第228回灘区民健康講座
平成17年6月24日
義歯の管理について
灘区歯科医師会 谷岡 望
1.義歯とは
義歯は身近な
人工臓器
1.義歯とは
歯が欠けたり無くなった場合に、人工の
装置で補うことを「補綴(ほてつ)」といい
ますが、義歯(ぎし)はその補綴装置の
ひとつで、一般的に入れ歯(いれば)と呼
ばれています。その目的は、
・機能の回復
(物を咬んで飲み込むことや話すこと)
・審美性の修復、改善
(口元や顔貌)
1.義歯とは
義歯装着前
義歯装着後
2.義歯の種類
義歯(入れ歯)とは、患者さんが自
分で取り外しできるものを言います
*差し歯、ブリッジ、インプラントなど
は義歯とは別物です
2.義歯の種類
総義歯
(全部床義歯、総入れ歯)
部分床義歯
(部分入れ歯)
特殊な義歯
(顎義歯、スピーチエイドなど)
2.義歯の種類
総義歯
部分床義歯
2.義歯の種類
特殊な義歯
顎義歯
スピーチエイド
3.義歯の使い方
義歯は
靴を履き慣らすような
つもりで
3.義歯の使い方
はめ方、はずし方①
・はめる時は水で一度ぬらして、 手指
で丁寧に(咬みながらはめない、舌で
はずさない)
・起きている間ははめて、寝る時にはず
して歯ぐきを休ませる(一日24時間は
めたままにしない、はずした時は水の
中に保管して乾燥させない)
3.義歯の使い方
はめ方、はずし方②
・寝ている間も義歯をはめたままにす
る場合は、一日のうち2時間位ははず
しておく時間を確保する
*寝ている間に顎(あご)が不安定に感じ
る場合
*残っている歯が歯ぐきを傷つける場合
*義歯を失くしてしまわないかと心理的
に不安な場合
3.義歯の使い方
慣らし方①
・食事は、やわらかい物や小さくした物
を奥歯で左右均等に、ゆっくり咬む(調
理の工夫や、咬み方の練習)
・発音は、サ行・タ行などの練習や、新
聞などを実際に声を出して読む(積極的
にしゃべる)
3.義歯の使い方
慣らし方②
・まず2~3日は我慢して慣らし運転を
(はめたりはずしたり繰り返し)
・傷ができるような痛みは、かかりつけ
歯科医師に相談する
・受診前日からは必ずはめる
・落ち着くまで1カ月、自然に気にならな
くなるまで3カ月位かかるつもりで
3.義歯の使い方
その他の注意点
・自分でやすりで削ったり、ペンチで曲
げたりしない
・割れたり何かが取れた時、自分で修
理しない
・市販の義歯安定剤を常用しない
・不具合の有無に関わらず季節毎の定
期健診を受ける
4.義歯のお手入れ
義歯は
食器(お箸やお茶碗
など)を洗うようなつ
もりで
4.義歯のお手入れ
義歯の汚れ
(デンチャープラーク)
=糖分 + 細菌
(こけ、水垢のようなもの)
4.義歯のお手入れ
義歯の汚れ
カンジダ菌
劣化した
市販の義歯安定剤
劣化した軟性裏装材
4.義歯のお手入れ
義歯の汚れが引き起こす病気
・口臭
・誤嚥性肺炎
・義歯性口内炎
等
4.義歯のお手入れ
機械的清掃(ブラッシング)
↓
化学的清掃(義歯洗浄剤)
4.義歯のお手入れ
機械的清掃(ブラッシング)
*水を張った洗面器を下に置く
誤って落とした時に無くしたり割ったりしない
ように。
4.義歯のお手入れ
機械的清掃(ブラッシング)
*歯磨剤を付けずに毎食後ブラッシング
4.義歯のお手入れ
化学的清掃(義歯洗浄剤)
*お湯には漬けない
義歯の管理について
不具合の有無に関わらず定期健診を受けましょう
ダウンロード

Document