林業労働力の確保・育成について
○ 林業就業者の減少・高齢化が進む中、これまでは労働集約的な造林・保育が主体であったため、まずは「新規就業者
の確保」が重要であったことから、「就業の円滑化」と「労働安全の確保」を主な施策として実施。
○ 今後は人工林の成熟化に伴い、より高度な知識・技術の習得・蓄積が必要となるため「高度技能者の育成」も重要。
キャリアのイメージ
段階的かつ体系的な技能者育成(全国統一の研修カリキュラム)
就業の円滑化
新
規
就
業
者
の
確
保
・
育
成
・林業への就業に関する情報の提供や相談の
実施
・林業の作業実態や就労条件等の理解を促進
労働安全の確保(ステップ1)
・森林の機能や施業の方法等林業就業に必要
な基本的な知識・技術を習得
・現場作業に必要な安全衛生教育、特別教育、
技能講習を実施
・現場作業を安全に遂行するための手順を習得
施業の効率化(ステップ2)
高
度
技
能
者
の
育
成
・各現場での工程管理やコスト管理など作業班
長に必要な知識・技術を習得
・作業班員への技術・安全指導に必要な知識・
技術を習得
事業・安全の管理(ステップ3)
・各現場の進捗管理、関係者との合意形成など
統括管理者に必要な知識・技術を習得
・安全衛生管理等に必要な知識・技術を習得
就
≪就業前≫
・就業相談会(ガイダンス)
・20日間程度の林業就業支
援講習(厚労省事業)
・3ヶ月程度のトライアル雇用
≪初等教育訓練≫
・労確センター等(各県単
位)で3年間(75日程度)の
集合研修
・安全作業の手順が確実に
できるか研修後に確認
≪中等教育訓練≫
・労確センター等(ブロック単
位)で15日間程度の集合研
修
・習得水準を研修後に確認
業
希
望
者
それぞれの段階で所定の
カリ キュラムを修了した者
登録希望者からの申請
林
業
労
働
者
の
キ
ャ
リ
ア
形
成
を
支
援
新
規
就
業
者
農林水産省が備える
研修修了者名簿に登録
閲覧可
事業主その他の関係者
3年目
フォレストワーカー
( 林 業 作 業 士 )
研修後は現場経験
を積んで習熟度向上
最低5年以上の者が対象
フォレストリーダー
(現場管理責任者)
≪高等教育訓練≫
・全国単位で10日間程度の
集合研修
・習得水準を研修後に確認
研修修了者登録制度
最低10年以上の者が対象
フォレストマネージャー
(統括現場管理責任者)
農 林 水 産 大 臣 か ら
それぞれ登録証を発行
(登録者は5年ごとに就業状況を報告)
技能者の能力評価
にも資することから、
事業主が待遇の改
善等と一体的に取り
組めるよう運用
・森林整備を発注する場合は、フォ
レストリーダー以上がいる事業体が
高く評価される仕組みの導入
・人事管理マニュアルを活用し 、
労働者の処遇改善ができるよう指
導
ダウンロード

林業労働力の確保・育成について