聴覚障害学生高等教育支援
ネットワークの構築に向けて
話題提供者:
広島大学障害学生支援のための
ボランティア活動室
田中芳則
1.広島大学の取り組み
 2.情報保障の問題点
 3.近い将来に向けて
 4.今後の課題

1.広島大学の取り組み







これまでの体制作り
組織:全学体制(障害学生就学支援委員会)
入学前からの一貫した支援
学生・教職員一体型の授業支援
日常的支援の拠点の設置 ボランティア活動室
専任教職員の配置
支援者育成のための授業開講
これまでの体制づくり







全学体制:障害学生就学支援部会(H9~)
大学規程(H10~):現、規則
入学前からの一貫した支援(H12年~)
学生・教職員一体型の授業支援(H12年~)
日常的支援の拠点の設置 ボランティア活動室(H12
年~)
支援者育成のための授業開講(H13年~)
特色GP(H16年~H19年)
組織:全学体制
[1] 責任体制の明確化
[2] 意志決定
支援委員会
[3] 企画立案
[4] 実践
[5] 障害学生を含めた学生スタッフ
広島大学における就学支援の
基本方針



すべての学生に対して「教育を受ける権利」
を保障すること
評価基準は変更しない
情報の伝達方法を障害にあわせて変更し、
障害学生にとって不利益にならないように
すること
入学前からの一貫した支援
学生教職員一体型の授業支援
「教職員のための障
害学生就学支援の手
引き」作成と全学配布
(2000部)
 窓口対応パンフ
事務部門、保健管理
センター、図書館で用
意

学生情報システム「もみじ」での
情報提示による支援(H14後期~)
学生便覧(履修基準)
シラバス(Web化)、
時間割、実際の授業
 教材情報の掲載
教科書、プリント、
ビデオ、OHP、図表、
板書など

日常的支援の拠点の設置
ボランティア活動室





支援学生の養成の場
情報機器による支援の場
障害のある学生・教職員・支援学生の交流の場
障害学生の自習室
障害のある学生の相談窓口
専任教職員の配置
■ボランティア活動室
障害学生就学支援プロジェクト担当教員(田中)
情報支援コーディネーター
■特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)
UD化推進担当特任教員
専任事務職員
以上、各1名を配置
支援者育成のための授業開講


障害者支援ボランティア概論(夏期集中2単位)
障害への理解と支援方法等について講義する
障害学生支援ボランティア実習A,B(各1単位)
ノートテイク、ビデオの文字おこし・字幕挿入、手話
2.情報保障の問題点
ノートテイカー、パソコンノートテイカー
の派遣が主流
(前期・後期とも4回講習会開催)
 派遣する支援学生の技術レベルが
異なる
 講義内容を手話通訳できる学生は
少なく、増える可能性は低い

技術のスキル
(ノートテイク例、37名)
グラフ省略
教材ビデオ「おもしろ学校のいち日」(1875文字、5分間)映像をノートテイクした結果
技術のスキル
(タイピング例、4名)
グラフ省略
タイピングソフトによる結果
3.近い将来に向けて
特色GP:H16年~H19年度

高等教育のユニバーサルデザイン化
①学内支援体制の拡充
②国際化、留学、研究者交流、支援
方法の共同開発
③中等教育への拡大、進学促進
④社会的展開・就業環境のUD化
①学内支援体制の拡充
3キャンパス体制
 有償ボランティア制度
→支援機会の拡大
 聴覚障害の情報保障
の質の向上→赤外線
補聴システム導入
 教職員向け啓発活動
図書館(医学分館)1階
の強化(手引き、HP)

②国際化、留学、研究者交流、
支援方法の共同開発
海外の動向調査:AHEADconference2005
 留学生情報
 音声認識技術による授業支援開発
カナダSt.Mary’s Univ.(Liberated Learning
Project参画)
→H17後期 語学授業で導入予定

4.今後の課題
支援学生の負担軽減
 聴覚障害学生への情報伝達方法
の多様化
 「広大モデル」の確立

ダウンロード

聴覚障害学生高等教育支援ネットワークの構築に向けて