食事のマナー(中国料理編)
・中国料理の特徴
・中国料理の献立
・中国料理の
食卓構成と作法
終了
中国料理の特徴
1 材料の使い方が巧みでむだがない。
2 乾燥物など食品の加工法、貯蔵法が発達
している。
3 特殊な調味料、香辛料の種類が多い。
4 でんぷんを効果的に利用する。
5 油を合理的に使い、油っこさを感じさせ
ない。
6 高温で短時間に処理するため、栄養素の
損失が少なく、油のうま味を加える。
7 調理器具、食器は、比較的少ない。
中国料理の主な特殊材料
燕窩(イエンウオ)
海つばめの巣
海蜇皮(ハイツオーピー)
魚翅(ユイチー)
海参(ハイシェン)
干しなまこ
ふかのひれ
干貝(カンペイ)
蝦米(シアミー)
中国の三大珍味
くらげの塩漬け
皮蛋(ピータン)
あひるの卵の石灰漬け
干し貝柱
木耳(ムーアル)
きくらげ
干しえび
干鮑(カンパオ)
干しあわび
(出典:IPA「教育画像用素材集サイト」http//www2.edu.ipa.go.jp/gz/)
〔四川料理〕
〔北京料理〕
山岳地帯のため、
寒冷な気候のため、
食品の加工法、貯 4大中国料理 油を用いる濃厚な
蔵法が発達。
料理が発達。
乾物や香辛料を用
鴨の丸焼き(北京
いた刺激の強い辛
ダック)、鶏肉の
華北系
味料理。
味噌炒めなどが代
漬け物料理も発達。
北京
表的。
〔広東料理〕
中華料理というと
広東料理を指す事
が多い。
海産物を豊富に使
い、ケチャップな
ど西洋調味料を取
り入れた薄味料理
が多い。
四川系
華中系
上海
重慶
台湾
華南系
〔上海料理〕
温暖な気候のため、
味はやや淡白。
しょうゆ、砂糖、
酸味を利かせた甘
辛料理が多い。
上海ガニも有名。
中国料理の献立
献立の分類
前 菜
大 菜
(主要
料理)
調理法の分類
拌菜(あえ物、酢の物)
炒菜(炒め物)炸菜(揚げ物)
煨菜(煮込み物)蒸菜(蒸し物)
菜
溜菜(あんかけ)烤菜(直火焼き)
湯菜(汁物)鍋菜(なべ物)
醃菜(漬け物)
点 鹹点心(軽い食事代わりになる塩味のもの)
心 甜点心(菓子類)
中国料理の席次
33
1
1
2
2
55
44
7
7
8
8
66
ドアから遠い席
が上座。近いほ
ど下座になる。
中華料理のレス
トランなどでは
主賓が席に着く
まで出入り口近
くで待つ。
料理は上座の人
から取り分ける。
中国料理の食卓の整え方
小皿
杯
ちりれんげ
小鉢
取り皿
円卓での正しいマナー




円卓はゆっくり時計回りに回す。
※誰かが料理を取っていないか確かめる。
主賓、または目上の人から取り分ける。
※量を考えながら取り分ける。
※取り分けた料理は残さない。
全員が取り分けたら最初の一口は全員一緒
に食べ始める。
取り分けるときも食べるときも取り皿は一
切手に持たない。
中国茶





油を使った中国料理には、脂肪を分解する
中国茶は欠かせない。
発酵の度合いにより(青茶・黒茶・緑茶・
紅茶・白茶・黄茶)に分類される。
食事の時には、青茶(半発酵茶)である
「烏龍茶」が飲まれる。
食後には、花茶(緑茶などの茶葉に花自体
を混ぜたもの)である「ジャスミン茶」が
飲まれる。
湯飲み茶碗に直接茶葉が入っている場合に
は、右手で蓋を向こう側へずらし、押さえ
たまま飲む。
ダウンロード

食事のマナー(中国料理編)