ぐんま天文台150cm望遠鏡を用いた観測
- 何処まで継続可能か -
2010年8月18日
橋本 修, 高橋 英則, 衣笠 健三 ( ぐんま天文台 )
1999年7月開館 11年+
観測装置の充実
• 150cm 望遠鏡, 65cm望遠鏡, 観察用望遠鏡, 太陽望遠鏡, etc.
• GAOES, GLOWS, GIRCS, etc.
約100晩/年 観測可
柔軟な運用: 継続観測, 突発天体, 大型サンプル…….
一方、機器・設備に老朽化が目立つようになってきた
• 時刻装置の不具合
• 制御計算機の老朽化、不安定化
• 各駆動部の劣化
• 空調設備の劣化
• 雨漏, 崖崩, 落石, etc.
ぐんま天文台 150cm 反射望遠鏡
+ 各種観測装置
CCDカメラ
高分散分光器GAOES ( 黄色い箱 )
波長分解能 R = λ/ δλ~ 100,000
赤外線観測装置GIRCS ( 紫の筒 )
波長 1-2.5μm R = λ/ δλ ~ 900
低分散分光器/撮像装置GLOWS
波長分解能 R = λ/ δλ ~ 400
GAOES
Gunma Astronomical Observatory Echelle Spectrograph
•
•
•
•
•
•
波長域 :
分解能 :
360 - 1000 nm
75,000 ( スリット幅 1.0 arcsec, 3.2 画素 )
100,000 ( スリット幅 0.6 arcsec , 2.0 画素, 最大 )
スリット長 :
8 arcsec ( 720 μm )
検出器 :
EEV CCD44-82BI
15 μm × 15 μm 画素
2048 × 4096 画素
冷凍機冷却
エシェル回折格子 :
R = 2.8, ~31.6 gr/mm ( ブレーズ角 71 deg )
クロスディスパーザ : (赤) 250 gr/mm ( ブレーズ角 698 nm, 5.0 deg )
(青) 400 gr/mm ( ブレーズ角 415 nm, 4.8 deg )
Be/X-ray binary
V725 Tau
GAOES による観測例
Metalicity of stars in M45
4
20071216
20071219
20071220
20071221
20071226
ε Aur
3
2
1
6550
6560
6570
恒星の金属量
RV Tau type variable
2
炭素星
1
0
5950
5960
5970
5980
5990
GLOWS
Gunma LOW-resolution Spectrograph and imager
•
•
•
•
•
Wavelengths :
Resolution :
Slit width :
Slit length :
CCD detectror :
•
•
Disperser :
Calibration lamp :
400 - 780 nm
300 ~ 500
1.8 arcsec ( 3 pix )
60 arcsec
SITe 1024 x 1024 pix
( 24 μm × 24 μm pix )
cooled by LN2
grism
Fe Ar Ne
•
•
•
Field of view :
Filters :
Spatial resolution :
10 arcmin x 10 arcmin
B, V, R, I
0.6 arcsec / pix
GLOWS による観測例
SN2006X
GRB060927
z = 5.47!
Var Cas06
( 多胡イベント )
SN2009dc
GIRCS
Gunma Infrared Camera / Spectrograph
•
•
•
•
Wavelengths :
Resolution :
Slit width :
Detector :
•
•
•
Disperser :
Field of view :
Filters :
•
Spatial resolution
1 - 2.5 μm
700 ~ 1000
1, 2, 4 arcsec
HAWAII 1024 x 1024 pix
( 18.5 μm × 18.5 μm pix )
closed cycle cooler 77K
grisms (for J, H and K bands)
6.8 arcmin x 6.8 arcmin
J, H, K, Ks, K’
[FeII], H2, Brγ, CH4, etc.
0.4 arcsec / pix
上毛新聞
2009-02-05
公共施設のあり方検討委員会
•
•
•
•
知事の交代 (前知事の事業への批判、廃止を公約)
財政状況の悪化
赤字施設との評価 (3億円 対 500万円)
存続の検討(博物館や障害者施設等約60施設と共に)
• 研究機能を放棄すれば経済効率が向上するとする考え方
• 設立時の基本方針の放棄………..
今すぐ廃止することを求めないが、経費を削減し、様子を見る。
将来の廃止の可能性もある。
この結論に対して知事は激怒したと言われている。
群馬県によって「決定」或いは「実行」された」 事項
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
研究活動から撤退し、教育に主体をおく
2012年度までに人件費を含めた予算を半減する
2012年度までに職員数を半減する 研究職も然り
2009年4月 研究職を2名削減 ( 実施済 )
2009年4月 長期滞在者用宿舎の廃止
2010年4月 さらに研究職を2名削減( 実施済 )
2011年4月 さらに研究職を1名(以上?)削減
夜間占有利用の廃止
入館者の増加を実現する
イベント, 台外活動の増加 ( 多くは子供向け )
数値に定量的、客観的
評価・根拠なし
群馬県によって求められる方向性の特徴
方針は行政(教育委員会)が決定, 上意下達
子供主体。 高等教育, 国際交流には全く興味を示さない。
むしろ否定的, 或いは無視
研究活動は敵視に近い, 教育と背反すると認識?
知事は個人の研究活動を禁止するとは言っていないと言うが……..
入館者増に重点, 教育よりもむしろ娯楽化?
150cm望遠鏡の必要性の低下
受付, 清掃業務などの人員も大幅削減
定員削減による移動先は行政職, 非管理職, 研究環境なし
もしくは退職
有能な人材から放出
観測研究, 観測実習, 国際共同事業に著しい支障
老朽化する機器, 設備の維持が困難
150cm望遠鏡担当: 5人(2009年まで) ⇒ 2人以下(2011年以降)
それでも、我々としては何とか150cm望遠鏡の
観測機能を維持・活用したい
協同観測による活用
< 過去の実例 >
国立天文台, 東京大学, 京都大学, 東北大学, 神戸大学, 広島大学,
大阪教育大学, 放送大学, バンドン工科大学, 北京天文台, etc.
「教育」を名目とした観測活動 ( 大学院, 学部等 )
学生や教員は入館者に勘定 ⇒ 観測現場への直接参加
早めの計画確定が重要 ( 最低でも 2 - 3か月前まで )
この望遠鏡の機能を今後も活かすために、
望遠鏡や観測装置ごと何処かの大学や研究施設などに移管、移設
することは不可能であろうか………….
群馬県知事の発言
2008-11-11
来年度の予算は、今年度当初予算と比較して約480億円足らない。深
刻な状況であり、私もせっかく知事になったのだから、群馬県を守るため
に思い切った策を行う。ただ、教育として守るべきものは守りたい。しかし、
天文台はすぐやめてしまいたい。風呂敷をかけてしまっておきたい。支出
がなければよい。10年間の成果で、銀河系の向こうのことを言われても、
群馬県には何の得にもならない。国立天文台が欲しいと言ったら、そっく
り渡していい。群馬県としてみれば、天文台は国の仕事である。県がやる
仕事ではない。県としてやっているのは兵庫県であるが、あそこは子午線
がある。だから、象徴的にやっている。群馬がやる意味がない。やめたほ
うがいい。そのお金を、県の違う分野に振り向けることができる。私が天
文台をやめると言ったとしても、反対者は2割もいないと思う。昆虫の森
は子どもが来ているから支持者はいる。
ぐんま天文台 本来の理念と基本方針
ダウンロード

PPT - GOPIRA