情報とコンピュータ
~プログラムによる計測と制御~
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
1時間目
•コンピュータで制御されているものを見つけよう
•計測制御プログラマー、動作確認
•ソフトウェアの操作方法の説明
•順次処理の課題に挑戦
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
身の回りのコンピュータと制御
コンピュータは身の回りのいろいろなところで使用されています。
たとえば、エアコン
部屋の温度を感知
(入力)
設定よりも暑いので
冷房を強めよう
(判断・命令)
部屋の室温を感知(計測)し、
コンピュータで判断し
エアコンの働きを制御している。
冷房を強める
(出力)
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
身の回りのコンピュータと制御
コンピュータで制御されているものを探してみましょう。
• 自動ドア
– 人を感知し、扉の開閉を行なう。
• デジタルカメラ
– センサで手ブレを補正したり、ピントを合わせたり
自動的にきれいな画像を撮影できる。
他に「自動車」「炊飯器」「冷蔵庫」「自動改札」など。
→実生活にはコンピュータ制御機器があふれている。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
コンピュータで制御される機器の特徴
エアコンの場合
部屋の温度を感知
(入力)
①.センサ
状況を感知する。
→温度センサ、光センサ、傾斜センサ
設定よりも暑いので
冷房を強めよう
(判断・命令)
②.コンピュータ
状況を判断し、命令を行う。
冷房を強める
(出力)
③.アクチュエータ
動作・仕事を行う。
→クーラー、ヒーター、モーター
ブザー、LED
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
授業で用いる教材について
計測制御プログラマー
①.センサ=照度センサ、温度センサ
明るさや温度の状況をみる。
②
①
③
②.コンピュータ=PICマイコン
命令を覚えたり、行動を考える。
③.アクチュエータ=ブザー、LED
音を出す。
点灯・点滅する。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
教材の動作確認(プログラムの実行方法)
プログラムの実行方法
0.電池を入れます。
1.ボタンを押します。
スタンバイモードになります。
2.もう一度、ボタンを押します。
プログラムが実行します。
♪
照度センサ
①ボタンを押す ②LEDが全て点灯 ③プログラムが開始
→電源がON
→もう一度ボタンを押す
出荷時のプログラムでは、
明るい場合、LEDが点灯し、
暗い場合(照度センサを
手で覆う、箱の中に入れる等)、
ブザーから曲が流れるように
なっています。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
教材のプログラミングについて
これから、制御を行なうためのプログラミングを学習していきます。
プログラミングは専用ソフトウェア「ビュートビルダーP」を用い、
命令のブロックを並べることで行ないます。
これは、LEDの点灯を
行うプログラムです
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
教材のプログラミング
プログラミングには主に
・順次
・繰り返し
・分岐
の3つの手順があります。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
順次処理のプログラム
開始
仕事1
仕事2
仕事3
仕事を順番に並べ、一つずつ
実行するようなプログラムを
「順次」のプログラムといいます。
プログラムの構造の中では、
もっとも単純なものです。
終了
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
ソフトウェア 「ビュートビルダーP」の起動
ダブル
クリック!
ビュートビルダーPフォルダ内の
「cl_edit_stk.exe」を
ダブルクリックします。
ビュートビルダーPの画面
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
パソコンと計測制御プログラマーを接続する
コネクタの接続
向きに注意
ボタンを押す
ボタン
※計測制御プログラマーをケーブルにつないだ状態で
グラグラ動かしたりすると、ケーブルの接触が
不安定になって通信が途切れることがあります。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
順次のプログラミング 「ド」と鳴らす
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
プログラムの作り方
クリックで選択!
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
クリックすると
ブロックを追加!
【例題】「ド」のプログラムの作り方
矢印の根元を
ドラッグ
マウスカーソルを
ブロックに重ねる
終了に矢印をつなぐ
マウスのボタンを
離して接続完了
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
音符のプログラム 設定の変更
① クリック
ブロックをクリックすると、
左下の「設定エリア」の
表示が変わります。
表示が
切り替わる
ブロックごとに命令の設定を
変えることが出来ます。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
ブロックの削除方法
右クリック
マウスカーソルを
ドラッグ
削除したいブロック上で、右クリックし、
削除を選択する。
プログラムエリアでカーソルをドラッグすると
複数のブロックを選択することができます。
選択後、Deleteボタンを押すとブロックを
削除することができます。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
プログラムの書き込み
「書込」ボタンを
クリック!
書き込みが終わる
まで待つ
青いメーターが一瞬で右端まで届き、画面が消えたら書き込み終了。
書き込みに10秒以上かかる場合は失敗しているので、
「中断」をクリックし、一度ケーブルを抜き差しして書き込みなおす
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
プログラムの実行方法
USBより計測制御プログラマーを抜きます。
♪
プログラムの実行方法
0.電池を入れます。
1.ボタンを押します。
スタンバイモードになります。
2.もう一度、ボタンを押します。
プログラムが実行します。
プログラムが終了すると
スタンバイモードになります。
①ボタンを押す ②LEDが全て点灯 ③プログラムが開始
→電源がON
→もう一度ボタンを押す
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
プログラムのテスト実行
PC と接続してプログラムをテスト実行すると、実行中の命令が青枠で
囲まれて表示するため、プログラムの進み方が常に確認できます。
「実行」ボタンを
クリック!
ボタンを押すと
テスト実行を開始
実行中の命令が
青枠で囲まれる。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
プログラムファイルの保存
ファイル名を記入する。
「ファイル」→
「名前をつけて保存」を
選択する。
保存をクリックする。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題1 ドレミファソラシド(高)と鳴らすプログラム
プログラムをスタートしたら、
ドレミファソラシド(高)となる
プログラムを作りましょう。
(四分音符を使用します。)
ダブルクリック
音符ブロックは、ブロックをダブルクリックすると
ブロック近くに設定を表示させることが出来ます。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題1 解答例
ドレミファソラシド(高)と鳴らすプログラム
高いドに設定する。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
【まとめ1】
開始
仕事1
仕事2
仕事3
身の回りにはコンピュータで
制御されている機器がたくさん
あります。
それらの機器は、センサ・コン
ピュータ・アクチュエータという
要素を持っています。
制御のためのプログラムで
仕事を順番に並べ、一つずつ
実行するようなプログラムを
「順次」プログラムといいます。
終了
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
2時間目
•LEDのプログラム
•繰り返しのプログラム
仕事1
繰り返し
仕事1
仕事2
仕事2
仕事3
仕事3
仕事4
繰り返し
【順次】
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
【繰り返し】
LEDの命令ブロックについて
LEDの命令ブロックでLEDの点灯を制御することが出来ます。
1色のみの点灯
LED命令ブロック
2色で点灯
チェックを付けた色が点灯
すべて消灯
点灯時間を設定可能
<LEDブロックの設定>
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
3色のLEDが
1秒間点灯
LEDのプログラム
赤1秒、赤+黄色1秒、すべて点灯1秒を行うプログラムを作成しよう
チェックを入れる
各ブロックを
矢印で接続
プログラムが完成したら、書込みを行い 実行してみよう。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
LEDのプログラム
下記のようなプログラムを実行した場合、
赤→赤・黄→赤・黄・緑 というような点灯にはならない。
チェックを入れる
チェックを入れていない
命令のみのブロックになり、
すぐに次の命令ブロックに
移行する。
左のようなプログラムでは、
すぐにプログラムが終了し、
実行後すぐにスタンバイ状
態になってしまう。
赤LED(1秒間点灯)というブロックは、3つの命令
ブロックを合わせたものと同じ内容になっている。
赤LED点灯→ 1秒間継続→ LED消灯
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題2
赤1秒・黄1秒・緑1秒・すべて点灯1秒行うプログラム
プログラムをスタートしたら、赤1秒間点灯→黄1秒間点灯→
緑1秒間点灯→すべて点灯1秒間を行うプログラムを作りましょう。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題2 解答例
プログラムをスタートしたら、赤1秒間点灯→黄1秒間点灯→
緑1秒間点灯→すべて点灯1秒間を行うプログラムを作りましょう。
・時間の設定を忘れずに行いましたか?
・点灯の順番は正しかったですか?
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
繰り返しのプログラム
「赤1秒間点灯→黄1秒間点灯→緑1秒間点灯→
すべて点灯1秒間」を5回繰り返すプログラムを作成しよう。
一回目
二回目
同じ命令を5回分並べると作成できますが、
手間がかかりプログラムも見づらくなります。
また、もし10回繰り返したい場合は、更に
手間がかかります。
このように同じ命令を何度も実行する場合
は、「繰り返し」を使います。
5回目まで続く…
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
繰り返しブロックの使い方
繰り返しブロックは、「繰り返しの始まり」
と「終わり」の二つがセットになっています。
繰り返す回数を自由に設定できます。
繰り返し回数を設定
繰り返しブロックで挟まれた命令を
設定した回数だけ繰り返します。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
繰り返しのプログラム
課題2を5回繰り返
すプログラム
課題2で作成したプログラムに
繰り返しブロックを追加してみよう。
繰り返しの命令を活用すると、効率
よくプログラミングできます。
同じような命令がいくつも出てくる場
合は、共通する部分を繰り返しの命
令でうまくまとめてみよう。
繰り返しは
5回に設定
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
繰り返しプログラムの応用
繰り返しの中で繰
り返しを使う
プログラム
「繰り返し」の中に「繰り返し」を
使うというような複雑な構造も
できます。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
繰り返し命令の注意点
繰り返し命令は、「繰り返しの始まり」から「終わり」に
正しくつながらないと、おかしな動作になります。
繰り返しの途中で
止まってしまう
一度も繰り返さず
に終了してしまう
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
繰り返しのはじめがお
かしくなってしまう
課題3 ドレミファソラシドを5回繰り返すプログラム
ドレミファソラシド(課題1)を5回繰り返すプログラムを
作成しましょう。繰り返しブロックを1つ使用します。
×5回
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題3 解答例
ドレミファソラシド(課題1)を5回繰り返すプログラムを
作成しましょう。繰り返しブロックを1つ使用します。
繰り返し回数を
5回に設定する
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
3時間目
•分岐のプログラム
•センサ値を記録しよう
分岐
YES
仕事A
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
NO
仕事B
分岐のプログラム
条件によって処理の内容を変えたい
場合に、「分岐」を使います。
分岐
YES
仕事A
NO
仕事B
分岐ブロック
例えば、自動ドアで は、センサで感知し
ドアの前に人がいる場合、「開く」
ドアの前に人がいない場合、「閉じる」
という処理が行なわれています。
次にセンサを用いた分岐の
プログラミングを行ないます。
→照度センサを手で覆ったときに
赤LEDが点灯し、手で覆わないときは
緑LEDが点灯するプログラムを作成する
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
センサとインターフェースについて
温度センサ(サーミスタ)
温度変化により抵抗値が変化し、
温度を計測することが出来ます。
→ バッテリーの温度管理や
家電製品に使用されています。
照度センサ(フォトトランジスタ)
温度センサ
照度センサ
照度センサに当たる光があたると、
電流が流れ(流れやすくなり)ます。
この変化を読み取ることにより、
明暗を検知することが出来ます。
→ 携帯電話の液晶の制御などに
使用されています。
インターフェースが、赤外線センサのアナログ信号を、コンピュータが処理するために
デジタル信号に変換しています。
※ インターフェースとは情報のやり取りを仲介するもの、その仕組みのこと
センサ‐インターフェースA‐コンピュータ‐インターフェースB‐アクチュエータという関係になります。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
センサ値の計測
パソコンに接続するとセンサ値が
センサエリアに表示されます。
センサエリア
手で照度センサを覆ったときの反応を確かめましょう。
●センサを手で覆うと、数値はいくつになる? →センサ値[
●手をはなすと、数値はいくつになる? → センサ値[
]
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
]
分岐ブロック 【しきい値の決定方法について】
・手でセンサを覆っているとき
センサ値=0付近
・手を離しているとき
センサ値=120付近
センサ値は、ノイズや電源の影響
で、実際には若干 変化します。
ノイズなどの影響を踏まえ、「手で
センサを覆っているとき」と「手を離
しているとき」の状態を分けるしき
い値は2つのセンサ値の真ん中に
するようにします。
しきい値=60
(0+120)÷2=60
しきい値
0 ~ 60 ~ 120
+60 +60
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
照度センサを用いた分岐のプログラム
照度センサを手で覆ったときに赤LEDが点灯し、
手で覆わないときは緑LEDが点灯するプログラムを作成しよう。
しきい値は60
【 照度センサ<60 】
赤LED点灯
緑LED点灯
・センサを手で覆う(0付近)
照度センサが60よりも小さい→赤LED点灯
・センサから手を離す(120付近)
照度センサが60よりも大きい→緑LED点灯
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
照度センサを用いた分岐のプログラム
プログラムを繰り返すので
ループを使用する。(無限)
設定できたらプログラムを
書き込み、実行してみましょう。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題4 照度センサを用いた分岐のプログラム
照度センサを用い、手(指)で覆ったときにドレミ(四分音符)と鳴り、
手で覆わなかったときはすべてのLEDが点灯するプログラムを作ろう。
照度センサを覆う場合
ドレミと鳴る
照度センサを覆わないとき
全てのLEDが点灯
照度センサ
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題4 解答例
手(指)で覆った場合
→ ドレミ(四分音符)と鳴る
手で覆わなかった場合
→ 全てのLEDが点灯する
LEDを消灯する
ブロックが必要
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
温度センサの調整方法について
温度センサには個体差があり、センサ値の補正が必要な場合があります。
1.設定 →
温度センサの設定を選択
2.温度計などで実測した
温度を入力する。
3.OKをクリックする。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
センサの情報をパソコンに記録しよう
パソコンと計測制御プログラマーを接続すれば、センサ値の記録が可能です。
センサ値のグラフが表示されます
1.どちらかをクリック
記録データというフォルダが作成され、
データ*(ファイル名は変更可能)という
ファイルに一定時間毎にセンサ値が
記録されます。
2.記録開始をクリック
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
3.記録の終了
センサの情報をパソコンに記録しよう
ビュートビルダーPのフォルダ内に記録データが保存されています。
1.フォルダが作成されている。
ダブルクリックする。
2.データファイルを開きます。
Excelで開くことが出来ます。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
センサの情報をパソコンに記録しよう。
記録データには、日付、時間、温度、明るさの計測結果が保存されています。
グラフ化も
可能です。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
センサの情報をパソコンに記録しよう。
温度・明るさの計測結果があると、どのようなことができるかな?
【温度】
→ 1日の温度変化がわかれば、植物を日陰に入れるタイミングがわかる。
→ 1日の温度変化がわかれば、エアコン使用するのに適した時間がわかる。
【明るさ】
→ 1日の明るさがわかれば、目覚まし時計を作ることが出来る。
→ 1日の明るさがわかれば、電灯をつけるタイミングがわかる。
→ 1日の明るさの変化を見れば、侵入者の有無を調べることが出来る。
【温度・明るさ】
→ 植物栽培で栽培に適した環境かどうか調べることができる。
→ 明るさだけの情報よりも性能がいい目覚まし時計をつくることができる。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
課題5 温度センサを用いた分岐のプログラム
温度センサとLEDを用いて、温度計を作成しよう。
温度が25℃より低い
→ 緑色LEDが点灯
温度が25~29℃のとき
→ 黄色LEDが点灯
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
温度が29℃より高い
→ 赤色LEDが点灯
課題5 解答例 温度計を作成しよう
分岐ブロックを2つ使用します。
温度が25℃より低い
→ 緑色LEDが点灯
29℃より低くない
→ 29℃より高い
温度が25~29℃
→ 黄色LEDが点灯
温度が29℃より高い
→ 赤色LEDが点灯
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
【まとめ2】
プログラミングには主に
・順次
・繰り返し
・分岐
の3つの手順があります。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
4時間目
•音楽を作成してみよう。
•電子オルゴールを作成しよう。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
音楽を作成しよう
好きな曲や気になる曲など、音楽を作成してみよう。
※ 1つのプログラムで使用できるブロックの数は限られています。(音符ブロックのみの場合、42個まで)
繰り返しブロックや分岐ブロックを使用し、プログラムをまとめるようにしてください。
サンプルプログラムの
「さくら」のプログラムです。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
音楽を作成しよう
※ サンプルプログラムの「上級者向け Happy Birthday to You 」では、
上級者設定の変数演算ブロックが使用されています。
サンプルプログラムの
「Happy Birthday to You」の
プログラムです。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
演算ブロックについて
演算ブロックを使用する場合は、上級者向け機能設定で「演算ブロックを使う」を有効にする
チェックします。
演算ブロックでは、
代入や加算などの
四則演算が可能。
演算ブロックのアイコンが表示される
<演算ブロックの設定エリア>
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
音楽を作成しよう。
サンプルプログラムの「上級者向け Happy Birthday to You」について
1.「a」に0を代入。
ドドレド
ドドレド
2.はじめに「a=0」のため
「はい」の方へ。
5.「a=1」のため
「いいえ」の方へ。
ソファ
ファ ミ
3.「a」に1が加算される。
「a=1」になる。
4.繰り返しにより戻る。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
ドドレドファミ~
ドドレドソファ~♪
となります。
電子オルゴールを作成しよう。
箱を開けたら、 「Happy Birthday to You」が流れるプログラムを作成しよう。
箱を開ける(明るい)
箱の中(暗い)
「Happy Birthday to You」
ドドレドファミ
ドドレドソファ
ドドド(高)ラファミミレ
♯ラ♯ララファソファ
(サンプルプログラムを参考にしよう)
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
照度センサ
電子オルゴールを作成しよう。
箱を開けたら、 「Happy Birthday to You」が流れるプログラムを作成しよう。
照度センサが80以下(暗い) はい
→ 何もしない。
照度センサが80以下ではない いいえ
→ Happy Birthday to You ♪
※ 箱を閉じた後も曲が終わるまで音が鳴ってしまう。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
電子オルゴールを作成しよう。
箱を開けたら、 「Happy Birthday to You」が流れるプログラムを作成しよう。
曲を分割し、明暗を判定する分岐
ブロックをたくさん使用すると、箱を
閉じたときの反応が早くなります。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
計測制御プログラマーを用い、役に立つものを作ろう
計測制御プログラマーの機能を用い、どんなことができるかな。
生活で役に立つものを考えて、作ってみよう。
②
①
③
① センサ=照度センサ、温度センサ
明るさや温度の状況をみる
② コンピュータ=PICマイコン
命令を覚えたり、行動を考える
③ アクチュエータ=ブザー、LED
音を出す。点灯・点滅する。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
【まとめ3】
コンピュータは、順次や繰り返し・分岐などのプログラムによって
処理を行ない、我々の生活において計測や制御で重要な役割を
果たしています。
今後もコンピュータの発展に伴い、生活に役立つたくさんの
コンピュータ制御機器が出てくることでしょう。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
【メモ】
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
【その他】二進数の学習
普段0~9までの10種類の数字
の組み合わせで、様々な数値を
10進数で表しています。
コンピュータでは「0と1」の2種類
の数字だけで数値を表現する
2進数が使用されています。
10進数
2進数
0
0000
1
0001
2
0010
3
0011
4
0100
5
0101
6
0110
7
0111
8
1000
9
1001
10
1010
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
二進数の学習
①クリックします。
②ウインドウが現れます。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
二進数の学習
チェックをはずすと、2進数や10進数の
数値が変わります。
計測制御プログラマーのLEDも変化します。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
二進数の学習
演算ブロックを用い、LEDに数値(10進数)を代入することで、LEDの制御が可能です。
演算ブロックの設定エリア
赤LEDを1秒間点灯する
プログラムです。
Copyright 2012 Vstone Co.,Ltd.Reserved
ダウンロード

プログラムによる計測と制御授業案スライド(PPT)