ATLASの現状
徳宿克夫
One of the first Pb-Pb events
Energy in Pb-Pb
Distribution of Nevents vs. ET
shows similar features to the
distribution of Ntracks.
17 Nov 2010
Strong correlation observed
between total ET in the barrel
and forward calorimeters.
Pippa Wells, ATLAS
3
Pb-Pb event with jets
17 Nov 2010
Pippa Wells, ATLAS
Uncorrected pT of
each jet ~160 GeV
4
7TeVでの物理ランの進み
急激に加速器の性能が上がっている!
本格的な多
バンチ衝突
7月
末
7TeVでの物理ランの進み
今までの最大ルミノシティ(衝突輝
度)は 2.1 x 1032cm-2s-1
急激に加速器の性能が上がっている!
(設計値(1x1034) の50分の1 だが今年の目標は達成)
バンチあたりの陽子数は設計値を
達成しているので、後はバンチを増
やすだけ。 (今年の最高は368バンチ 最終的には
2808バンチ)
本格的な多
バンチ衝突
7月
末
トップ探索
LJ mode
LJ2 event
Pt e = 41.4 GeV
Et miss = 89.3 GeV
Mt =68.7 GeV
4jet with 1 b-tagged
2011年以降の見通し
The
7TeV
1fb-1
10 year technical Plan
13~14TeV
~100fb-1
L~1x1034 cm-2s-1
設計値を達成
検討事項:
•2011年のランでエネルギーを上げるか?(8TeV?)
•2012年の長期シャットダウンを行うか?
14TeV ~300fb-1
HL-LHC
1月末のシャモニーワークショップで加速器の状況を
34
L~2x10 検討した上で決める。
cm-2s-1
24th August 2010
SPC Aug 2010
8
2011年のデータ(7TeV: 1fb-1)では、
ないことは言える。
•Higgsの質量(120-460GeV)の領域を95%CLで
Exclude できる可能性は50%
2011年のデータ(7TeV: 1fb-1)では、
ないことは言える。
5fb-1 enough to close gap with LEP at 7 TeV
Expected 3 observation from 123 to 550 GeV
アトラス日本の取り組み
データ収集フェーズにいかに測定器の維持・運転・改善をして
いくか?
アトラス日本会合を開いて議論していく。
10月10日: シリコン測定器
11月27日: ミューオン測定器
アトラス日本物理会合:
ほぼ毎月 : (@ CERN + ビデオ接続)
研究会: 12月3-4日 SUSY研究会 (at ICEPP)
LHCアップグレード:
学振: 若手頭脳循環で、加速器・測定器の共同研究で
長期に若手を送ることができるようになった。
Candidate for ZZ
m 94 GeV, ETmiss = 161 GeV
17 Nov 2010
Pippa Wells, ATLAS
12
A beautiful ZZ event
November 17, 2010
LHCC open meeting
13
4  mass
PAS HIG 008-3
November 17, 2010
LHCC open meeting
14
ダウンロード

Document