遠隔学習・授業ツールWebCT
の日本語化とオンラインコース開発
梶田 将司
名古屋大学
情報メディア教育センター
発表内容
•
•
•
•
背景
WebCTの北米での現状
日本語版WebCTの現状と課題
WebCT によるコース構築例
• 「計算機基礎数理」…WebCTの機能のみ
• 「電気電子情報工学序論」…VODシステムと
の連携
メディアとは?
• メディア
=何らかの情報を伝えるための方法・手段
20世紀型の教育
学校
教室
教官と学生が1箇所に集まって学ぶのが主
(同期型教育)
20世紀における教育用メディア
黒板
学校
講義室
利用するためには
膨大なコストがかかる
教科書
• 場所の提供,人の移動
• 教科書の作成,流通
コンピュータ
• 新しい設備の導入
e-Learningによるコスト削減
既存の教育メディアのIT化
→新しい教育用メディアの形成
インターネット
個人所有の
コンピュータの
いつでも,どこでも,誰でも,低コストで教育が
インターネット
への接続 受けられるe-Learning時代の幕開け
e-Learningのメリット
• インターネットと個人所有のPC
(場所の提供コスト,設備導入コストの削減)
• いつでもどこでも(人の移動コストの削減)
• 誰でも簡単に教科書を含む「教育の場」を作成可能,
流通が容易(教科書作成・流通コストの削減)
• 共通のプラットフォームが形成されることで,
• 教材の共有,マーケット形成→優良なコンテンツの醸造
• 新しいメディアを使った教育方法,教育実践の交流
• 研究開発のプラットフォーム
2,3年前から顕著になったトレンド
WebCT
=インターネットを使った
新しい教育用メディア
遠隔教育だけでなくオンキャンパス教育の
補完的なツールとして使用
WebCTの現状
WebCT (Web Course Tools)
•
開発元
•
•
販売元
•
•
カナダのブリティッシュコロンビア大学
(Murray W. Goldberg, 1995-)
UBC,1996WebCT Educational Technologies,1997
Universal Learning Technology ( WebCT社),1999
特徴
•
•
•
•
HTMLの知識なしに,既存の教材(html,pdf,pptなど)を用いて
コースコンテンツの作成が可能
学習やコミュニケーション,協調学習を可能にする教育用
ツール群(メール,掲示板,クイズ,プレゼンテーション…)
コースの管理作業や改良作業においてデザイナを手助けする
管理ツール群(トラッキング,クイズの採点,成績管理…)
コースコンテンツの交換が可能(共有化,コンテンツ販売)
WebCTを利用している
高等教育機関
1600
1528
1400
1200
989
1000
秋
春
800
618
600
441
400
200
0
66
169
1997-1998
1998-1999
1999-2000
(約800のK12,約1700のトライアルライセンス除く)
国別ライセンス取得状況
•
•
•
•
•
66% … USA
13% … Canada
4% … Australia
2% … UK
15% … Others
WebCT普及の理由
• 大学の現場で作成され,現場の声が反映されつ
•
•
•
•
•
づけている
サポートの充実
安価なライセンス価格($5,000/サーバ)
コンテンツ作成だけであれば無料で利用可能
安定したシステム(UNIXベース,NTベースもある)
WebCTユーザコミュニティの形成
• 年1回のWebCTユーザカンファレンス
北米の高等教育機関における
e-Learning のノウハウの蓄積
北米の高等教育へのインパクト
• 従来の対面型講義(同期型教育)
+
• インターネットを利用した教育ツール(非同期型教育)
• 学習者の理解を中心に据えた教育
• 教官の役割の変化 “知識提供から学習支援へ”
WebCTは学校教育には
必要不可欠なソフトウェア
日本語版WebCTの現状と
ユーザの広がり
WebCTのバージョン変遷
• WebCT1.3.X
• 1998年8月26日1.3リリース
• 1999年3月5日1.3.1リリース
• WebCT2.X
• 1999年11月29日2.0リリース
• 2000年3月29日2.1リリース
• 2000年9月1日2.2リリース
• WebCT3.X
• 2000年7月10日3.0リリース
• 2000年9月1日3.1リリース
• 2000年12月28日3.1.3リリース
日本語化
Japanization
日本語化
Japanization
日本での利用状況
• ライセンス購入ユーザ
• 名古屋大学,四日市大学,関西大学,住友電工
• ミニ講習会
• 2000年2月24日@名古屋大学
• 半日のチュートリアル
• 28名の参加
• [email protected] (約80名)
• Goldberg先生を招聘して行った講演会(約150名)
夜明け前
日本語版WebCTの課題
• 待たれる正式版リリース及びサポート
• WebCT3.1.3ベースで春にはリリース(?)
• WebCTの機能面での日本語化
• 日本の高等教育現場に求められる機能
• WebCTコミュニティの形成
• グローバルWebCTコミュニティとの交流
WebCTによるコース構築例
WebCTによるコース構築例
• 計算機基礎数理
• 文科系1・2年生対象(約70名)
• コンピュータリテラシ(プログラミング)
• コースコンテンツを作成し,講義で使用
• 電気電子情報工学序論
•
•
•
•
電気電子情報工学1年生対象(約200名)
13回の講義を13人の教授が担当
講義を3台のビデオカメラで撮影
WebCTとVODシステムを連携させたコンテンツを作成
計算機基礎数理
• 共通教育サテライトラボ(WindowsNT端末
室)での講義
• パスツールによる講義ノートの提供
• 用語集,オンラインクイズ
• 電子掲示板でのQ&A
• プレゼンテーションツールによる課題提出
共通教育サテライトラボ
WebCTのアクセスモード
学生モードでの画面
パスツールに
よる講義ノート
パスツールによる
講義ノート
用語集とのリンク
用語の検索
セルフテスト
コンテンツ検索
マイノート(注釈ツール)
クイズ
クイズの実施
クイズの採点結果表示
カレンダー
掲示板でのQ&A
プレゼンテーションツール
による課題提出
ホームページ作成例(1)
ホームページ作成例(2)
学習支援ツール
成績確認
デザイナモード
でのログイン
デザイナモード画面
アイコン編集
WebCTツールの追加
アイコンのアクセス設定
パスエディタによる
パス構築
ファイルマネジャ
漢字コード
(EUCへの変換機能あり)
ファイル操作ボタン
ファイルのアップロード
ファイルマネジャ
WebCTサーバ
ユーザ
ファイルのダウンロード
Webページオーサリング
ソフトウェアによるページ作成
用語集へのリンク作成
同じ用語が複数ある場合は
ラジオボタンで
リンク場所を選択
問題の作成
問題文
マッチング候補
クイズのプレビュー
問題のダウンロード
&アップロード
クイズ出題の条件設定
有効期間
成績のつけ方
結果通知について
回答結果の解析
正答率(全体,上位25%,下位25%)
弁別力
平均
標準偏差
得点と回答一覧
クイズの結果のサマリ
(整合問題の場合)
クイズの結果のサマリ
(択一問題の場合)
サーベイの結果のサマリ
時間外からのアクセスは
自宅からが最も多い
学生管理表
クイズの結果は学生管理
表に自動的に反映される
学生の学習状況把握
学生の学習状況把握
バックアップ
(コンテンツの他のサーバへの移
動)
電気電子情報工学序論
高等教育を取り巻く状況の
急速な変化
~まとめにかえて~
高等教育を取り巻く状況の変化
ITの大学教育への導入:
北米と比べて4~5年遅れている!
•
•
「インターネット授業」での単位認定
国立大学の独立行政法人化
インターネットを通じた
高等教育・専門教育の大競争時代の到来
WebCTに関する情報はこちら
http://webct.media.nagoya-u.ac.jp/
or
[email protected]
ダウンロード

遠隔学習・授業ツールWebCTの日本語化とオンラインコース開発