小惑星の大きさ分布を求める
銀河学校2014A班
朴
森井
織原
井澤
今村
久保
衣川
横山
加藤
敏娥(高2)【洗足学園高等学校】
嘉穂(高2)【香川県立高松高等学校】
有佑(高2)【島根県立松江北高等学校】
薫実(高2)【愛知県立岡崎高等学校】
春香(高3)【長崎県立長崎西高等学校】
玲(高2)【八戸工業大学第二高等学校】
友那(高2)【名古屋大学教育学部付属高等学校】
彩希(高3)【東京都立国際高等学校】
里佳子(高3)【長野県松本県ヶ丘高等学校】
目的
小惑星の大きさ分布を求める
観測方法
木曽観測所シュミット望遠鏡で観測
↓
ブリンク・画像同士の引き算で小惑星を
探し出す
計算方法
①距離
火星・木星・土星の移動量から求める
60
移
動
量
/
時
(
秒
)
50
40
30
20
10
0
②大きさ
0
2
4
6
8
太陽と惑星の距離(AU)
観測した小惑星の明るさから計算する
10
考察(1)距離
30
25
20
個 15
数
10
5
0
0
1
2
3
4
5
6
7
太陽からの距離(AU)
・2-3AUの領域に多く分布
・5-6AU(木星の軌道上)の領域でも多い
→木星の重力が関係
考察(2)大きさ
18
16
14
12
個 10
数 8
6
4
2
0
0 3 6 9 12 15 18 21 24 27 30 33
36~
半径(100m)
・600-900mに集中
・大きい小惑星はすくない
・600mより小さい小惑星の数減少
→小さくて暗い小惑星を観測できてい
ないため
考察(3)質量
地球の密度
最大値
月の密度
4.6810
15 kg
2.8310
15 kg
質量を全部足しても
10
10
最小値
2.1510 kg 1.3010 kg
1つの惑星の質量にはならない
地球の質量:
5.97 10
24
kg
まとめ
小惑星は太陽から2-3AUの位置に多く
分布している
小惑星の半径は600-900mが多い
小惑星の全ての質量を足しても一つの
惑星にはならない
ご清聴ありがとうございました。
サイエンスステーションよりご協力をいただきました。
ありがとうございました。
*補足 大きさ分布
7
6
km
小
惑 5
星
の 4
半
径 3
(
2
) 1
0
0
1
2
3
4
5
太陽からの距離(AU)
6
7
ダウンロード

ppt 形式