B-8B - 8
私の血圧が上がる原因は何だろう?
①
②
遺伝的要素
★
食べ方
がいろいろわかってきた
③
④
肥 満
運動不足
血液の量
塩分は水をよぶ。
その一つとして
脱水
⑤ 喫煙
梗塞のきっかけ
(アルコールも水をよぶ)
⑥ 交感神経
血管の太さ
腎臓の仕事
ホルモン
体の中の水分一定
塩分の排泄を
おさえる
不用なものを排泄
インスリンが
内皮
刺激
血管の質
多くなると
流れ
腎 臓
食べ過ぎる
1g は
に1分間4cc の血液が流れる
血管の壁も薄く、圧がかかりやす
からでる物質が
圧が高くならないように調節
・血管内皮を傷める
にくくする
LDLコレステロール
中性脂肪が増える
・脂肪
1日に約150㍑の血液が
インスリンが
多くなる!
高血圧は脳の細動脈に圧がかかりや
すく動脈瘤ができやすい
体脂肪増える
生活習慣修正による血圧低下の程度
2つで250g しかない腎臓で
減量
フィルター(細動脈)にかけられて
1%にあたる1.5㍑の尿が
つくられる
遺伝(+)
6g
尿素窒素 (血中 20mg)
(血中 2.5~6.4mg)
(mmHg)
9g が限界
クレアチニン(血中 0.8~1.3mg)
尿酸
血管には神経が働いていて細胞にいく
・インスリンを効き
硬さ
・糖質
過労、緊張、睡眠不足
脂肪細胞(内臓脂肪)
(尿酸)
沈着
くなっている
水・塩分
刺激
・とたんぱく質
(脳や肝臓は 1cc~1.5cc)
尿中には
⑦
アルコール
体内0.8%保たれている
塩1g―水125cc
糖尿病
脳の弱点
見
込
ま
れ
る
収
縮
期
血
圧
低
下
0
- 5
-10
-15
-20
-25
低脂肪乳製品、
野菜・果物の
減塩
多い食事
節酒
運動
・減量:体重 10kg の減少で概算
・低脂肪乳製品、野菜・果物の多い食事:
飽和脂肪酸とコレステロールが少なくカルシウ
ム、カリウム・マグネシウム・食物繊維が多い食
事
・減塩:食塩摂取量6g/日で概算
・節酒:男性 30ml/日、女性 15ml/日以下のアルコール
制限
・運動:少なくとも 30 分の早歩きをほとんど毎日施行
(参考資料)高血圧治療ガイドライン 2004(日本高血圧学会 )
教材№ B-8
【教材のねらい】
・高血圧に影響する因子(塩分摂取、肥満、運動不足、喫煙、アルコールなど)が血圧を
上げる仕組みについて知り、自分の生活習慣の中に該当する因子があるかどうか確認
する。また生活習慣改善により血圧低下の程度に関するデータから、生活習慣改善の有
効性を知る。
【資料の使い方】
・本人の生活習慣の中で関連する因子について併せて聞き取りを行い、改善可能な生活
習慣について一緒に確認していく。
ダウンロード

スライド 1