AEによる転がり軸受診断
AE法は設備の稼動条件にあまり影響を受けないため、
例えば軸受において、回転数に関係なく異常の判断が
可能であり、従来の振動法では診断が困難であった低
速軸受設備へも診断が適応できます.
潤滑油切れ等による潤滑不良においても、金属接触時
の摩擦摩耗によるAE信号を捉え、潤滑状態の評価が可
能です.
NIPPON
PHYSICAL
ACOUSTICS,LTD.
潤滑不良に伴うAE挙動
NIPPON
PHYSICAL
ACOUSTICS,LTD.
低速軸受への応用
NIPPON
PHYSICAL
ACOUSTICS,LTD.
測定対象(ガスインジェクションファン)
ダウンロード

転がり軸受診断 - ae-application.com