大阪府高等学校社会(地歴・公民)科研究会
教育情報共有化促進モデル事業
平成16年度~平成18年度
3年やりました
てんこ盛り
いつでも
まいど
おおきに
どこでも
だれとでも
大阪府高等学校社会科(地歴・公民)研究会
大阪府高等学校社会(地歴・公民)科研究会
成果報告
継続団体枠
発表者
大阪府立東淀川高校 金田修治 ・ 柏原東高校 田中清隆
【採択枠】
【教科】
【学校種】
【地域】
普及団体
社会科
高等学校
大阪府
【関係者人数】 7人
【関係学校数】 7校
【担当委員】秋本弘章
【担当MRI】横田匡俊
大阪社会
研究目標
教員が有する教育情報の共有化と
継続的な相互支援の仕組みづくり
1人が100歩進むより、
100人の教員が1歩進む
ための活動をしたい!
大阪社会
研究会HPを共有化サイトへ
従来のHP = 研究会行事案内・報告の場
見る
共有化HP
 画像コンテンツ登録 (教材用画像の共有化)
 著作権処理
 指導案、教材、試験(標準問題)の登録
 アーカイブ(研究会資産のデジタル化と保管)
 コミュニティサイト(フォーラム、メール機能等)
= 双方向の連携
大阪社会
最近の投稿画像(3500枚を越えました)
HPへ
大阪社会
研究会HP画像コンテンツからの教材PP作品例
大阪社会
•平成16年度の活動
4回のIT講習会の実施
 著作権等の処理方法の研究
 人的ネットワーク形成手法
 大学・NPOとの連携
教育用デジタルアーカイブを考えるセミナー
於:国立民族学博物館
 4回の公開授業
 共有化のノウハウの蓄積・連携の拡大

大阪社会
学校が変わる
1,授業が変わる
こんなんおもしろいやん!
2,教員の意識がかわる
あっこれ使えるんや!
3,学校が変わる
えっこんなことやってるん!
大阪社会
人的ネットワーク形成
MEFスタッフ
帝塚山大学・TIES
IT技術者
大学研究者
↓
↓
教材作成
民間企業 →
← 弁護士 法教育研究会
↑
↑
他府県研究会
NPO団体
MEF
積極的に交流をはかり、支援をお願いして進め
てきた。
大阪社会
•平成17年度の活動

開催地・受講対象の複数化 → 明確化
地域・科目別にIT講習会の3回実施
「世界史を効果的にプレゼンする
―――初心者歓迎。意外に易しいパワーポイント」
「ビジュアルに訴えるプリント作成
・・・基本ソフトを活用して政治・経済の資料を作る」
大阪社会
セミナー開催地を選ぶ
地域バランスを考慮(大阪の北・中・南部)
(北部)大阪府箕面市 →
大阪教育大学附属高校天王寺校舎
私立箕面自由学園
←
(中部)大阪市天王寺区
↑
大阪府教育センター
(南部) 大阪市住吉区
交通の便(駅から歩いて10分以内)が良く、
設備が整っているところを選ぶ
大阪社会
•平成18年度の活動
16・17年度に加えて・・・
 大学主催著作権研修へのパネリスト参加
→ 高大連携の進展
 経験交流会の開催
→ 教材作成セミナー参加者による
 拡大スキルアップ講習会
→ HP維持と普及のために CMS
大阪社会
平成18年度経験交流会
平成18年10月18日(水)
於 大阪教育大学附属高校天王寺校舎
・発表1 府立高校教員
「まとめで使うスライドショウ。(地理)ヨーロッパ ・
アメリカ・オ-ストラリアを対象として」
・発表2 私立高校教員
「総合学習:『e-ラーニング -メディア探求- 』
社会科の教員が行う総合学習。
・発表3 府立高校教員
「地理授業における動画教材の提示について」
テレビの映像等を利用した授業。
大阪社会
平成18年度教材作成セミナー
平成19年1月12日(金)
於 大阪府教育センター
大阪府教育センター専門教育室とタイアップ
 17年度より 情報教室を借りて実施
→ ハード面の共有化

18年度は 主任指導主事の人的協力
→ ソフト面の共有化
教育センターとの相互交流
大阪社会
拡大スキルアップ講習会
平成19年1月17日(水)
於 大阪教育大学附属高校天王寺校舎


17年度より 委員スキルアップ講習会実施
→ 委員のITスキルの向上
いつでも・どこにでも派遣
18年度は 拡大スキルアップ講習会を実施
→ 研究会役員のITスキル向上
・ HP更新の迅速性をめざす!
・ Xoopsを使いこなす!
大阪社会
拡大スキルアップ講習会のねらい
研究会役員対象
 研究会HPの運営強化
 いつでも・誰でも・どこでも更新を目指して
 行事終了時に報告可能
 行事申し込み 即 参加者一覧作成可
 これぞCMSの本領発揮!
 ますますのHPの充実を目指して・・・

大阪社会
3年後(H16→H18)のアンケート実施
大阪社会
3年後(H16→H18)のアンケート実施
教員のスキル・関心の変化
 共有化事業の成果?の確認
 時代の変化を知る
 アンケート実施
大阪府下全高校の地歴・公民科の教員を
対象
 アンケート分析へ

大阪社会
初年度(3年前)のアンケートとの比較・分析
大阪社会
アンケートの分析
《先生のIT度》

パソコンを使用しない先生の割合(10%→10%)
《教材のIT活用度》


配布プリントのPC編集(79%→85%)
日常的なPC利用の授業(6%→7%)
《生徒へのIT利用促進度》

インターネットを利用した調べ学習(28%→36%)

パワーポイントを利用したプレゼンテーション(7%→9%)
大阪社会
平成18年度行事運営にあたって
・
・
・
・
気軽に行事を企画していく。
過去の受講者に通知。リピーターを集める。
過去の受講者の中から講師を依頼。
地道な活動・こまめな連絡
・ デジタルよりアナログ???
大阪社会
3年間でHPは、
画像コンテンツ 3500枚を越える
 サーバー容量 200MB→2.5GB
 行事予定/報告
 指導案、リンク
 標準問題のダウンロード(パスワード方式)
 アクセス数の増加

大阪社会
3年間の月別アクセス数の推移
これからの課題
ホームページのより一層の活用
 PC一人一台時代への対応
 若手教員の育成
 研究会のコミュニティ維持発展の手段として

大阪社会
色々おおきに(ありがとうございました)
文部科学省
 大阪府教育委員会
 大阪府教育センター
 (株)三菱総合研究所
社会情報通信研究本部
ラーニングイノベーション研究グループ
 NPO法人 MEF

大阪社会
さいごまで聞いてもろうて・・・
おおきに
大阪府高等学校社会科(地歴・公民)研究会
ダウンロード

パワーポイント - 大阪府高等学校社会科研究会