d\n", seisu);
x+y の型は double になるので
変換指定は %lf でなければならない
18
実数から整数への変換
実数型から整数型に変換(代入)すると少数以下が
切り捨てられる。
四捨五入するには、0.5を加えて代入すれば良い。
小数点以下2桁目を四捨五入して小数点以下一桁で
表示するには、10倍して、小数以下を四捨五入して
0.1倍する。
double x,z;
int y;
x = 3.6415;
y = x*10+0.5;
z = y*0.1;
printf(”%lf -> %lf\n", x, z);
19
浮動小数型の範囲
浮動小数型および、倍精度浮動小数型の数の最大最小値は、float.h と
いうヘッダファイルで、FLT_MAX, FLT_MIN, DBL_MAX, DBL_MIN
として記載されている。
#include <stdio.h>
#include <float.h>
main()
{
printf(“浮動小数の最大値は %g\n", FLT_MAX);
printf("浮動小数の最小値は %g\n", FLT_MIN);
}
FLT_EPSILONおよびDBL_EPSILONは、浮動小数型および倍精度浮
動小数型数の誤差を記載している。
printf(“浮動小数の誤差は %g\n", FLT_EPSILON);
printf(“倍精度浮動小数の誤差は %g\n", DBL_EPSILON);
20
算術演算子の優先度
算術演算子を複数組み合わせる場合、各演算子は数学と同じ優先順位で
実行される
かけ算と割り算 (*, /) は、たし算と引き算 (+, -) よりも優先度が高い
a + b*c とは、a に、b と c の積を足すことを意味する
優先度を変えるには数学と同様、カッコ () を用いる。
(a+b)*c とは、a と b の和に c を掛けることを意味する。
以上の優先度は、整数・実数を問わず成り立つ。
21
よく使う変換指定
%d
int 型を10進数表記に変換
printf("%5d\n",x);
scanf("%d", &x);
%f
int 型の変数 x の値を右詰め 5 桁で表示(10進法)
キーボードから入力された値を整数値として変数 x に格納
double 型を 10進数表記に変換(scanf では使用不可)
printf("%lf\n",x);
変数 x の値を表示
printf("%10.5lf\n",x);
変数 x の値を右詰め 10桁、小数点以下 5桁で表示
%lf double 型を 10進数表記に変換(printfの書式変換としても使用可能)
scanf("%lf", &x);
キーボードから入力された値を double型として変数 xに
格納
%e 実数を指数部付き10進数表記に変換
printf("%10.4e\n", x);
変数 x の値を右詰め 10桁、精度 4桁で表示
22
よく使う変換指定
%g 実数を大きさに応じて%fまたは%e形式で変換
printf("%10.4g\n", x);
a = .0333333;
printf("a = %10.4g\n", a);
a = 1.0e-10;
printf("a = %10.4g\n", a);
a = 123.456789;
printf("a = %10.4g\n", a);
a = 125.0e10;
printf("a = %10.4g\n", a);
変数 x の値を右詰め 精度4桁で表示
a = 0.03333
a=
1e-10
a=
123.5
a = 1.25e+12
変換指定は他にもたくさんある。詳細は C 言語の教科書を参照
23
数の表現
計算機では数値は二進数で表している。負の数を表すには
2の補数表現を使っている。
補数表現(十進数の場合)
元の数
1234567
2589100
-1234567
-------1354533
9の補数
10の補数
-- 8765432 -- 8765433
2589100
+8765432
-------11354532
+
1
--------1354533
2587100
+8765433
-------11352533
5000000以上は
負の数を表す。
全体の桁数を決
めておく必要が
ある。今の場合
7桁としている。
1352533
補数表現(2進数の場合)
元の数
01101110
1の補数
-- 10010001
2の補数
-- 10010010
10000000以上は
負の数を表す
24
数の表現(2)
負の数を表すのに3つのやり方がある。
1)符号を付ける。2)1の補数を使う。3)2の補数を使う。
元の数 01101110
1の補数 10010001
2の補数 10010010
(10進で110)
120 ー 110 の計算を2進で行うと、
01111000
01111000
- 01101110 =
+10010010
----------------100001010
結果は 100001010で、先頭の1を除いた
00001010 = 10進で10が答え。
10000000は01111111+1 = 10000000の2の補数なので、
10000000は10進で-128となる。先頭の1ビットが1の数は
負の値を表す。01111111は10進で+127。
25
課題 1
キーボードから整数値を 1つ読み込み、その値の二乗と三乗を出力するプ
ログラムを作れ。
動作例:
%
%
%
%
%
./a.out
整数値を1つ入力せよ:123
入力した数の2乗は15129です
3乗は1860867です
茶色はプログラムの出力結果
26
課題 2
キーボードから 2つの整数値を読み込み、加減乗除と余りを計算す
るプログラムを作れ。
動作例:
%
%
%
%
%
%
%
%
%
./a.out
整数値を2つ入力せよ:24 5
入力した数は 24 と 5 です
24 + 5 = 29
24 - 5 = -19
24 * 5 = 120
24 / 5 = 4
24 % 5 = 4
空白文字(スペース)で区
切って入力
茶色はプログラムの出力結果
27
課題 3
キーボードから気温(華氏)を入力し、摂氏に変換するプログラムを
作れ。
摂氏 C と華氏 F の関係は以下の通り。
F = 1.8*C + 32
動作例:
% ./a.out
% 気温を華氏で入力せよ:74.5
% 華氏 74.5 度は摂氏 23.6 度ですがな
%
摂氏:スウェーデンのセルシウス
(Celsius, Anders)が水の氷点を 0℃、
沸点を100℃と定めた温度の単位。
ほとんどの国で用いられる温度の単
位系。
華氏:ドイツのファーレンハイト
(Fahrenheit, Gabriel Daniel)が、氷と
食塩の混合物の温度を0°F、人間
の体温を96°Fと定めた温度の単
位。一部の国はいまだにこの単位系
を使い続けている。
茶色はプログラムの出力結果
28
課題 4
1) 情報科学科計算機システムの C 言語処理系で取り扱い可能な
整数の最大・最小値を出力するプログラムを作れ。
整数の最大・最小値はヘッダファイル limits.h の中で、
INT_MAX, INT_MIN として記載されている。
#include <limits.h>
int I = INT_MAX; とするとIには整数の最大値が入る
2)
最大整数値に整数値 1 を足した結果はどうなるか確認せよ。
最小整数値から整数値 1 を引いた結果はどうなるか確認せよ。
3) 浮動小数点型 float と倍精度型 double が取り扱い可能な最大
値を調べよ。それぞれの最大値はヘッダファイル float.h の中で、
FLT_MAX, DBL_MAXで定義されている。この際、printf の書式の変
換指定で %f の代わりに %e を使用せよ。
29
課題 5
肥満度は、身長(m)と体重(kg)から
(体重−標準体重)/標準体重
で求められる。ただし、標準体重は
標準体重=22×身長×身長
で計算される。
身長と体重、二つの数値を入力して 肥満度を出力するプログラム
を作れ。身長と体重は浮動小数で入力する。
% ./a.out
% 身長(m)と体重(kg)を入力:1.7 55
% 肥満度は-0.134849です。
%
茶色はプログラムの出力結果
30
先週の課題2
ファイル test.c
1: #include <stdio.h>
2:
3: main()
4: {
5:
printf("hallo\a\n");
6:
printf(");
7: }
[email protected] tmp]$ cc test.c
test.c: In function 'main':
test.c:6: error: " 文字での終端を欠いています
test.c:7: error: expected expression before '}' token
test.c:7: error: expected ';' before '}' token
Test.c をコンパイルした結果
ファイル名の後の数字はエラーが発生した行番号を示す。6行目でエラーが発見され
た。7行目でもエラーがおこっているのは、6行目のエラーのため。
31
ダウンロード

2週目