梅雨前線に伴う沖縄島を通過した
線状降水システムの構造の変化
野村真奈美・上田博・坪木和久・篠田太郎・大東忠保・佐野哲也・服部美紀・
清水慎吾・内藤大輔・坂下佳一郎・民田晴也・檜山哲也・中村健治(名大
HyARC)
中川勝広(通信総研)
はじめに
・東シナ海における梅雨前線に伴う降水システムの構造と
発達・維持機構を明らかにするために、名古屋大学と通総研
の共同研究、及びCREST/LAPS沖縄観測を2003年5月13日
~6月6日に沖縄で行った。
・顕著な線状降水システム : 5月15日・5月24日~25日
5月24日から25日にかけて発生した東シナ海における
目的 梅雨前線に伴う線状降水システムの沖縄島通過時の
構造の変化について調べる。
観測範囲
使用データ
GOES
JMAレーダー
ドップラーレーダー
・勝連:X-bandradar
・名護:C-bandradar
勝連
(HyARC)
名護
(COBRA)
GOES 赤外画像
5月25日0300JST
JMAレーダー画像
(高度2km)
(km
)
24MAY
TIME( JST )
25MAY
(km
)
24MAY
TIME( JST )
25MAY
0448JST
NE 400
SW
(km)
0736JST
0
40km
(km)
NE
0918JST
SW
(km)
NAHA
(21JST
24MAY)
03JST 25MAY
通過後の下層風
NAHA
通過前の下層風
まとめ
梅雨前線に伴う線状降水システムが沖縄島を通過
する時の構造の変化について調べた。
・島に対してシステムの南西側
その後
・線状を維持
・エコー頂が高くなる
→ 線状を維持
・島にかかる部分
・線状維持できず
・反射強度が弱まる
→ 再び線状化
(層状域が広がる)
陸によって下層の水蒸気流入が
阻害されると考えられる。
今後は線状降水システムの三次元気流構造や発達・
維持過程について調べる。
ダウンロード

ppt - 名古屋大学