感覚刺激から大脳への神経伝
達の計測
T20ES06 黒瀬紘一、T20ES18 渡部 栄浩
指導教員 吉田清範
研究目的
脳は生物にとって、重要な役割を果た
している。その重要な脳はどのような
仕組みで出来ているのかを知りたいと
思い、この研究テーマにした。
研究方法
実験場所はシールド
ルームで行い、脳波
計(EEG-1000)を使用
する。確認したい脳
波の電極を頭部に接
着させ、計測する。
(右図1)
結果
まず感覚刺激として、指を抓る、目
にライトをあてるなどの反応を計測し
てみたが、全く反応しなかった。しか
し、足踏み(図2)や瞬きなどの動作で
は反応が出ていたので、計測方法とし
ては間違いない事がわかる。
足踏み時の反応(図2)
そこで今回は、指に刺激(たたく)を与える実
験の計測をした。(図3)
考察
刺激などを与えると脳波に反応が出るこ
とが今回の実験でわかった。
図2と図3の二つの図を見比べてみると、
反応が出ている箇所が違うことがわか
る。これは脳のなかにも、いろいろな
感覚によって反応する場所が違うこと
が考えられる。
今後の予定
脳波計の基本的な計測の方法が理
解できたので、これからはさらに
具体的な刺激の与え方を考え、よ
り詳しく、わかりやすい脳波を計
測していく。
ダウンロード

感覚刺激から大脳への神経伝達の計測