コンクリート構造学
及び演習 ガイダンス
コンクリート工学研究室
岩城 一郎
授業の概要
<教育目標>1.鉄筋コンクリートの概念がわかる.
2.鉄筋コンクリートの耐荷機構がわかる.3.鉄筋
コンクリート部材の設計法(終局限界状態,使
用限界状態)がわかる.4.プレストレストコンク
リートの概念と設計法がわかる.
<授業の概要>講義および演習を通して,コンク
リートおよび鉄筋の特徴および力学的性質につ
いて学ぶと共に,これらを組み合わせた鉄筋コ
ンクリートの概念とその耐荷機構,ならびに設
計方法について理解する.さらに,鉄筋コンク
リートを進化させたプレストレストコンクリートの
概念と設計法について理解する.
授業計画(前半)














第1回 序論
第2回 鉄筋コンクリート(RC)とは?
第3回 コンクリートと鉄筋の基本的性質
第4回 RCの成立条件
第5回 RCの特徴
第6回 鉄筋とコンクリートの力学的性質
第7回 鉄筋とコンクリートの応力-ひずみ関係のモデル化
第8回 試験
第9回 RCはりの曲げに対する検討(曲げ耐力の算定に用いる仮定)
第10回 RCはりの曲げに対する検討(曲げ耐力の算定)
第11回 RCはりの曲げに対する検討(曲げに対する安全性の照査)
第12回 RCはりのせん断に対する検討(せん断補強筋なしの場合)
第13回 RCはりのせん断に対する検討(せん断補強筋ありの場合)
第14回 試験
授業計画(後半)












第15回
第16回
第17回
第18回
第19回
第20回
第21回
第22回
第23回
第24回
第25回
第26回
使用限界状態概説
使用限界状態(曲げ)
使用限界状態(ひび割れ)
耐久性概論I
耐久性概論II
限界状態設計法と許容応力度設計法
試験
PC(概念)
PC(特徴と分類)
PC講習会(外部講師によるPC構造物の設計・施工の実務)
PC(設計法)
定期試験
留意事項-1
<受講に当たっての留意事項>
 A 本科目は,コンクリート工学の基礎知識が必要なた
め,構造材料学を履修しておくことが望ましい.B 履修
に当たっての連絡事項や,予習・復習に必要な資料は
下記URLに掲載するため,常にチェックしておくこと.
<達成度評価の方法>
 計3回の小テスト(各10点×3回=30点)により各項目の
理解度を点検するとともに,中間試験(30点)および期
末試験(40点)により,授業での到達目標が達成されて
いるか総合的に評価する.
留意事項-2
<プログラムの達成目標と対応>
 この科目は,コンクリート工学およびコンクリート構造学について
の基礎を学ぶため,土木工学教育プログラムの学習・教育目標
のうち,主として(D-2)の達成に寄与する.
 成績評価:定期試験(70%)、小テストおよび課題(30%)を総合
し、60点以上を合格とする。
 教科書:「鉄筋コンクリート工学〈三訂版〉」岡村甫 著
市ヶ谷
出版社
 参考書:【2002年制定】コンクリート標準示方書 土木学会
 オフィスアワー:月-金9:00~18:00,ただし,出張等で不在
の場合があるので,部屋に来る前に連絡を入れることが望ましい.
 URL:http://www.civil.ce.nihon-u.ac.jp/%7Eiwaki/index.html から
入って,Indexの「岩城一郎」 →「担当科目のページへ」をクリック
その他留意事項(裏シラバス)








講義中の私語厳禁!!→守れない場合,出席の意思がな
いものとみなし即刻退場
出席はしていることが前提.出席確認表への講義後の記
入は認めない.代筆等姑息な手段は使わない.不正が発
覚したら,処分をする.
当たり前のことを守る(携帯,帽子・・・)
電卓持参
TA
講義→例題→演習(小テストを兼ねる場合がある)→解説
パワポを用いた概説
4年生以上:コンクリート構造学Iだけ,あるいはコンクリート
構造学IIだけ履修したい学生の扱い
ダウンロード

コンクリート構造学I ガイダンス