「大阪府都市基盤施設長寿命化計画」策定に向けて(答申)
第2編 下水等設備部会における長寿命化計画 概要版
≪現 状≫
資料7-1
≪効率的・効果的な維持管理手法の確立のために講ずべき主な施策≫
◇下水道(土木・設備)
• 都市機能を支える重要なライフラインである大阪府の下水道普及率は全国
平均と比べても高い水準であるが、昭和40年に事業着手以来、約50年経
過し、現有施設においては、高齢化した下水管渠や施設が多い。
• 下水機能が停止すれば、府内下水道利用者800万人以上の生活に重大
な影響を及ぼす。
◇河川施設(設備)
• 過去に大阪を襲った高潮災害の経験から、昭和45年前後に防潮水門、
防潮扉が多く建設されている。
• 供用後40年以上経過した施設が多く、高齢化による信頼性の低下が懸念
される。
◇海岸施設(設備)
• 海岸は昭和36年9月の第2室戸台風による災害を契機に整備している。
• 管理する74kmの海岸線上に点在する水門・樋門・門扉などの重要な防災
施設は、建設後40年以上経過した設備が60%超と高齢化が進んでおり、
信頼性の低下が懸念される。
≪維持管理の取組≫
大阪府
◇維持管理アクションプログラム策定(H17)
下水道
◇下水道経営ビジョンを策定(維持管理の重点化)(H23)
◇国の手引きに基づき下水道長寿命化計画を策定(H23~)
河川施設(設備)
◇国のマニュアルに基づき機場毎の長寿命化計画を順次策定(H21~)
◇施設の長寿命化に資する予防保全対策等を強化(H23~)
海岸施設(設備)
◇施設の長寿命化に資する予防保全対策等を強化(H23~)
新たな課題
≪課題:効率的・効果的な維持管理手法の確立≫
下水道(土木)
• 水槽等土木構造物の点検手法
(下水道施設としての適切な維持管理手法が確立されていない。)
下水道・河川・海岸設備
• 非常用設備の点検手法
(非常設備は稼働頻度が少なく、状態監視による評価が難しい、そのため
傾向管理等の点検手法が課題となっている。)
• 雨水ポンプ駆動用エンジンの更新タイミング
≪課題:持続可能な維持管理の仕組みづくり≫
下水道・河川・海岸設備
• 維持管理業務の実施体制と契約手法
◇点検、診断、評価の手法や体制等の充実 致命的な不具合を見逃さない(安全の視点)
【下水道(土木)】
• 『大阪府流域下水道(土木構造物)維持管理指針(仮称)』を作成。
*水処理施設等土木構造物の管理水準と点検、調査、補修、更新等維持管理内容を明確化
*計画的、定期的な点検調査により、施設の腐食環境、健全度を把握。結果を補修工事、長寿命化対策計画に反映。
【下水道(設備)・河川施設(設備)・海岸施設(設備)】
• 機械内部等、不可視部分に対して、分解整備等の着実な実施。
• 非常用設備の点検は、管理運転時における状態監視に努め、点検データの蓄積、可能な範囲での傾向管理の実施。
• 予見できない故障発生時の即時復旧のために、部品供給状況の把握に努める。
• 民間プラント設備における維持管理手法も参考にした維持管理への取り組み。
◇施設特性に応じた維持管理手法の体系化
○ 維持管理手法の設定
【下水道(設備)・河川施設(設備)・海岸施設(設備)】
• 機械設備は基本的に状態監視型による。
• 電気設備は時間計画型による。
• ポンプ駆動用エンジンは、適正な状態監視型での維持管理に努めた上で、更新は部品供給状況を見極め、
設置後35年を目途に更新する時間計画型の導入。
◇重点化指標・優先順位の考え方
【下水道(設備)・河川施設(設備)・海岸施設(設備)】
• 重点化・優先順位は、不具合発生の可能性と社会的影響度から評価。
• 不具合発生の可能性は、健全度と経過年数から評価。
• 分野毎に社会的影響度の指標を設定。
◇日常的な維持管理の着実な実践
【下水道(設備)・河川施設(設備)・海岸施設(設備)】
• 外部委託の点検結果報告等に対する留意点の整理。
• 点検等データの活用する視点での蓄積と管理への取り組み。
◇維持管理を見通した新設工事上の工夫
• 建設および更新・大規模補修の計画、設計等の段階における維持管理費用や更新費用を最小化するライフサイクルコスト縮減
案の検討。
【河川施設(設備)・海岸施設(設備)】
• 危機管理を考慮した新設のあり方の整理。
◇新たな技術、材料、工法の活用と促進策
【下水道(土木・設備)】
• 技術進歩が顕著であり、建設や更新時に最新技術導入するための、新技術採用手法を整理。
*消費電力の大きい機器について、省エネタイプへの機種変更(更新)を順次実施
≪持続可能な維持管理の仕組みづくりのために講ずべき主な施策≫
◇人材育成と確保、技術力の向上と継承
【下水道(土木・設備)】
• 大阪府下水道事業促進協議会と大阪府下水道技術研究会を活用した府及び市町村職員の技術力の向上。
◇ 現場や地域を重視した維持管理の具体的取組
【下水道(土木・設備)】
• 大阪府下水道事業促進協議会と大阪府下水道技術研究会を活用した府内市町村や大学との連携強化。
◇維持管理業務の改善と魅力向上のあり方
【下水道(設備)・河川施設(設備)・海岸施設(設備)】
• 適切維持管理業務を維持するため、外部委託する場合における契約手法を整理。
ダウンロード

(答申)下水等設備部会における長寿命化計画(素案)