財団法人倶進会助成研究
高等教育における
障害学生支援の研究
研究代表者:青木慎太朗
本研究の目的
 高等教育(大学)における障害をもつ学生に対
する支援について、先進的な取り組みを知る。
 それぞれが属する大学の現状と対比する。
 障害学生支援を制度・財政の問題との関連で
論ずる。(→問題の社会化)
 常に身近な問題として考える。
研究の概要
 広島大学の事例を紹介したテキストを講読し、
各自の大学の取り組みと比較する。
 関連する文献(障害学生支援・障害学・障害者
福祉等)を参照し、「障害」に関する議論の動向
を追う。
 障害学生支援に関する情報提供のあり方につ
いて調べる。
 成果を学会等に報告する。
具体的なテーマ(1)
 高等教育のユニバーサルデザイン化
(広島大学の考え方についてふれる)
 支援体制の構築
(支援制度がどのように起こったか?)
 支援者の育成
 情報保障
 自立・共存
具体的なテーマ(2)
 情報保障・情報提供
(ウエブサイト・IT技術の活用など)
 障害学生支援とNPO
 障害学生支援に関わる組織・団体とその役割
 情報保障と著作権
 障害者と就労
総括






障害学生支援に関する情報の不在
障害学生の流動性・絶対少数性
大学の無知
大学間連携・組織化は大学側の「知」の収集?
当事者の不在
大学という「枠」
課題
 支援者の確保
→支援者の育成(学内)
→大学間・地域との連携(学外)
 財源の確保
→学内における分配の機制を再検討する
→社会的分配の文脈で考える
→費用負担責任を社会で担う仕組みづくり
(そのための根拠をどうするか?)
参考URL
 青木慎太朗(立命館大学)
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/gsce/g/as01.htm
 大学の障害者支援データベース(NIME内)
http://ship.nime.ac.jp/~disable/database-university1.htm
*私立大学についても、今後制作する予定。
ダウンロード

財団法人倶進会助成研究 高等教育における 障害学生支援