LHCStartUp2010-V1JA0, http://atlas.kek.jp/sub/poster/index.html
2010年夏までの成果
測定器の性能の確認
既知粒子の再発見
Ω→Λπ
Ξ→Λπ
K0→π+π-
J/Ψ→μμ
φ→KK
データ
シミュレーション
π0→γγ
シミューレーションから想定されていた検出器の性能と実データでみた
性能を比較しながら、問題点を見つけていく。アトラス測定器を非常によ
くモデル化できていることがわかる。
(ここにあげたものは、過去100年ぐらいの間に既に発見されている粒子)
ジェット
W,Z
electron channel
アトラスの検出器で測定された2つの粒子a,bの運動量から不変質量
Mabを計算し分布をとると、その2粒子が親の粒子から崩壊してできたも
のなら、親の質量にピークをつくる。このようにして新粒子を探していく。
W→τν
muon channel
W粒子は見えな
い粒子(ニュート
リノ)とレプトンに
崩壊するが、アト
ラス検出器でとら
えることができた。
上図は2つのジェットに崩壊す
る新粒子の探索結果
左は8月に観測された最高不
変質量の2ジェット事象。
•1st jet: pT = 890 GeV, y = -0.6, φ = -2.8
•2nd jet: pT = 760 GeV, y = 0.6, φ = 0.3
•3rd jet: pT = 30 GeV, y = 1.5, φ = 0.4
超対称性粒子の探索の始まり
トップクォークの再発見
LJ2 event
探索を始めるにはまだデータが足
りない。いまは普通の反応からくる
偽物(バックグランド)をきちんと説
明できるかを調べている。
でも中には下のような興味深いイ
ベントも見つかってきている。
Pt e = 41.4 GeV
Et miss = 89.3 GeV
Mt =68.7 GeV
4jet with 1 b-tagged
トップクォークはW粒子とボトムクォークに崩壊する。Wの崩壊のタイプで仕分をして探索
する。
•Meff (with 2 jets + mu + Emiss) : 915 GeV
•Meff (with all jets + mu + Emiss) : 1156 GeV
•m+ Pt = 25 GeV eta=2.33
•Et miss = 118GeV
ダウンロード

V1J(A0)