聴覚障害学生高等教育支援
ネットワークの構築に向けて
筑波技術短期大学
障害者高等教育センター
白澤 麻弓
内 容
• 全国的な状況
• 3大学の比較
• 討議の柱
全国的な状況
聴覚障害学生の在籍
不明
0.4%
無回答
0.8%
全国大学・短大の33.0%に
聴覚障害学生が在籍
在籍あり
237校
33.0%
在籍なし
422校
58.8%
過去3年間
に在籍あり
50校
7.0%
N=719校
(回答のあった大学)
聴覚障害学生に対する支援(ノートテイク)
約半数でノートテイクによる
支援を実施
なし
137校
48%
あり
150校
52%
N=287校
(現在または過去3年間に
聴覚障害学生が在籍して
いた大学)
支援の担い手(コーディネート)
(校)
さらに約半数で事務職員に
よるコーディネートを実施
140
120
100
74
80
60
40
39
35
18
20
15
21
4
7
5
大
学
組
織
不
明
1
0
聴
覚
障
害
学
生
自
身
聴
覚
障
害
学
生
の
友
人
ボ
ラ
ン
テ
ィ
ア
学
生
ボ
ラ
ン
テ
ィ
ア
サ
ー
ク
ル
外
部
団
体
教
員
事
務
職
員
そ
の
他
N=150校
(ノートテイクによる支援を
実施している大学)
学内支援体制
大学事務
障害学生支援委員会
養
成
謝
礼
コーディネーター
事務職員
登録
募集
ボランティア学生
派遣
依頼
講義保障 聴覚障害
学生
障害学生支援
委員会設置6~10%
3大学の比較
群馬大学
共通点
現在の体制
被支援学生/
聴覚障害学生
支援時間
スタッフ数
特色
広島大学
同志社大学
群馬大学
共通点
現在の体制
教務課
30時間/週
常
駐
手
話
通
訳
常
駐
手
話
通
訳
直接的支援
コーディネート
ボランティア
学生
支援時間
スタッフ数
特色
同志社大学
全学的支援(制度・システム)
機能の違い
専任職員の配置
反省会・研修会
被支援学生/
聴覚障害学生
広島大学
講義保障
聴覚障害
学生
学生支援課
群馬大学
教育学部・教務課
30時間/週
反省会・研修会
常
駐
手
話
通
訳
常
駐
手
話
通
訳
直接的支援
コーディネート
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
群馬大学
共通点
現在の体制
広島大学
全学的支援(制度・システム)
機能の違い
専任職員の配置
障害学生支援委員会
教務課
30時間/週
反省会・研修会
常
駐
手
話
通
訳
常
駐
手
話
通
訳
授業の活用
システムの活用
直接的支援
養
成
ボランティア活動室
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
担
当
教
員
コーディネート
コーディネート
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
被支援学生/
聴覚障害学生
支援時間
スタッフ数
特色
同志社大学
常駐手話通訳
質の追求
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
広島大学
障害学生就学支援委員会
授業の活用
システムの活用
養
成
ボランティア活動室
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
担
当
教
員
コーディネート
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
群馬大学
共通点
現在の体制
広島大学
全学的支援(制度・システム)
機能の違い
専任職員の配置
30時間/週
常
駐
手
話
通
訳
常
駐
手
話
通
訳
障がい学生支援委員会
障害学生支援委員会
教務課
反省会・研修会
授業の活用
システムの活用
直接的支援
養
成
ボランティア活動室
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
パンフ・ガイドブック
の配布
担
当
教
員
イベントの開催
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
コーディネート
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
被支援学生/
聴覚障害学生
支援時間
スタッフ数
常駐手話通訳
質の追求
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
コーディネート
コーディネート
特色
同志社大学
制度面の充実
枠組みの作成
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
同志社大学
パンフ・ガイドブック
の配布
イベントの開催
障がい学生支援委員会
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
コーディネート
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
共通点
現在の体制
群馬大学
広島大学
同志社大学
全学的支援(制度・システム)
専任職員の配置
30時間/週
反省会・研修会
常
駐
手
話
通
訳
常
駐
手
話
通
訳
障がい学生支援委員会
障害学生支援委員会
教務課
授業の活用
システムの活用
直接的支援
養
成
ボランティア活動室
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
パンフ・ガイドブック
の配布
担
当
教
員
イベントの開催
被支援学生/
聴覚障害学生
講義保障
聴覚障害
学生
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
コーディネート
コーディネート
コーディネート
ボランティア
学生
コ
ー
デ
ィ
ネ
ー
タ
ー
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
ボランティア
学生
講義保障
聴覚障害
学生
支援時間
3人/3人
数不明100%
3人/41人
スタッフ数
3人+30人
10人+100人
104人
特色
常駐手話通訳
質の追求
=専門性
制度面の充実
枠組みの作成
ソフト面重視
コミュニティの
形成
討議の柱
討議の柱
• なぜこれが可能だったのか?
• 2年後どうありたいのか?
• 10年後どうありたいのか?
→「群大モデル」「広大モデル」「同志社モデル」
とは何か?
ダウンロード

聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築に向けて