マクロ経済学(山田)
IT講義法の説明
Ver.2014.9.20
IT(ICT)を利用します
テキストを利用します
チェックテストについて
パスワードについて
*
(C) Katsuhiro YAMADA
1
I T(ICT) を利用します
IT(最近はICT,Information Communication Technology)
利用するもの:
1.山田ゼミホーム・ページ ホーム・ページ(hyper link)
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~yamadaka/index-j.html
・担当科目掲示板(マクロ経済学)
講義シラバス図表(いつ何をするか?)
講義回ごとの掲示(いつ何をしたか・連絡事項)
講義内容報告サイト(報告すれば個人情報は除いて公開し,コメントと
ともに加点します)
質問サイト(試験問題以外の質問に答えます,次回の講義で回答かも)
課題提出サイト(加点の場合は提出物を公開します)
教材リンク(テキストパスワード必要)
・担当科目成績発表(公開を希望した人のみ,講義パスワード必要)
2.携帯サイト( iモードサイト)
*
http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~yamadaka/i
・出席確認サイト(実験的に利用します,特別なパスワード必要)
・携帯質問サイト(携帯パスワード必要)
2
I T(ICT) を利用します
IT(最近はICT,Information Communication Technology)
利用するもの:
3.授業アンケートサイト(講義の終わりに実施)
・授業評価アンケート・フォーム(アンケート期間を設定し条件付き加点)
・過去の授業評価アンケート(どんな意見があったか参考にして下さい)
4.大学の出席確認システムの利用
・学生証を忘れずに持参し,ICチップで登録します。
・出席は当然と考えますので,出席加点はありません。
5.講義音声の録音
・講義音声はICレコーダで録音していますが,公開はしません。
・各自ICレコーダを持参し録音して下さい。
注意:ICTの利用といえばパワーポイントのみを考えている人がいますが,決して
それのみではありません。それはほんの一部にすぎません。
*
3
テキストを利用します
テキスト:『ppt版 経済原論』,晃洋書房,2011年
1.テキストの構成
・説明部分
予習・復習時に読んで内容を理解して下さい。
・pptの主要な図
講義で今どこを説明しているかの見当をつけることが出来ます。
・分析ソフトyscp (CDの中にある yscp.exe をテキストパスワードで実行して下さい)
CAIマクロモデル,金利計算,平均・分散の計算
2.予習の義務
・講義シラバスをみて前日に講義箇所を読み,質問があればメモしておく。
・わかりにくい箇所は詳しく説明するように質問サイトから依頼可能です。
3.講義中
・パワーポイントをすべてノートに写すのは無理です。ノートはメモ程度にします。
・添付CD-ROMにない箇所は板書するか,メモをとる時間を与えています。
4.講義後
*
・理解した内容を講義後,自分で文章にしておきましょう。講義内容報告サイトから
4
アップロードしましょう!
チェックテストについて
・学期のうち最低1回以上の理解度チェックテストをします。
・実施日は事前にHPでお知らせします。
・試験方法はマークセンス法(数値記入式)です。
・HBの鉛筆(シャーペン可)を使用します。
・消しゴムはプラスティック消しゴムを使用します。
・ノート・テキスト類は持ち込み不可です。
・シンプルな計算機の使用を認めます。
・マークシート記入法は山田ゼミHPを参照して下さい。
・理解度チェックテストですから解説はしません。各自の解答を希望
者に公開しますので自分で正答と比べて下さい。
・チェックテストの点数は評価の対象とします。
・チェックテストを受験しなくても定期試験は受験可能です。
*
パスワードについて
パスワードは3種類あります!
1.講義パスワード:第1回目の講義時に教えます。
1回目を受講出来なかった人は学生証をもって
山田研究室(HP参照)に来てください。教えます。
なお,メールでは教えることは出来ません。
2.テキストパスワード:テキストの序ⅲページを参照。
3.携帯パスワード:使用時に教えます。
*
6
ダウンロード

マクロ経済学(山田)の受講方法