情報基礎A第3週
LOGO
オペレーティングシステム
徳山豪・全眞嬉
東北大学情報科学研究科
システム情報科学専攻
情報システム評価学分野
1
コンピュータの歴史
コンピュータとは
プログラムに従って演算を行う機械の総称
スーパーコンピュータや汎用コンピュータ、サーバ
などからパソコンやワープロ、あるいは電卓まで、
非常に広い範囲のものを指す
コンピュータの歴史
2
ENIAC (Electronic Numerical Integrator and Computer)
1946年、ペンシルバニア大学のムーア校で、モークリー
(John William Mauchly) と エッカート (John Presper
Eckert) によって作られた
最初の電子計算機とされている
プログラムの格納方法で
現在のコンピュータの仕
組みとは異なっている部
分もあり、コンピュータの
定義によっては必ずしも
世界最初のものではない
ABC
●
1942 米国
Colossus
●
1943 英国
3
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/eniac.html
ENIAC
真空管18,800本
床面積は 100m2、全長30m、重量 30トン、消費電力は
150kW
弾道計算や暗号解読といった軍事目的で極秘裡に研究
ENIAC開発の背景には大砲の砲弾の軌跡(弾道)を
もっと高速に計算したいという米軍のニーズがあった
4
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/eniac.html
ABC (Atanasoff - Berry Computer)
1942年にアイオワ州立大学のアタナソフ (John Vincent
Atanasoff) と ベリー (Clifford Edward Berry) によって作られ
た最初の電子計算機
真空管は約300本で、装置全体の大きさは大きめの机程度
5
http://www.infonet.co.jp/ueyama/ip/history/eniac.html
計算機構成(ハードウエア・アーキテクチャ)の基本
制御装置
命令
読み
出し
入出力
処理装置
主記憶装置
演算指定
演算装置
プログラム
格納部
データの読
み書き
入出力装置
これらのやり取りをする仕組み: 制御アーキテクチャ
記憶装置などを共有する仕組み: オペレーティングシステム
6
ファイルとフォルダ
ファイル:ユーザが作業領域で利用するた
めのデータセット
文書ファイル (先週作った履歴書)
プログラムファイル
画像ファイル (デジカメで取った一枚の写真)
音声ファイル (CDの歌一曲)
ファイルの大きさ、KB(キロバイト)、MB(メ
ガバイト)
7
ファイルとフォルダ
複数のファイルをフォルダ(LINUXではディレ
クトリと呼ぶ)にまとめて管理する
画像や音声ファイルをいくつか持った、アルバム
フォルダ
フォルダのフォルダ (アルバムフォルダいくつかを
持つ“マイミュージック”フォルダなど)
ホームディレクトリ (今使っている東北大学の教
育用システムであなたがファイルの作成をできる部
分)
現在のほとんどのシステムで共通の手法
8
OSの仕事
OS(オペレーティングシステム)
現在のコンピュータ: 複数の作業(タ
スク)を同時に行う (Time Sharing)
インターネットブラウザと音楽ソフトとエ
ディタとメールソフトを同時に使う
一つの記憶装置をたくさんの目的のた
めに用いる
記憶装置の整理整頓と効率利用が必
要
9
OSの歴史
MVS/CMS:IBM大型機のOS
Multiple Virtual Storage
Conversational Monitor System
システム360(1964)で汎用計算機の実現
UNIX:ワークステーションの代表OS
MS/DOS:パソコンのOSの実現
WINDOWS, MAC, 現在のパソコンの主力
OS
TRON:和製OS, 携帯端末のOSとして復活
LINUX:UNIXのパソコン版
10
UNIXシステム
名前の由来:MULTICS → UNIX
1983、ATT ベル研究所が発表
1985、UC Berkleyが普及版を配布
特徴:
木構造を用いたファイルシステム
●
●
当時としては画期的なアイデア
MAC, WINDOWS等でも踏襲している
中身の公開(オープンソース)とユーザ変更の許容
多彩なツールと無料ソフトウエア
パソコン版はLINUX
(原作者リーナス・トルバーズLinus Torvalds )
11
ファイル構造
/
usr
www
home
a4b
system
local
bin
c45
a4c
/home/class/a4b/a4b1176c
a4b1176c
mydoc1
cprog
学生一人のホームディレクトリ
mail
12
WINDOWS
ウインドーシステムが名前の由来
Bill Gates:DOS(ディスクオペレーションズシステ
ム)からWINDOWS、ソフトウエアビジネスの巨人
マウスクリックとアイコンによる操作
MAC OSも同様
一般個人ユーザ対象の操作性の容易さ
簡単なインストール
高機能のソフトウエア群(Officeなど)
マイクロソフト社による責任を持った保守とバー
ジョンアップ (WIN95→98→・・→XP→Vista、た
だし有料)
現在、圧倒的なシェアを持つ
欠点:セキュリティーの脆弱さ、有料ソフトウエア、
ユーザによる保守の難しさ
13
ファイルの名前の付け方
ファイル名 と ファイルタイプ
doc1.txt
ファイルタイプ=ファイルの種類を指す
アプリケーションやコマンドで扱うために、
特定のファイルタイプを要求されるものも
ある。
myfile.txt (テキストファイル)
myfile.doc (WORD文書ファイル)
doc2.html (WEBページ作成で)
a3502.jpg (画像ファイル)
14
ファイル操作
画面左上のアイコンからマイドキュメントを
選ぶ
下記の名前のフォルダの作成を試す
実習
レポート
講義資料
フォルダ間のファイルの移動を試す
ファイルの作成、コピーを試す
15
レポート提出
WEB上の授業支援システム(STUDENT機能)
レポートの有無の確認
Assignmentを選ぶ
担当教官(徳山)を選ぶ。reference をクリック
Assignmentが出ていればクリック、referenceをクリック
レポートの提出
For Submissionボタンをクリック
参照ボタンをクリックして、提出ファイルを選ぶ
Your submission is accepted で成功
レポートの評価の確認(評価には時間掛かります)
Confirm of assignment evaluation
16
ダウンロード

オペレーティングシステム