日
本
語
文
法
第四章 用言
上海外国語大学
日本文化経済学院
講
座
用言というのは
活用する自立語
体言
動詞
飲む、起きる、
くる、する
形容詞
赤い、うれしい
形容動詞
静かだ、堂々たり
動詞の必須成分(1)
動詞が伴う補語には、必ず必要とするものと状況
を説明するために補助的に添えられるものがある。
昨日、公園で太郎が次郎を殴った。
一項動詞
明日、雨が降るだろう。
二項動詞
田中さんが花子さんと来月結婚するそうだ。
車が突然バスにぶつかった。
三項動詞
田中さんが昨日小林さんに手紙を送った。
動詞の必須成分(2)
二項動詞では対象への働きかけの強さ(他動性)が
目的語の格表示と大きく関係している。
「殺す、壊す、殴る」など対象に直接接触して変化を
与えるものは目的語は「を」で示される。
犯人が拳銃で被害者を殺した。
「似る、賛成する」など対象との関係を表すものは目
的語は「に」で示される。
私はその計画に賛成しかねます。
「わかる、できる」など対象に働きかけず、主体の状
態を表すものは目的語は「が」で示される。
いくら聞いてもその意味がわからない。
動詞の状態性(1)
動詞は状態的なもの(状態動詞)と非状態的
なもの(変化動詞、動作動詞、出来事を表す
動詞)に分けることができる。
(1)状態動詞は、「テイル」をつけることが
できない。(いる、ある、できる、動詞の可
能態など)
田中さんは中国語を{×話せている/○話せる}。
動詞の状態性(2)
(2)第四類動詞は、いつも「テイル」とと
もに用いられる。(似る、そびえる、優れる、
富む、(赤い頬/長い髪)がするなど)
井上さんは長い髪を{×する/○している}。
富士山が高く{×そびえる/○そびえている}。
動詞の状態性(3)
(3)継続動詞に「テイル」がつくと、「動
作・出来事の継続」を表す。 (食べる、読
む、勉強するなど)
田中さんはレストランで夕食を食べている。
林さんは新聞を読んでいる。
ただし、副詞などが関与すると、「動作結果
の継続」を表すこともある。
吉田さんは、夏目漱石の小説をたくさん読ん
でいる。
動詞の状態性(4)
(4)瞬間動詞に「テイル」がつくと、「動
作結果の継続」を表す。 (死ぬ、落ちる、割
れるなど)
教室の窓ガラスが割れている。
汚染がひどいので、川の魚がたくさん死んで
いる。
ただし、副詞などが関与すると、「動作の繰り返
し」を表すこともある。
汚染がひどいので、川の魚が次から次へと死ん
でいる。
動詞の方向性(1)
遠心的方向性
ウチ 話し手>聞き手>第三者 ソト
求心的方向性
(1) 「あげる、くれる、もらう、よこす」は動詞
自体が方向性を持つ動詞で、「あげる」は遠心
的方向性をその他は求心的方向性を持つ。
昨日私は友達の田中さんに手紙を{×よこした
/○送った}。
動詞の方向性(2)
対象を移動させるという意味を持つ動詞は、従属
節の中で用いられる場合や伝聞を表す形式を伴う
場合を除いて、原則として遠心的方向性をあらわ
す。
母が私にみかんを{×送った/○送ってくれた}。
田中さんが私に電話を{×かけた/○かけてく
れた}。
動詞の意志性
動詞は意志的な意味を表すことができる動詞(意
志動詞)と表すことができない動詞(無意志動詞)に
分けられる。
芥川龍之介はたくさんの小説を書いた。
ここにきれいに書いてください。
ほかの事を考えていて、間違った字を書いた。
ほかの事を考えていて、字を間違えた。
×字を間違えましょう。
学生が注意しているか確かめるために、わざと字
を間違えた。
動詞の自他対応(1)
動詞はヲ格の目的語を取らず、直接受身にならな
いもの(自動詞)とヲ格の目的語を取り、直接受身に
なるもの(他動詞)に分けられる。
自動詞には、意志的自動詞(走る、泳ぐ)と非意志
的自動詞(割れる、落ちる)に分けられる。後者には
形態・意味的に類似した他動詞を持つもがあり、こ
れを自他の対応があるという。この場合、自動詞は
ある出来事が自然に起こったように表す一方、他動
詞は、それが人間などの意志的な動作によって引
き起こされたように表現する。
動詞の自他対応(2)
自他対応があるとき、自動詞は自然力の影響など
によって起こった出来事や他動詞が表す動作の結
果を表す。
風でドアが急に閉まった。
山田さんがドアを閉めた。→ドアが閉まった。
昼間になるにつれて、気温が高まった。
ストーブをつけて、部屋の温度を高める。→部屋の
温度が高まった。
自他対応の形態上の特徴(1)
1. aruで終わるものはすべて自動詞であり、 aruを
eruにかえると他動詞になる。
2. reruで終わるものはすべて自動詞である。
3. suで終わるものはすべて他動詞である。
自他対応の形態上の特徴(2)
1. aru VS eru 型
上がる
上げる
あたる
つかまる
つかまえる しずまる
しずめる
もうかる
もうける
かえる
かわる
あてる
自他対応の形態上の特徴(3)
2. reru VS su 型
隠れる
隠す
こぼれる
こぼす
流れる
流す
外れる
外す
3. reru VS ru 型
売れる
売る
割れる
割る
破れる
破る
折れる
折る
自他対応の形態上の特徴(4)
4. ru VS su 型
写る
写す
裏返る
裏返す
転がる
転がす
覆る
覆す
5. eru VS asu 型
荒れる
荒らす
枯れる
枯らす
焦げる
焦がす
漏れる
漏らす
自他対応の形態上の特徴(5)
6. u VS –asu 型
動く
動かす
飛ぶ
飛ばす
沸く
沸かす
泣く
泣かす
7. iru VS osu 型
起きる
起こす
落ちる
落とす
降りる
おろす
滅びる
滅ぼす
自他対応の形態上の特徴(6)
8. u VS –eru 型
開く
開ける
浮かぶ
浮かべる
片付く
片付ける
沈む
沈める
9. eru VS u 型
聞こえる
聞く
砕ける
砕く
裂ける
裂く
煮える
煮る
「てくれる」と「てもらう」の使い分け
。
授受関係を表す動詞の例外的用法(1)
(1)てやる
「てやる」は話者の強い決心を表すことができる。この場合、
その後によく「ぞ」、「たい」などがつく。
 いつか偉くなってやる!
 この野郎、ぶん殴ってやるぞ。
 馬鹿にしたやつらをいつか見返してやりたい。
(2)てもらう
授受関係を表さない「てもらう」は「困る」「う(よう)か」などと
共起して、マイナスの意味を表すことがある。
そんなことをしてもらっては困る。
やれるものなら、やってもらおうか。
授受関係を表す動詞の例外的用法(2)
(3)てくれる
「てくれる」は、方向性という視点から見れば、授受関係を
表す場合と同じにもかかわらず、話者にとっては消極的で
ある用法がある。この場合、文末では、よく「ものだ」「の
だ」で感動を表したり、「な」「ね」で他人への非難を表した
りする。
 とんでもないことをしてくれたんだ。
 俺の顔によくも泥を塗ってくれたな。
。
。
ダウンロード

動詞の必須成分(1)