C 合成抗菌薬(サルファ剤、ピリドンカルボン酸系)
化学合成によって作られた感染症治療薬で、微生物が産生する
抗生物質を基本骨格としないものを、一般に合成抗菌薬という。こ
こでは、サルファ剤(スルフォンアミド剤)とピリドンカルボン酸系
(キノロン系とも呼ぶ)の合成抗菌薬などについて述べる。
◎サルファ剤
サルファ剤は図12−7に示す基本骨格を持つ、パラアミノ安息香
酸の構造類似体である。葉酸の生合成を競合阻害することにより、
静菌的に作用する。消化管から吸収されて組織移行も良い。動物
細胞は葉酸合成系が無いので作用を受けない。尿路感染や髄膜
炎菌感染、細菌性赤痢などに有用であったが、サルファ剤に対す
る耐性菌が増加したことと、他の優れた抗菌薬の開発などにより
現在ではその使用頻度は少ない。
スルファメトキサゾ−ル・トリメトプリム合剤
sulfamethoxazole・trimethoprim (ST; バクタ)
スルファジアジン・銀(ゲ−ベン)
◎使用上の注意
血液障害やショック、胃腸障害、尿路障害(結晶尿)などの副作用
に注意する。
アルブミンとの蛋白結合力が強いため、アルブミンと結合して他の
薬物を競合的に追い出して非結合型の割合を多くする。通常、非
結合型薬物濃度が薬理効果と関連しているので、結果的に他剤
の効果を増強してしまう。例として、ワルファリンやスルホニルウレ
ア系の血糖降下剤などがあり、併用には注意が必要である。
ビリルビンに対しても蛋白結合を競合し、高ビリルビン血症を引き
起こすので妊婦や新生児、未熟児には使用しない。
◎ピリドンカルボン酸(キノロン)系抗菌剤
ピリドンカルボン酸(キノロン)系抗菌剤の基本構造を図12−8に
示す。これらは細菌のDNA複製に必要な酵素(DNAジャイレ−
ス)を特異的に阻害することにより抗菌活性を示す。グラム陰性
菌に効果的であり、その代表的な薬剤であるナリジクス酸
nalidixic acid (ウイントマイロン)は尿路感染や腎盂炎などに用いられ
るが、耐性菌が出現しやすい点などから使用頻度は少ない。こ
れに対して、近年、図12−8に示す基本骨格のR2にF(フッ素)を
導入した種々の誘導体が開発された。これらは抗菌スペクトル
が拡大されており、副作用も比較的少ない優れた抗菌薬として
利用されている。作用機構は同じであるが、抗菌スペクトルがグ
ラム陽性菌や緑膿菌にも拡大されており、ニュ−キノロンと呼ば
れている。これに対して、それまでのものをオ−ルドキノロンと呼
ぶこともある。代表的な薬剤を表12−8に示す。
(オールド)
キノロンナリジクス酸
ウイントマイロンシノキサシン
シノバクト
♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢ニューキノロン
ノルフロキサシン NFLX
バクシダール
オフロキサシン
OFLX
タリビッド
エノキサシン
ENX
フルマーク
シプロフロキサシン CPFX
シプロキサン
ロメフロキサシン LFLX
ロメバクト
トスフロキサシン TFLX
オゼックス
レボフロキサシン LVFX
クラビット
フレロキサシン
FLRX
メガロシン
スパルフロキサシン SPFX
スパラ
ニュ−キノロン剤は抗菌スペクトルが広く、消化管吸収
されて組織移行も良いので、呼吸器感染や尿路感染、
腸管感染、胆道感染、性器感染などの各種感染症に
利用される。主な副作用は、消化器症状と過敏症であ
るが、光線過敏症や中枢神経症状、関節症状も知られ
ている。また、金属イオンと不溶性のキレ−ト化合物を
生成するため、AlやMgイオンなどを含む制酸剤などと
の併用により吸収が阻害されることが知られている。薬
物相互作用では、テオフィリンの血中濃度を上昇させる
ことが報告され、また、非ステロイド性抗炎症薬との併
用でけいれんが誘発される場合がある。
D 抗結核薬
結核菌はらい菌とともに抗酸性菌の一種であり、その生
育は緩慢であるものの徐々に肺などの組織を不可逆的
に侵して、発見と治療が遅れると致死的な感染症となりう
る。衛生環境と栄養状態の向上により国内での罹患率
は減少したが、それでもなお、高齢者や免疫・感染防御
機構の衰えた者(免疫抑制薬・副腎皮質ステロイド服用
者、HIV感染者など)は結核菌に侵されやすい。以下に
示す抗結核薬は単独使用では耐性菌が発生しやすいの
で、原則として抗菌薬に対する感受性試験を行い、有効
な3剤以上の併用を行なう。最も良く行なわれる併用薬
の組合せの基本は、イソニアジド+リファンピリン、
+ピラジナミドやエタンブト−ル
☆イソニアジド isoniazid (イスコチン;INH):
結核菌体内に浸透し、細胞壁の重要成分である
ミコ−ル酸の生合成を阻害することなどにより強い
抗菌力を発揮するので、抗結核治療における代
表的な薬剤である。しかし、単独使用では耐性菌
が速やかに発生するので、他の抗結核薬と併用
する(予防目的の場合にかぎり、単独使用される
こともある)。副作用は過敏症以外に、末梢神経
炎や肝障害が起こることがある。神経炎はビタミ
ンB6の不足により発生するので、ピリドキシン(ビ
タミンB6)を服用させると良い。
☆リファンピシン rifampicin (リファジン、リマクタン;RFP):
マクロライド系抗生物質の一つであり、細菌のDNA依存性RNA
ポリメラ−ゼを阻害し抗菌力を発揮するが、結核菌やグラム陽性
菌・陰性菌に効果がある。イソニアジドとストレプトマイシンの活
性を増強させる効果もあり、結核の治療においてイソニアジドとと
もに重要な薬剤である。単独使用で耐性菌が速やかに発生する
ので、併用にて使用される。副作用の発生頻度は低いが、過敏
症や黄疸、肝障害に注意する。また、肝臓の薬物代謝酵素を強く
誘導して、ジギトキシンやスルホニルウレア製剤(経口血糖降下
剤)、フェニトイン、ワ−ファリンなど種々の薬物の効果を減弱させ
るので注意が必要である。リファンピシンは胆汁から排泄され腸
管循環があり、また体液への移行も良いので、唾液や涙、汗、尿、
糞便が橙赤色に着色するが、そのことによる心配はない。
☆エタンブト−ル ethambutol (エブト-ル; EB):
作用機序は核酸合成の阻害による細胞分裂の
抑制によると考えられている。結核菌以外の細菌
には抗菌活性がないが、イソニアジドやストレプト
マイシン耐性結核菌にも有効である。腎排泄型な
ので、腎機能障害者には容量の調節を行なう。副
作用は少ないが、過敏症の他に視力障害(赤緑
色識別困難と視力の減退)が現われることがある
ので、定期的な検査が必要である。
☆ピラジナミド pyrazinamide (ピラマイド):
抗結核菌作用を有するが、単独使用では耐性菌が急速
に発生するので、イソニアジドなどと併用する。副作用と
して、肝障害が起こりやすいので、肝機能検査を定期的
に行なう。
☆ストレプトマイシン streptomycin (SM):
アミノグリコシド系抗生物質で、結核菌に対する抗菌作
用があるが、耐性菌の問題とアミノグリコシド系抗生物
質に特有の副作用(アミノグリコシド系抗生物質の項を
参照すること)に留意する。他の抗結核菌剤と併用され
るが、本剤は注射で使用する。
☆その他の抗結核薬
パラアミノサリチル酸カルシウム calcium paraaminosalicylate (ニッパスカルシウム、パスカルシウム;PASCa)、カナマイシン kanamycin (KM)、カプレオマイ
シン capreomycin (CPRM)などがあり、
結核菌が先に述べた薬剤に耐性であったり、患
者のアレルギ−歴などにより使用できない場合に
併用薬の中に追加される事がある。
◎使用上の注意
結核の治療には、感染菌に有効な(感受性のあ
る)複数の抗結核剤を併用する。結核菌を根絶
させるためには、長期間の継続的な服薬が必要
である。体調の改善などの治療効果は投薬後、
数週間目から現われるが、その後も継続して服
薬させる必要がある。投薬開始後、6ケ月を過ぎ
ても菌体が検出されるようならば、耐性菌の出
現を疑う必要がある。 長期間の服薬が行なわ
れるので、各薬剤とも服薬期間中の副作用の出
現に留意する。
E−2 らい(ハンセン病)治療薬 leprosy
(Hansen’s Disease)
F 抗スピロヘ−タ薬
G 抗真菌薬:
ポリエン系抗生物質
アムホテリシンB(商品名:ファンギゾン)、ナイスタチン(商
品名:ナイスタチン)、フルシトシン(5-FC)、フルシトシン(商
品名:アンコチル)
イミダゾール系
ミコナゾール(商品名:フロリードF)、トリアゾール系、フルコ
ナゾール(商品名:ジフルカン)、イトラコナゾール(商品名:
イトリゾール)
アリルアミン系
塩酸テルビナフィン(商品名:ラミシール)
キャンディン系
ミカファンギンナトリウム(商品名:ファンガード)
H 抗ウイルス薬
I 抗原虫薬:メトロニダゾール(フラジール®)
☆抗マラリア薬
☆抗アメ−バ薬
☆抗ニュ−モシスチス・カリニ肺炎薬
☆抗トリコモナス薬:
☆抗トキソプラズマ薬:
☆抗トリパノゾ−マ薬:
J 駆虫薬
☆線虫類に作用するおもな駆虫薬
☆扁形動物類に作用する主な駆虫薬
ダウンロード

その6