船舶保安評価の報告書
報告書記載要領
2003年12月
ClassNK
報告書作成の目的
• 5段階評価終了後に、船舶保安評価の方法、
具体的な脆弱性及びそれに対する対応策を、
第3者に説明することを目的とする
1頁 準備
① 本船の要目等
② 外注したSSAを、CSOが受け入れた日付
• CSOが実施した場合、 「Nil」
2頁 船舶保安評価の流れ
第1段階:脅威の誘因条件及びリスクの特定
第2段階:防御する船内業務の特定
第3段階:脅威シナリオの特定及びその評価
(第5段階: 第4段階の後,再評価)
第4段階:現場保安検査
2頁 準備
就航区域,船速,積荷の種類,乾玄高さ等について,検討
すべき事項を選択する
3頁 準備
必要な情報収集の記録
① 収集する(した)最低項目「Yes」にチェックマーク
② 「No」の場合は, 理由,コメント等を記す
4頁 準備
下記項目が検討されていれば、 「Yes]
① 人物、行動、業務、運用 (B/8.8)
② 可能性のある脆弱性 (B/8.10)
③ 要員に対する特別な配慮 (B/8.11)
5頁 第1段階 (1/3)
脅威の誘因条件及びリスクの特定(その1)
•政治的,象徴的,経済的損害,社会等への損害,人々への
恐怖等に分類し、幅広く考えつく事件を検討するためにリスト
アップしてみる
•事件を検討すれば、具体的対策案が浮び上ってくる
5頁 第1段階 (2/3)
脅威の誘因条件及びリスクの特定(その2)
•起こらないであろうと考える場合「Unlikely」
•起こるかもしれないと考える場合に「Probable」
•起こりうると考える場合に「Likely」をチェックする
5頁 第1段階 (3/3)
脅威の誘因条件及びリスクの特定(その3)
•対策を検討するために必要と考えるコメントを記す
•また,どうして「Likely」などとしたかを記録しておく
7頁 第2段階 (1/3)
注:第2段階を進める前に
•B/9.8で要求される保安対策案を作り上げておく
•B/9.8で要求される保安対策を、検討する詳細事項をリ
ストの左欄に書き出す
7頁 第2段階 (2/3)
各項目について,保安を強化できなかった場合の重要度を
「High」と「Low」に分けて識別する
7頁 第2段階 (3/3)
各項目について,現存の保安対策を確認する
•「Yes」か「No」をチェックし,概略を右欄に記す
•「No」の場合については,策定する事項を右欄に記す
•「Yes」であっても,保安措置が不十分と考える事項があ
れば右欄に記す
9頁 第3段階 (1/5)
• B/8.9に基づく脅威シナリオの例を左欄に作成する
9頁 第3段階 (2/5)
• 作り上げた左欄のシナリオに関連しないと判断した場合には,
「No」をチェックする
• 「No」であれば,右欄は記入しなくてもよい
9頁 第3段階 (3/5)
• 左欄の脅威(シナリオ)が起こった場合の結果についてその被
害の度合いを考える
• Possible Consequenceは,スケールがなく評価者の判断でよい
9頁 第3段階 (4/5)
• 「Likelihood」については,評価者の判断でよい
• 過去の事例があり広く知られているシナリオについては,
「Likely」とすべき
9頁 第3段階 (5/5-1)
• 「Possible Consequence」と「Likelihood」の数字の積を得る
• その積を「Vulnerability Score」とし,対策の指標とする
9頁 第3段階 (5/5-2)
• 「Vulnerability Score」が4以上の場合,対策を確立しなけれ
ばならない
11頁 第4段階 (1/3)
• 現場保安検査を実施し,本船の保安措置を確認もしくは確
立する
• 大項目はB/9.8に従ったものとし,レベル1から3までのリストを
作る
11頁 第4段階 (2/3)
• 保安上の弱点に関する「Observation」を書くようにする
• 本船が、現存の措置を用いて、A/7.1からA/7.4に規定され
ている行動を実行できるかどうかを念頭において行うこと
11頁 第4段階 (3/3)
• 弱点、脆弱性が特定されたら、対応策を検討し規定する
9頁へ戻る 第5段階
• 第3段階でVulnerability Scoreが4以上につき、これまでの検討
結果を踏まえて,第5段階として再度「Likelihood」を考察する
• “Likely”から“Unlikely”に変更された場合のみ、新Vulnerability
Scoreが4以下となりうる
Thank you for your attention
ClassNK
ダウンロード

船舶保安評価の報告書