ポツダム宣言
① 軍国主義の除去
② 領土の限定
日本の
非軍事化
③ 軍隊の武装解除
④ 基本的人権の尊重
⑤ 民主主義の強化
民主化
が基本方針
大日本帝国憲法の特徴
①天皇主権
天皇は立法・司法・行政に渡る統治権を総攬する。
議会は天皇の協賛機関
内閣は補弼機関
裁判は「天皇の名において」 おこなう
天皇は陸海軍を指揮命令する権限を持つ
(統帥権)
②国民の権利…法律の範囲内での「臣民」の権利
日本国憲法の特徴
① 国民主権
主権が国民に存することを宣言(前文)
天皇
日本国及び国民統合の象徴
② 平和主義
戦争の放棄・戦力の不保持・交戦権の否認
③ 基本的人権の尊重
基本的人権は、侵すことのできない永久の権利
大日本帝国憲法と日本国憲法
大日本帝国憲法
主権
天皇主権
神聖不可侵、
天皇の
地位 統治権の総攬
天皇大権による
戦争・戦力 統帥権
兵役の義務
国民の
法律の範囲内での
権利 「臣民」としての権利
日本国憲法
国民主権
象徴天皇制
戦争放棄
戦力の不保持
交戦権の否認
永久不可侵の権利
ダウンロード

パワーポイント:55.0KB