大 村 平 和 学 習 研 修 ス ポ ッ ト
【第21海軍航空廠空壕跡】
【第21海軍航空廠】
【戦闘機紫電改】
大正12年、実戦に役立つ錬成を目
的にとした1km四方の滑走路を持
つ海軍航空隊が大村に誕生し、昭
和16年には、東洋一といわれた飛
行機製作工場「第21海軍航空廠」
が発足しました。
太平洋戦争時代に海軍航空隊で使わ
れた紫電改が制作・修理されていまし
た。
【掩体壕 えんたいごう】
飛行機の防空壕。下原口公園内に現在も残されています。
※大村郵便局近くに現在も残され
ています。
【慰霊塔公園】
昭和19年10月25日の大空襲の犠牲者を奉っています。
防空壕を利用して建てられた慰霊塔では、毎年10月
25日、第21海軍航空廠殉職者慰霊塔奉賛会の主催に
より、全国各地から遺族や同僚が参列し、慰霊祭が行
われています。死者300名以上
(社)長崎県観光連盟
川 棚 平 和 学 習 研 修 ス ポ ッ ト
【川棚海軍工廠石木地下工場跡】
ここ風南山麓には当時20本以上
のトンネルが約20m間隔で掘られ、
工場として稼働しました。
トンネルの規模は平均で高さ3m、
幅4m、奥行き47m、最奥部は横
抗で連結され、各坑道の片側に工
作機械が並び24時間3交代制で
航空魚雷が生産されました。
【川棚魚雷発射試験場跡】
戦前、佐世保や川棚には軍需工場が
あり、そこで作られた魚雷の発射試験
をここで行いました。
【新魚雷発射場跡】
【川棚魚雷発射試験場本部跡】
これは、魚雷発射場本部の建物です。今はもう、壁だ
けの廃墟ですが、内部には樹木が茂り、蔦が絡み、何
か西欧の古城の雰囲気が漂っています。
【川棚魚雷艇訓練所跡】
戦局の押し迫った昭和19年5月から終戦間際までの間、川棚町
小串浦では、 特攻兵器に乗り込む隊員の厳しい訓練が昼夜を
問わず行われていました。特攻といっても、戦闘機ではなく粗末
な魚雷艇を使った攻撃でした。
(社)長崎県観光連盟
ダウンロード

ダウンロード