なぜ人の気持ちは音楽によって変
わるのでしょうか?
2009年5月13日
Mk7072 江暁霞
1
目次
1. Gloomy Sunday という曲
2.音楽の力
3.音楽の効果
4.なぜか
5.現在はー医療に音楽
6.癒しの音楽とは
7.今後の音楽の利用
8.参考文献
2
1.Gloomy Sunday という曲




世界の三大禁止されている曲の一。
1933年にフランスでハンガリー人に作り出された、
1945年に消滅させた。
消滅させた理由は:
この歌を聴いた人の中で、100名以上の人はこの
歌で自殺した。
自殺の理由は:
メロディーが非常に悲しくて、死者の口ぶりで生き
ている人に歌うようで、悲しみに我慢できなくて自殺
したという。
3
出典:
http://www.wangyanpiano.com/images/sunday.jpg
4
2.音楽の力

悲しい曲を聴くと悲しい追憶を思い出す。

楽しい曲を聴くと楽しいことを思い出す。

明るく感じる曲を聴くと人は前向きになる。

寂しく感じる曲を聴くと人は落ち込む。
5
3.音楽の効果

平成13~14年に、九州大学大学院人間環境学研究
院の北山研究室で行われたミュージック・デザイン・
プロジェクトによると、音楽には:
3-1.感情確認効果。
3-2.気持ちの切替えを促す効果。
3-3.現状肯定効果。
3-4.自己肯定効果。
3-5.リラックス効果。
6
3-1.感情確認効果
積極的に一人になりたいと感じ、物思いにふ
けったりする。
 「今」に疲れたとき、「昔」を思い出す。
 悩んだり、悲しんだりしているとき素直に泣け
る。
 親やふるさとを思うとき、優しくなれるような気
がする。
 憂鬱な気分に同調して感傷的になれたり、エ
ネルギーが出てきたりする。

7
3-2.気持ちの切り替えを促す効果

今の状況を何とかしなければという時に背中
を押してくれる。

仕事後に聞くことによって、気持ちの切り替え
ができる。

言語化できない未消化な気持ちが消化され
る効果。
8
3-3.現状肯定効果

同じような気分のものを選び、その気分を助
長したり確認したりする。

落ち込んでいるときにしかたないこともあるの
だとあきらめさせ、希望を持たせてくれる。

沈んでいるとき「底」がはっきりと感じられ、周
りも見えてくる。
9
3-4.自己肯定効果







自分の気持ちにフィットして、心に広がりができる。
このままの自分でよいのだな、という気持ちになる
勇気がもらえる。
いらいらしたときに守られた自分だけの時間を作っ
てくれる。
つらいことがあったときに、もとの自分の戻れてしゃ
んとする。
ささくれだった心をなめらかにする。
潤いや柔軟性をとりもどす。
10
3-5.リラックス効果









疲れたとき楽しくなる。
お茶や読書とともに流すと癒される。
沈んでいるとき、明るい気持ちをじっくり味わう。
心を鎮める。
肩の力をぬくことができる。
心の中にたまっているものが解けて生き返る感じ。
落ち着かず混乱しているとき、リズムに乗って落ち着ける。
心身のリズムを統一し、その奥の魂にも深く静かな響きを残
す。
疲労やストレスがたまっているときに、体と心にある「しこり」
が解けていく感じがする。
11
4.なぜか

音楽が気分に影響を及ぼす要因としては,調
やテンポ、リズムなどの音楽的性質がある。
そのうえ、音楽の好みやパーソナリティなど
の聴取者側の個人的特性や,気分などの個
人の心理状態,音量や装置などの音響的環
境,会話の内容や映画などの音楽と同時に
生じている事象との相互作用などがあり。さら
に,音楽の特質として,音楽の感情的性格も
あげられている 。
12
5.現在はー医療に音楽
音楽は今も医療に使われているそうだ。
 音楽療法
 歴史:
太古の昔から、音楽は重要な役割を果た
してきた。
 意味:
患者さんからパワーを引き出す大きな力
がある。

13
6.癒しの音楽とは
癒しの音楽とは:
心を支える「良き音楽」。
 一番「癒しと希望」を与えてくれる楽曲:
モーツァルト。
 歌うということー心理的にも肉体的にも大きな
効果がある。
 歌の世界でしか実現できない夢や自分の理
想的な姿と、それこそが音楽の力なのだ。

14
7.今後の音楽の利用
こうしてみてくると、音楽には、人の「心」を癒
し、時には病気からの治癒を引き出したり、
社会の雰囲気をかえたりするという大きなパ
ワーがあることがわかる。
 今後音楽は医療にもっと広げるそうだ。

15
8.参考文献
谷口高士, 音楽心理学の研究, 梅本堯夫(編
著), 音楽の感情価と感情反応, 1996年.
 米井嘉一, 癒しの音楽, 広済堂, 2001年.
 永六輔, 荒井敦子, 歌の力, PHP研究所, 2004
年.
 北山修, 心を癒す音楽, 講談社, 2005年.
 http://www.wangyanpiano.com/images/sunday
.jpg

16
ダウンロード

なぜ人の気持ちは音楽によって変わるか