安全保障政策の体系
- 国防・同盟・多国間協力の諸類型 -
安全保障論
(第2回)
担当:神保 謙
第1回授業のレビュー



安全保障の概念の多元化
「対称的脅威」と「非対称的脅威」の性質
9.11後の安全保障の特質
– 「空間軸」の変化
⇒ 「空間横断型安全保障」の出現
– 「時間軸」の変化
⇒ 「時間の歪んだ安全保障」の出現
脅威の座標軸
+WMD
+WMD
非対称脅威とWMDの結びつき
High Intensity
中国
旧ソ連
台頭する中国への対処
北朝鮮
経済秩序の破壊・混乱
国家統合の破綻による政治危機
非対称
テロリズム
小規模紛争への対処
対称
南沙諸島領有権問題
国際組織犯罪
小規模越境紛争
大規模災害等
Low Intensity
空間横断の安全保障?
National Level
Security 日本有事
イラク支援特措法
テロ特別措置法
Regional Level
Security 周辺事態
PKO協力法
Global Level
Security?
脅威と紛争のスペクトラム概念図
脅
威
の
烈
度
弾道ミサイル脅威に
応じた拒否的抑止力、
対処能力(MD)の必
要性
対処
対処
外交
伝統的(対称的)脅威
外交
抑止
弾道ミサイルと結び
ついた対称的脅威
新しい(非対称的)脅威
被害局限
脅威の質の差
復興・安定化
予防
平 時
先制行動
危 機
国家・国際総合力
によるリスク・ヘッジ
有 事
収 拾
紛争のスペクトラム
第2回講義の目的

脅威の概念を理解する
– 主体(国家・非国家主体・個人)に危害・損害を与える
(可能性のある)「意図」と「能力」

安全保障政策の類型を理解する・・・
–
–
–
–
–
–
誰が (Who?)
何を (What?)
何から (From Who/What?)
どのように (How?)
誰と (With Whom?)
守るのか (Defend / Secure)
脅威の概念の類型
脅威を与えるもの
国内
国際
事物
(環境・疾病・・
地震など)
環境・感染症
自然災害
非国家主体
国家
脅
威
を
受
け
る
も
の
国家
伝統的国際紛争
反乱・内戦
テロリズム
投機的資金
非国家主体
対テロリスト
民族抑圧
Communal
Conflict
国際組織犯罪
PMC(?)
個人
政治的弾圧
犯罪
国際組織犯罪
(誘拐・詐欺)
(出所)山本吉宣「アジア太平洋の安全保障の構図」をもとに編集
山本吉宣編『アジア太平洋の安全保障とアメリカ』(彩流社
、2005年)
平
均
寿
命
6
0
歳
以
上
平
均
寿
命
6
0
歳
未
満
UAE
ブルネイ
バーレーン
サウジアラビア
オマーン
リビア
シリア
〔混沌圏〕
スーダン
ルワンダ
エチオピア
〔新中世圏〕
シンガポール
クウェート
主要先進国
〔近代圏〕
マレーシア
メキシコ
トルコ
コンゴ
ジンバブエ
インド
韓国
ポーランド
南アフリカ
ナミビア
マラウィ
1
万
ド
ル
以
上
1
人
当
た
り
G
D
P
1
人
あ
た
り
G
D
P
1
万
ド
ル
未
満
(出所) 田中明彦『新しい中世』(日本経済新聞社、1
996年)
「防衛計画の大綱」にみる脅威認識・政策・制度
グローバル
リージョナル
バイラテラル
ナショナル
国際テロリズム
ゲリラ・特殊部隊
北朝鮮
脅
威
認
識
中国
島嶼部侵略
極東ロシア
弾道ミサイル攻撃
WMD・ミサイル拡散
中東から東アジア
に至る地域
日米間の緊密な協力
政
策
日米防衛協力
統合運用強化
ODAの戦略的活用
国連改革
情報機能強化
ARF(信頼醸成・予防外交)
国際平和協力活動
国際平和協力法
制
度
日米防衛協力の
ガイドライン
対テロ特措法
イラク支援特措法
日米安保条約
自衛隊法
有事関連法制
周辺事態法
国民保護法製
まとめ

脅威認識
– 国家 vs 国家 の軸から「多元的脅威」へ
– 「脅威」(threat)から「能力」(capability)への注目
– 各国によって異なる優先順位
⇒
これらの「脅威」に対応する安全保障政策の枠組
を歴史的経緯を踏まえて理解してみよう
戦争の違法化と武力使用の限定化


侵略戦争の違法化 1929年 不戦条約
1945年 国連憲章
武力行使の正当性
– 個別的・集団的自衛
– 国連憲章第7章に基づく武力行使
国連憲章による自衛権の規定
第51条[自衛権]
この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武
力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の
平和及び安全の維持に必要な措置を取るまでの間、個別
的または集団的自衛の固有の権利を害するものではない。
この自衛権の行使に当たって加盟国がとった措置は、直
ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、こ
の措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維
持または回復のために必要と認める行動をいつでもとる
この憲章に基づく権能及び責任に対しては、いかなる影
響を及ぼすものではない。
国連憲章第7章に基づく武力行使
第42条[軍事的措置]
安全保障理事会は、第41条に定める措置では
不充分であろうと認め、又は不充分なことが判明
したと認めるときは、国際の平和及び安全の維
持又は回復に必要な空軍、海軍または陸軍の
行動をとることができる。この行動は、国際連合
加盟国の空軍、海軍又は陸軍による示威、封鎖
その他の行動を含むことができる。
個別的自衛と集団的自衛
B
C
A
個別的自衛
Individual Defense
集団的自衛
Collective Defense
日米安全保障条約
第5条
各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、
いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安
全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規
定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動
することを宣言する。
前記の武力攻撃及びその結果として執ったすべての措
置は、国際連合憲章第五十一条の規定に従って直ちに
国際連合安全保障理事会に報告しなければならない。
その措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全を
回復し及び維持するために必要な措置を執ったときは、
終止しなければならない。
集団的自衛の発展型
E
D
A
C
B
F
北大西洋条約機構(NATO)
第5条
締約国は、ヨーロッパまたは北アメリカにおける1以上
の締約国に対する武力攻撃を全締約国に対する攻撃と
みなすことに同意する。・・・そのような武力攻撃が行わ
れたときは、各締約国が、国際連合憲章第51条の規定
によって認められている個別または集団的自衛権を行
使して、北大西洋地域の安全を回復しかつ維持するため
にその必要と認める行動(兵力の使用を含む)を、個別
的に及び他の締約国と共同して直ちにとることにより、そ
の攻撃を受けた締約国を援助することに同意する。
自衛権行使の要件




武力攻撃が存在すること(憲章)
安全保障理事会が国際の平和及び安全
の維持に必要な措置を取るまでの間に限
ること(憲章)
攻撃態様に対する比例性(proportionality)
の原則が守られること(一般国際法)
原状回復の目的を超えてはならないこと
(一般国際法)
自衛権発動の3要件(日本)
憲法第9条の下で認められる自衛権の発動としての武力の行使
について、政府は、従来から
(1)わが国に対する急迫不正の侵害があること
(2)この場合にこれを排除するために他の適当な手段がないこと
(3)必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと
という三要件に該当する場合に限られると解している。
―『防衛白書』(各年度版)
集団的自衛権(日本)
国際法上、国家は、集団的自衛権、すなわち、自国と
密接な関係にある外国に対する武力攻撃を、自国が直
接攻撃されていないにもかかわらず、実力をもって阻止
する権利を有するとされている。わが国は、主権国家で
ある以上、当然に集団的自衛権を有しているが、これを
行使して、わが国が直接攻撃されていないにもかかわら
ず他国に加えられた武力攻撃を実力で阻止することは、
憲法第9条の下で許容される実力の行使の範囲を超え
るものであり、許されないと考えている。
―『防衛白書』(各年度版)
集団的安全保障
E
A
D
F
C
B
国際安全保障システムの類型
脅威の性格
特定
特定
部
外
脅
威
の
所
在
包
括非
包
括
a1
b1
抑止・対抗型
(同盟)
a2
部
不
域外脅威対処型の同盟
b2
(COCOM型)
(MTCR型)
包
括
c1
d1
危機管理
内
非
包
括
c2
集団安全保障
d2
共通の安全保障
協調的安全保障
(出所)山本吉宣「協調的安全保障の可能性—基礎的な考察」
『国際問題』第425号(
1995年8月)4頁
冷戦期の2戦域(theater)
北大西
洋条約
機構
ワルシャワ
条約機構
欧州戦域
アジア戦域
(第1戦域)
(第2戦域)
米国との二国間
安全保障関係
冷戦期の2戦域(theater)
北大西
洋条約
機構
ワルシャワ
条約機構
欧州戦域
アジア戦域
(第1戦域)
(第2戦域)
米国との二国間
安全保障関係
共通の安全保障
協調的安全保障
“Double Track”構造の成立?
勢力均衡(抑止・対処)
同盟関係
多国間安全保障協力
基盤の提供
協調的安
全保障(信頼醸成・予防外交)
同盟と多国間安全保障の枠組み
強
制
型
国連・地域集団安全保障
レジーム?
高
双務化
中国
北朝鮮
日米同盟
米韓同盟等
(
枠
組
み
の
性
格
)
(
脅
威
の
烈
度
)
テロリズム
海賊
PSI
有志連合
国際組織犯罪
WMD拡散 友好協力条約
多国間共同演習
等
破綻国家
・
予
防
対
話
型
地域紛争
低
ARF
非対称的
(脅威の対称性)
対称的
包含的
(枠組みの性格)
限定的
同盟と多国間安全保障の枠組み
攻防均衡・双務化
⇒ 伝統脅威対処
対処
対
称
的
脅
威
日米同盟
枠組みの重層化
⇒ 多層的な安全保障
抑止
国連
非
対
称
的
脅
威
多国間枠組の整備
⇒ 新しい脅威対処
復興・安定化
予 防
PKO等
共同演習
PSI等
多国間安全保障
平 時
危 機
有 事
収 拾
紛争のスペクトラム
(※多国間安全保障には、国連枠組内・外の有志連合を含む)
ダウンロード

こちら